Create issue ticket

考えれる29県の原因 脊髄麻痺性灰白髄炎

  • 尺骨神経絞扼

    (急性) 病態 ポリオウイルスにより脊髄前角細胞が侵されて生じる小児麻痺 (一般 ) 脊髄小児麻痺(急性) 主な症状、特徴 脊髄中心管の拡大;20 30代の下部頚髄、上部胸髄に多い 解離知覚麻痺( 温・痛覚は消失するが、深部覚、二点識別覚は残存) 梅毒(スピロヘータ)による脊髄後根・後索の変性病病変; 腱反射・瞳孔反射[studyblue.com] 同時に収縮してしまい、筋の収縮があっても関節運動が起こらい現象 胎生期 生後4週間以内までに生じた脳の非進行性障害であり、永続麻痺を残す;出産時の仮死分娩が多い 錐体路系障害を主体とし、てんかんや知覚障害をともなうこともある;知能障害は運動障害の程度に比例 大脳基底核の障害による;知能の低下はなく、不随意無制御運動を特徴とする (一般 ) 脊髄小児麻痺[studyblue.com]

  • 神経循環無力症

    1.0g(本品20 50mL)を2%(0.36mEq/mL)液 静注 速度:本品20mLあたり5 10分間 禁: 強心配糖体の投与、高カルシウム血症、腎結石、重篤な腎不全 《その他》 アデホスLコーワ注3号20mg/2mL(アデノシン三リン酸) 下記疾患に伴う諸症状の改善:頭部外傷後遺症、心不全、筋ジストロフィー症及びその類縁疾患、急性[marutakai.or.jp] 、脳性小児麻痺(弛緩型)、進行脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患、調節性眼精疲労における調節機能の安定化、耳鳴・難聴、消化管機能低下のみられる慢性胃炎、慢性肝疾患における肝機能の改善 量 投与経路 備考 1回5 40mg1日1 2回 静注 (点滴1回40 80mg1日1回、30 60分かけて点滴静脈) 禁: 脳出血直後の患者(脳血管拡張により[marutakai.or.jp]

  • 脊髄硬膜炎

    脳脊髄の感染を伴う炎症 アメーバ性脳膿瘍、急性灰白髄炎(ポリオ)、ムンプス脳炎、狂犬病、水痘脳炎など アメーバ性脳膿瘍 アメーバ性脳膿瘍 リステリア性髄膜炎および髄膜脳炎 リステリア性髄膜炎 リステリア性髄膜脳炎 リステリア性脊髄 リステリア脳炎 リステリア脊髄 急性 ポリオ 脊髄小児麻痺[scuel.me] 急性非麻痺性 ポリオ ポリオウイルス感染症 ポリオウイルス髄膜炎 狂犬病 森林狂犬病 都市狂犬病 狂犬病 その他の蚊媒介ウイルス(性)脳炎 蚊媒介ウイルス(性)脳炎,詳細不明 その他の明示されたウイルス(性)脳炎 HTLV I関連脊髄症 嗜眠性脳炎 中枢神経系のその他のウイルス感染症,他に分類されないもの ボストン発疹 流行性めまい[scuel.me]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    (下巻) ISBN 4-903331-26-1 関連項目 [ 編集 ] 小児麻痺 圧迫脊髄麻痺 ( ポット麻痺 、 ポット三徴候 ) 進行麻痺 急性 (ポリオ)[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜転移

    ①リンパ球増加:高度の増加をきたすものとしては、結核性髄膜炎、真菌性髄膜があり、中等度以下の増加を示すものとしてはウイルス脳炎・・脳脊髄炎、進行麻痺、脊髄癆、脳脊髄梅毒、多発性硬化症、急性脊髄炎、出血後の反応性細胞増加などがあります。 ②多形核白血球増加:急性または亜急性の疾患に、リンパ球増加を伴って見られます。[falco.co.jp]

  • 脊髄麻痺性灰白髄炎

    脳脊髄の感染を伴う炎症 アメーバ性脳膿瘍、急性灰白髄炎(ポリオ)、ムンプス脳炎、狂犬病、水痘脳炎など アメーバ性脳膿瘍 アメーバ性脳膿瘍 リステリア性髄膜炎および髄膜脳炎 リステリア性髄膜炎 リステリア性髄膜脳炎 リステリア性脊髄 リステリア脳炎 リステリア脊髄 急性 ポリオ 脊髄小児麻痺[scuel.me] ) 塩酸( D02057 ) 下記疾患に伴う諸症状の改善 頭部外傷後遺症 心不全 筋ジストロフィー症及びその類縁疾患 急性 脳性小児麻痺(弛緩型) 進行脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患 調節性眼精疲労における調節機能の安定化 耳鳴・難聴 消化管機能低下のみられる慢性胃炎 慢性肝疾患における肝機能の改善 トリノシン (トーアエイヨー[kegg.jp] ポリオとは以前は脊髄小児麻痺とか、急性と呼ばれた、大人よりも乳幼児が罹りやすい病気です。 ポリオウイルスはまず口から体内に感染し、腸の中でウイルスが増えます。 ただ、ポリオウイルスに感染しても殆どの方は病気の症状が現れずに、知らない間に免疫を獲得します。[koizumi-shigeta.or.jp]

  • 不全麻痺

    (下巻) ISBN 4-903331-26-1 関連項目 [ 編集 ] 小児麻痺 圧迫脊髄麻痺 ( ポット麻痺 、 ポット三徴候 ) 進行麻痺 急性 (ポリオ)[ja.wikipedia.org]

  • 片側不全麻痺

    (下巻) ISBN 4-903331-26-1 関連項目 [ 編集 ] 小児麻痺 圧迫脊髄麻痺 ( ポット麻痺 、 ポット三徴候 ) 進行麻痺 急性 (ポリオ)[ja.wikipedia.org]

  • 気管支痙攣

    1.0g(本品20 50mL)を2%(0.36mEq/mL)液 静注 速度:本品20mLあたり5 10分間 禁: 強心配糖体の投与、高カルシウム血症、腎結石、重篤な腎不全 《その他》 アデホスLコーワ注3号20mg/2mL(アデノシン三リン酸) 下記疾患に伴う諸症状の改善:頭部外傷後遺症、心不全、筋ジストロフィー症及びその類縁疾患、急性[marutakai.or.jp] 、脳性小児麻痺(弛緩型)、進行脊髄性筋萎縮症及びその類似疾患、調節性眼精疲労における調節機能の安定化、耳鳴・難聴、消化管機能低下のみられる慢性胃炎、慢性肝疾患における肝機能の改善 量 投与経路 備考 1回5 40mg1日1 2回 静注 (点滴1回40 80mg1日1回、30 60分かけて点滴静脈) 禁: 脳出血直後の患者(脳血管拡張により[marutakai.or.jp]

  • 乏血性ショック

    急性(ポリオ) 脊髄癆 ヘルペス脳炎 日本脳炎 解答・解説を見る 解答: 2 鶏歩を示すのはどれか。 腓骨神経麻痺 進行筋ジストロフィー症 片麻痺 パーキンソン病 解答・解説を見る 解答: 1 前の問題へ戻る 次の問題へ進む[jihou-kai.com]

さらなる症状