Create issue ticket

考えれる46県の原因 脊髄精神的外傷, 頭部外傷

  • 外傷性脳損傷

    軽度のものは軽度外傷性脳損傷(MTBI)と区別することもある。頭部がダメージを受ける機構については、 頭部外傷 の項を参照のこと。 脳の一部が局所的にダメージを受ける 脳挫傷 とは異なり、脳の 軸索 が広範囲に損傷を受けるもの。[ja.wikipedia.org] その為、医師によって「軽度外傷性脳損傷、軽症外傷性脳損傷、軽症頭部外傷」など様々な呼ばれ方がされています。 海外では一般的に「脳震盪・脳震盪後症候群」等も含めてMTBIという疾病とされており、当会もその意に従うと言うこともあり「軽度外傷性脳損傷仲間の会」から「MTBI仲間の会」と名称変更することに致しました。[mtbi-soc.jp] 開放性頭部損傷は弾丸や何か突き刺さった物体によって引き起こされます。閉鎖性頭部外傷はどちらかと言えばより一般的です。通常それは頭部の急激な動きの間に、脳が頭蓋骨の内側に跳ね返りながら、前後に急に動かされることによって引き起こされます。閉鎖性頭部損傷はしばしば衝突事故や転落事故の結果、発生します。[e-net.or.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 失神

    このような神経学的異常や頭部外傷を認める場合は頭部CTも施行する価値はあるがルーチンとしては特に必要ではない。失神後痺れを訴える患者などでは非常に悩ましい。近年、脳ドック普及などによって微小梗塞が数多く指摘されるようになり、それに伴い痺れを脳梗塞の前駆症状ととらえる人もいる。[ja.wikipedia.org] 表2.失神発症時の状況による分類 失神の病型 発症時の体位 外傷 顔面蒼白 備考 くず折れ型 立位 なし あり 転倒型 立位 あり あり 頭部顔面外傷の原因 座位型 座位 なし あり 高齢者に多い 交通事故の原因 診断 国際的な失神の診療ガイドラインでは、病歴、診察、心電図、血圧の立位変化の評価の4つの要素から失神の基本的な診断を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 失神の患者を診る場合は必ず失神の原因検索(大抵は不整脈が原因なのでまずは心電図、必要なら不整脈の原因となる心疾患を検索する)と外傷検索を同時に行うことである。特に頭部打撲ではネックカラーによる固定、必要ならばJATECプロトコールにて対処を行う。わずかながら存在する脳血管性の失神の場合は失神後、頭痛や麻痺などの症状が伴う場合が多い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。[ja.wikipedia.org] 外傷の受け方によっては、次のようなものを発生することがある。 頭部外傷の臨床的分類としては荒木の分類 Araki's clinical classification of head injury が広く用いられる。これは1954年に荒木千里が発表したもので、頭部外傷を臨床症状のみにより以下の4つに分けた簡便で実用的な分類法である。[ja.wikipedia.org] 頭部外傷を受けた後、3週間以上を経過した慢性期に入ってから発症、もしくは3週間以上経っても残る症候を頭部外傷後遺症(英:posttraumatic cerebral symptom、独:posttraumatisches Hirnsymptom)という。 通常は狭義に、器質的変化が明確でなく自覚症状のみのものを指す。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 足根管症候群

    紀元前17世紀の書物に、Edwin Smithによる頭部や脊柱の外傷についての記述があり、これが脳神経外科学における最古の論文と言われている。書物に書かれた穿頭術の最古の記録はヒポクラテスによるものである。[ja.wikipedia.org] 頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • せん妄

    直接因子 中枢神経系に影響を与えて急性の意識障害を生じさせる器質的要因であり、中枢神経疾患(脳血管障害、脳炎、脳腫瘍、癌性髄膜炎、頭部外傷など)、二次的に脳機能に影響を及ぼす全身性疾患( 肺炎 などの 感染症 、 心不全 、 心筋梗塞 、 不整脈 、 肝・腎機能障害 など)、薬物や化学物質中毒、 アルコール や 睡眠薬 の離脱などが挙げられる[bsd.neuroinf.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • パーソナリティ障害

    一般身体疾患によるパーソナリティ変化の原因としてDSMは、甲状腺機能低下症、または亢進症、副腎皮質機能の異常、妄想性のパーソナリティ変化の例には全身性エリテマトーデスが、他にも中枢神経系の新生物、頭部外傷、脳血管疾患、ハンチントン病、HIVウイルスが挙げられている。[ja.wikipedia.org] DSM-IV-TRにおいては、パーソナリティ障害の診断基準Fが除外している、薬物乱用や投薬といった薬物による症状や、頭部外傷など一般身体疾患によるパーソナリティ変化が鑑別される。 症状が著しい苦痛や機能障害をもたらしていないものは、正常なパーソナリティである。パーソナリティ障害は、発症年齢が低く持続的である必要がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 動脈瘤

    紀元前17世紀の書物に、Edwin Smithによる頭部や脊柱の外傷についての記述があり、これが脳神経外科学における最古の論文と言われている。書物に書かれた穿頭術の最古の記録はヒポクラテスによるものである。[ja.wikipedia.org] 頭部外傷・頭蓋骨骨折・脳挫傷・びまん性軸索損傷・外傷性くも膜下出血・急性硬膜外血腫・急性硬膜下血腫・慢性硬膜下血腫等救急医療分野における緊急手術を必要とする領域 水頭症・二分脊椎・脳瘤・髄膜瘤・キアリ奇形・頭蓋早期癒合症・クモ膜嚢胞・頭蓋頸椎移行部骨形成異常 腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・黄色靭帯骨化症・黄色靭帯石灰化症[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 不眠症

    髄膜炎や頭部外傷が契機となって、こうした過眠が起こることがある。 3. 概日リズム睡眠障害 (1) 交代勤務による睡眠障害 生体リズムにより1日の中で夜は眠りやすく、昼間は眠りにくくできている。[mhlw.go.jp] (5) 脳器質性疾患による不眠(痴呆を含む) アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患、脳血管障害、脳腫瘍や頭部外傷で急性にあるいは慢性に不眠が起こることがある。これらの中には、脳障害が直接に睡眠機構を障害して不眠が起こる場合と、神経疾患による身体症状のために不眠が生じている場合がある。[mhlw.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 頭蓋骨骨折

    外科学 - 脳神経外科学 - 形成外科学 頭部外傷 - 脳挫傷 - 急性頭蓋内血腫 - 急性硬膜下血腫 - 急性硬膜外血腫 - 脳ヘルニア 『南山堂 医学大辞典』 南山堂 2006年3月10日発行 ISBN 978-4-525-01029-4[ja.wikipedia.org] 頭蓋底骨折(英:skull base fracture、独:Schädelbasisfraktur)は一般に重症の頭部外傷に伴うことが多いが、比較的軽度の外傷によって生じることもある。頭蓋底には多くの脳神経孔、血管孔、骨縫合線があり、ほとんどの頭蓋底骨折はこれらに向かう。[ja.wikipedia.org] 治療の際は開放性頭部外傷の扱いとして強力に抗生物質の投与を行い、続発する合併症に対してはそれぞれの病態に応じて対処する。 側頭骨骨折のうち、骨折線が迷路骨包を横切るものを迷路骨折(英:fracture of labyrinth、独:Labyrinthfraktur)という。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 貧血

    ページの先頭 HI(Head Injury) 頭部外傷を表す医療業界の用語。 略語を使った業界用語には他に、DECやENT、Aラインなどがある。 IM Intramuscular Infusion。 筋肉注射のこと。 IV Intravenous Infusion。 静脈注射のこと。[job.nikken-mc.jp] 頭部外傷やアルコール中毒、鎮静薬などの過剰摂取が原因である。高齢者に起こる昏睡の原因として多いのは、ナトリウム濃度の上昇による脱水や感染症などである。 意識障害の定義はあいまいなものが多いため、現在ではジャパンコーマスケール(3-3-9度方式)やグラスゴーコーマスケールといった評価方法が導入されている。[job.nikken-mc.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状