Create issue ticket

考えれる2,778県の原因 脊髄精神的外傷, 高血圧症

  • 尿閉
  • 本態性高血圧症

    概要 本態性血圧とは、血圧のうち、血圧が高くなるはっきりとした原因が特定できない場合に診断がなされます。[medicalnote.jp] 血圧とは症候診断名であり、その原因あるいは基礎疾患に関しては多種多様である。そのうち、他の二次性血圧が否定された場合の原因不明の血圧が本態性血圧とされる。血圧では、頭痛、めまい、ふらつきなどの症状があればその改善を目指すことも治療目的の1つであるが、血圧の持続による臓器障害を予防することが大きな治療目的である。[med.toaeiyo.co.jp] 血圧の診断と二次性血圧の除外のための検査方針例: 下記の鑑別疾患を除外し、診断に至る。[clinicalsup.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 勃起不全

    その他神経疾患(脊髄損傷等)や骨盤内の手術後や外傷による勃起障害も含まれます。 心因性ED 精神なストレスにより勃起障害になるケースはよくあります。 日常でのストレスや夫婦間のトラブル等、原因はさまざまですが、最近は子どもをつくる目的で行う排卵日の性交がストレスになるケースも増加しています。[fukumoto-clinic.jp] また、60歳以上では約半数の方が悩んでおり、血圧、糖尿病、前立腺肥大症にかかっている場合は、約40%近くの方にEDが合併しています。 また、20代、30代の方でもストレスなどが原因となる心因性EDになる方が増加しています。 治療は、近年、PDE5阻害薬という内服薬が格段の進歩をとげED患者さんの約80%に有効であるとされています。[togoshi-clinic.com] また、60歳以上では約半数の方が悩んでおり、血圧、糖尿病、前立腺肥大症にかかっている場合は、約40%近くの方にEDが合併しています。また、20代、30代の方でもストレスなどによる心因性のEDがあります。 バイアグラを処方する際は安全に内服して頂くために検査を受けていただきます。[iguchi-hinyoki.com]

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドローム(英: Metabolic syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に血糖・血圧・脂質異常のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言われる。[ja.wikipedia.org] 1981年、Rudermanらは代謝的に肥満だが正常体重(MONW)の人々が存在し、高インスリン血症と脂肪細胞の肥大化が特徴であることを指摘し、1988年、Reavenはインスリン抵抗性とインスリン血中性脂肪血、低HDL血血圧が集積して糖尿病と心血管疾患に至るとするsyndrome Xという概念を提唱した。[ja.wikipedia.org] 翌年、Kapranは腹部肥満、糖尿病、血圧中性脂肪血の集積を「死の四重奏」として提唱し、1991年、DeFronzoとFerranniniはsyndrome Xと同様な概念をインスリン抵抗性症候群と命名した。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 高尿酸血症

    血清尿酸値の高い方は、メタボリックシンドローム(肥満、脂質異常、耐糖能異常、血圧など)の頻度が高くなります。メタボリックシンドロームは、動脈硬化疾患の発症に関与しているので、注意が必要です。[byouin.metro.tokyo.jp] 腎臓病、血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群との合併も多いので、検診などの結果、血液の尿酸値が7ミリグラム以上の人は適切な治療を受けることをお勧めいたします。[tendo-city-hospital.jp] ③ その他 尿酸血は糖尿病、脂質異常血圧などの合併症がみられることが多く、それらの生活習慣病は放置すると血管の動脈硬化を促進させます。動脈硬化の進行は脳血管障害、心血管障害を引き起こす原因となります。[hcc.keio.ac.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 病的肥満

    脂質異常治療薬の服用を中止した患者は、それぞれ47%、60%(p 0.15)、血圧治療薬の服用を中止した患者は、それぞれ29%、51%(p 0.02)だった。 QOL(p 0.85)や治療関連死亡率も、両群間で統計的有意差はなかった。[carenet.com] しかしながら、6か月以上の内科治療によっても十分な効果が得られないBMI(体重kg 身長m 身長m)35以上の患者さんで、糖尿病・血圧・脂質異常症などの合併症がある場合、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の適応となります。[hiroshima-u.ac.jp] 糖尿病 血圧 脂血・高コレステロール血症 心臓発作・心不全 脳卒中 睡眠時無呼吸症候群 脂肪肝、胆石、胆嚢炎 胸焼け、胃食道逆流症(GERD) ぜんそく 背中、腰、膝、足首等の体重を支える関節の痛み 脚の血栓(肺へ流れて突然死を引き起こす場合もあります) 妊娠合併症(糖尿病、血圧、子癇前等) 月経不順、不妊症 膀胱障害 一部のがんの[bumrungrad.com]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 肥満

    これらのことにより血圧を招く。肥満患者において血圧が多いのはこのためである。また、肥満細胞の肥大化( 肥満)によるインスリン抵抗性の発現はインスリン血症をきたす。[ja.wikipedia.org] 抄録 肥満・脂肪蓄積が糖尿病,脂血,血圧といった動脈硬化につながる疾患群の基盤病態であることが明らかとなり,診断・治療の両面より,肥満状態の評価・対応が重要となる.近年の研究により,これまで単なるエネルギーの貯蔵倉庫と考えられてきた脂肪組織が実はさまざまな生理活性分泌因子群(アディポサイトカイン)を内分泌し,生体の代謝・動脈壁の恒常性[doi.org] レプチンの病態生理的意義が注目されている.筆者らは,重症肥満者と同程度に血中濃度が上昇するレプチン過剰発現トランスジェニックマウスでは,交感神経活動亢進による血圧上昇が認められることを明らかにしている.又,レプチンは血管内皮細胞に作用して血管新生を促進し,マクロファージ機能調節に関与すると報告されている.以上より,レプチンは肥満に合併する血圧[doi.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 高血圧症

    どのように血圧と診断するのか? 血圧の診断は血圧測定から始まります。さらに、血圧の診断には正しい血圧測定以外に少なくとも以下のような検査が必要です。[miyauchi-cl.jp] (1)血圧とは 収縮期血圧160mmHg以上、拡張期血圧 95mmHg以上の両者またはいずれかを 満たすものをいいます(日を替えて2回以上測定した血圧の平均値で求める) (2)血圧がおこる理由 血圧の90%は 本態性血圧 と言い原因不明ですが遺伝的な因子も関与す るようです。[kobe-med.or.jp] 睡眠時無呼吸症候群 でも血圧を合併します。 血圧の診断基準によると、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上の場合を血圧と診断します。[e-healthnet.mhlw.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 慢性アルコール依存症

    身体的症状 消化器系症状 慢性胃炎,胃潰瘍(腹痛,食欲不振,吐気,嘔吐,吐血) 大腸障害(下痢) アルコール性肝炎すなわち脂肪肝(肝肥大,右上腹部痛,全身倦怠感) 肝硬変(黄疸,腹水) 膵臓炎,騨石(腹痛) 糖尿病 循環器系(心臓,血管系)症状 血管拡張(酒焼け,赤ら顔くも状血管腫) 動脈硬化血圧,循環障害 アルコール性心筋症(心肥大[synapse.ne.jp] 生活習慣病には、がん、心臓病、脳卒中をはじめ、糖尿病、血圧、脂質異常脂血)、メタボリックシンドロームなども含まれます。 特に、メタボリックシンドロームに関連する血圧、脂質異常脂血症)、高血糖には過度の飲酒が関連していることが多いといわれています。[alcoholic-navi.jp] 飲酒の健康リスク 生活習慣病のリスクを高める飲酒量 アルコール依存症について 未成年の飲酒について 妊婦の飲酒について 週2日の休肝日を設けましょう 飲酒の健康リスク 1日の平均飲酒量とともに、がん、血圧、脳出血、脂質異常のリスクは直線的に上昇します。[kenko.pref.yamaguchi.lg.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状