Create issue ticket

考えれる61県の原因 脱臼した頸椎骨折

  • 骨折

    大腿骨頸部骨折 脊椎圧迫骨折 上腕骨外科骨折 橈骨遠位端骨折 頭部の骨折 頭蓋骨骨折 顔面骨折 眼窩骨折 頬骨骨折 下顎骨骨折 胸郭の骨折 肋骨骨折 胸骨骨折 脊椎の骨折 脱臼骨折 圧迫骨折(胸椎および腰椎) 粉砕または破裂骨折(胸椎および腰椎、チャンス骨折) 骨盤の骨折 骨盤輪骨折 寛骨臼骨折 肩の骨折 鎖骨骨折 上腕骨頚部骨折 上腕[ja.wikipedia.org]

  • むち打ち症

    正常なの側面像は前方が膨らんだなめらかな湾曲を示して いますが、捻挫や、骨折脱臼を伴わないむち打ち損傷では は正常な湾曲を失い、直線化したり後方へ「く」の字型に 突出したりする所見を示すことが多いです。[fukuma-office.com] 【むち打ち症5】頚髄症 骨折脱臼によって、脊髄そのものが損傷している状態です。膀胱障害や、手足に症状が現れることがあります。主な症状は上肢のしびれや歩行障害、直腸障害などです。 【むち打ち症6】脳脊髄液減少症(低脊髄圧症候群) これまで紹介してきた【むち打ち症1〜5】に該当しない人は、「脳脊髄液減少症」である疑いがあります。[claralife.jp]

  • 三角線維軟骨複合障害

    交通事故 行政書士 1 部 環骨折、環軸関節脱臼、軸骨折(歯突起骨折、hangman骨折)、の過屈曲・過伸展による骨折の屈曲・回旋による骨折髄損傷 2 上肢外傷 鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼、肩関節脱臼、肩甲骨骨折、肩腱板損傷、上腕骨の外傷(上腕骨骨折・骨頭下骨折、上腕骨骨幹部骨折、上腕骨顆上骨折、内顆骨折・外顆骨折)、肘関節[kuroda-gyousei.jp]

  • 膝関節捻挫

    ・胸椎・腰椎) と脊髄の障害 脊髄損傷、中心性髄損傷 腰椎椎間板ヘルニア 頚椎脱臼骨折 頚椎・胸椎・腰椎骨折 頚椎捻挫・腰椎捻挫 脊柱の障害 上肢 (肩・腕・肘・手首・手指) の障害 中手骨骨折 TFCC損傷 橈骨・尺骨骨折 肩腱板損傷・断裂 上腕骨骨折 肩挫傷 手指骨折 鎖骨・胸骨・肋骨・骨盤骨・臓器の障害 骨盤骨骨折(腸骨、恥骨、坐骨[nhlaw.jp] 種類別解決事例 Kind of Symptoms 脳の障害 外傷性硬膜下血腫 脳挫傷 高次脳機能障害 頭部外傷 びまん性軸索損傷 外傷性くも膜下出血 顔 (醜状・眼・耳・鼻・口) の障害 顔面線状痕・瘢痕・挫創 頬骨骨折 眼(視力、調整・運動機能、視野)の障害 歯冠破折 味覚脱失 嗅覚脱失 難聴・耳鳴 頚椎捻挫 (ムチウチ) ・腰椎捻挫 脊柱 ([nhlaw.jp]

  • 棘突起骨折

    棘突起のみの骨折は少ないと言いましたが、棘突起骨折は椎骨の脱臼骨折とともに見られることが多く、これはほとんどの場合で脊髄損傷を招くため非常に危険です。椎骨を脱臼骨折した場合はガードナー装置を用いをけん引して整復手術を行います。しかし、損傷した脊髄は修復不可能であるため、スポーツ選手としての復帰は難しいと言わざるを得ません。[hishokai.or.jp]

  • 血管運動の不安定性

    症,片麻痺の肩関節痛,投球障害肩,テニス肘,肘関節脱臼,橈骨遠位端骨折,腰痛,片麻痺,変形性股関節症,ハムストリングスの肉ばなれ,膝蓋大腿関節症,変形性膝関節症,アキレス腱損傷,シンスプリントと多種類の疾患についてのポイントを供覧しながら,解剖学のポイントの記載がされている。[igaku-shoin.co.jp]

  • 頸性脊椎炎

    (第1/第2がずれる) 脊椎外傷(脱臼骨折) 圧迫骨折(脊椎がつぶれる) 破裂骨折(つぶれてはじけた骨片が脊髄を圧迫する) 脊椎腫瘍(脊椎に腫瘍ができる、癌の転移が多い) 脊髄腫瘍(脊椎に腫髄や神経根に腫瘍ができる) 感染性脊椎炎(化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎)(脊椎に菌が入り骨・椎間板を壊す) 骨粗鬆症性圧迫骨折(脊椎が弱くなりつぶれる・[sanraku.or.jp] にずれる) 側方すべり(横にずれる) 脊椎不安定症(ぐらぐらになる) 側弯症(背中や腰が横に曲がる) 後弯症(背中や腰が前に曲がる、腰まがり) 頸髄症・神経根症(頸髄が圧迫され下肢、上肢の症状が出る、痙性歩行障害) 後縱靱帯骨化症(後縦靱帯骨化のため脊髄が前から圧迫される) 黄色靱帯骨化症(黄色靱帯骨化のため脊髄が後ろから圧迫される) 環軸脱臼[sanraku.or.jp]

  • 変形治癒骨折

    脊椎脊髄疾患 椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、症、脊椎脊髄症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、外傷(骨折脱臼・脊髄損傷)、側彎症など脊椎脊髄専門医による外来や検査、手術を行っています。多くの開業医から紹介をいただいており、患者さんに満足いただける医療を提供すべく、診療スタッフ一同取り組んでおります。[shimizuhospital.com]

  • 非退行性先天性血管腫

    (C1-2)・・・勝俣康史 (1)環破裂骨折 (2)環軸脱臼 (3)軸歯突起骨折 (4)軸椎関節突起間骨折 B.下位椎損傷(C3-7)・・・勝俣康史 (1)下位頸椎損傷の分類と概念 (2)過屈曲損傷 (3)過伸展損傷 (4)破裂骨折 C.胸椎・腰椎損傷・・・勝俣康史 (1)胸椎・腰椎損傷の分類と概念 (2)圧迫骨折 (3)破裂骨折[m-book.co.jp] 部位により骨折、胸腰椎骨折に分類。 「骨折」は頭部を介する介達外力による場合が多い。第4,5,6椎体に多く、脱臼骨折になりやすい。一般に頭蓋牽引により安静固定を図るが、脊髄損傷があり、麻痺高位が上向するものや、不全麻痺の場合は脊髄造影を行って圧迫部位を明らかとし、前方あるいは後方よりの除圧手術を行う。[jscf.org]  章 6.Guillain-Barré症候群・・・柳下 章 7.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー・・・柳下 章 8.遺伝性運動感覚性ニューロパチー・・・柳下 章 9.神経リンパ腫症・・・柳下 章 10.傍腫瘍性感覚性ニューロパチー・・・柳下 章 第13章 外傷性疾患 1.脊椎脊髄損傷における画像診断・・・勝俣康史 2.脊椎損傷 A.上位損傷[m-book.co.jp]

  • 骨盤骨折

    この交通事故でHさんは股関節脱臼骨折(骨盤骨折)、捻挫などの傷害を負いました。 Hさんの骨盤骨折は手術により整復されたものの、坐骨神経麻痺による下垂足の症状(右下肢全体のしびれ、足首に力が入らず固定装具がないと歩けない)が残存しました。[mimaya-lo.com]

さらなる症状