Create issue ticket

考えれる86県の原因 脊髄精神的外傷, 自律神経障害

  • 更年期障害
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 本態性高血圧症
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 低血糖症

    交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。しかし高齢者や自律神経障害のある患者、低血糖を繰り返している場合や乳幼児では交感神経症状が出ないでいきなり昏睡に至ることがある。これを無自覚低血糖という。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 不安障害

    全般性不安障害 上記の恐怖症とは異なり、特定の対象に限らずほとんどあらゆることに不安を抱くようになるのが全般性不安障害です。 パニック障害 パニック発作という、突然に生じる自律神経系の乱れを繰り返すのがパニック障害です。パニック発作の症状には、動悸、息苦しさ、発汗、震え、めまい、吐き気、しびれや冷感などがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 末梢神経障害

    ( 2014年6月 ) ニューロパチー ( ニューロパシー [1] 、Neuropathy)は、 末梢神経 の正常な伝導が障害される病態。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は 軸索 であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。[ja.wikipedia.org] 代表例としては悪性腫瘍( 傍腫瘍性神経症候群 )、 シェーグレン症候群 、特発性感覚性神経細胞障害( ギラン・バレー症候群 の亜型の可能性がある)、 シスプラチン とその他の 抗がん剤 、ビタミンB6中毒、HIV関連感覚性神経細胞障害などが考えられる。 パターン9、自律神経症状と徴候 自律神経機能障害 が目立つニューロパチーを考える。[ja.wikipedia.org] 運動神経障害は 短趾伸筋 の萎縮などに現れる。 糖尿病性自律神経ニューロパチー 典型的には遠位対称性の感覚性多発ニューロパチーと複合的に認められる。 糖尿病性根神経叢障害(糖尿病性筋萎縮症) 糖尿病性根神経叢障害は糖尿病の症状の1つであり、約3分の1の患者に起こる。通常強い痛みが背中下部、腰、片方の大腿部に起こる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 起立性低血圧

    特発性自律神経障害 純粋自律神経失調(Bradbury-Eggleston症候群) 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群) 自律神経障害を伴うパーキンソン病 二次性自律神経障害 加齢 自己免疫疾患 - ギラン・バレー症候群、混合性結合組織病、関節リウマチ、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central[ja.wikipedia.org] 本態性(非神経原性) 薬剤性起立性低血圧 症候性(神経原性) 特発性自律神経障害 二次性自律神経障害 起立性低血圧は、一次的には重力によって血液が下肢に溜まってしまうことが原因で起きる。それによって静脈還流が損なわれ、その結果(スターリングの法則により)心拍出量が減少して動脈圧が低下するのである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 良性移動性舌炎

    このほか、神経障害自律神経失調症、ビタミンB欠乏症など。 小児や若い女性に多いとされる。地図状舌の有病率はHalperinの1953年の調査では11歳 20歳で1.13%、Mikkonenの1982年の調査では17歳 35歳で3.3%であった。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性アンフェタミン中毒
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 2型糖尿病

    糖尿病性神経障害 3つの合併症の中で最初に出現することが多く、末梢神経障害による手足先端のしびれや感覚の低下、自律神経障害による便秘・立ちくらみ(起立性低血圧)・勃起不全などを引き起こす。また、温痛覚が鈍り他の疾患の自覚症状に乏しくなることがある。臨床的には心筋梗塞の胸痛、重症虫垂炎の腹膜刺激症状、低温やけどなどが重要である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状