Create issue ticket

考えれる69県の原因 脊髄精神的外傷, 膀胱炎

  • 尿路感染症

    急性腎盂腎 急性巣状細菌性腎 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺は例外である。) 膀胱 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] 膀胱に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱のほか、尿道の主症状である。 血尿 出血性膀胱では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。[ja.wikipedia.org] ウイルス性の尿路感染症の中では、アデノウイルスによる出血性膀胱が重要である。 小児の感染症の中では、気道感染症についで頻度が高いが、特異的な症状が出にくいために見逃される危険がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膀胱炎

    膀胱(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱と慢性膀胱がある。急性膀胱は細菌性の感染症である。慢性膀胱は、急性膀胱の慢性化のほか、間質性膀胱もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。[ja.wikipedia.org] 膀胱は、女性に多い病気です。繰り返し発症することも多いので、予防策をしっかり行いましょう。膀胱百科では膀胱に関する疑問、予防法などたくさんの膀胱に関する情報を載せています。お役立てください。 膀胱は症状により治療法が異なりますので、膀胱の疑いを持ったら早めに病院へ行きましょう。 まずは免責事項を必ずお読みください。 。[boukouen.dousetsu.com] 出血性膀胱 膀胱辞典[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • アデノウイルス感染症

    Pringle, BSc, PhD, Professor Emeritus, School of Life Sciences, University of Warwick 数多くあるアデノウイルスのいずれかに感染した場合,症状を来さないこともあれば,軽度の呼吸器感染症,角結膜,胃腸膀胱,および原発性肺炎などの特異的な症候群を来すこともある[msdmanuals.com] 咽頭、扁桃、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜などの眼疾患、胃腸などの消化器疾患、出血性膀胱などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp] 流行性角結膜は通常3 4週間以内に治まるが,角膜病変はそれ以上続くことがある。 呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱,乳児での下痢,髄膜脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。[msdmanuals.com]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性膀胱炎

    急性腎盂腎 急性巣状細菌性腎 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺は例外である。) 膀胱 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] 膀胱に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱のほか、尿道の主症状である。 血尿 出血性膀胱では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。菌によっては陰性を呈する。) 時に潜血も伴う。[ja.wikipedia.org] ウイルス性の尿路感染症の中では、アデノウイルスによる出血性膀胱が重要である。 小児の感染症の中では、気道感染症についで頻度が高いが、特異的な症状が出にくいために見逃される危険がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 骨盤内炎症性疾患

    また、膀胱と異なる点は血尿、膿尿を伴わないことである。 原因により異なる。婦人科に受診し、原因微生物によって抗生物質を選択し投与することとなる。 性交をしないことが最大の予防となる。 コンドームの使用には一定の予防効果がある。(100%ではない) 経口避妊薬には予防効果はない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 腎盂腎炎

    よく知られた経験則に「発熱が認められれば、腎盂腎のような上部尿路疾患であり、認められなければ、膀胱のような下部尿路疾患である」というものがある。発熱が認められない場合、基本的には下部尿路疾患を疑うが、感染が上行してきて腎盂腎炎になる場合もあるので、注意して経過観察をする必要がある。 腎盂腎炎の半数は腰痛、腹痛を伴わない。[ja.wikipedia.org] その尿は腎杯から腎盂に集められ、尿管、膀胱を経て尿道から体外に排泄されます。 「腎盂腎」は、腎盂や腎杯、さらに腎臓の髄質が細菌によって炎症を起こしている状態をいいます。 原因はなんでしょうか? 「腎盂腎」は細菌による感染症ですが、本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。[med.or.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 尿道炎
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 大腸菌

    元来,非 病原性 であるが,しばしばヒトに 病原 性を発現し, 虫垂膀胱 , 腎盂炎 などを起す。 1950年以来,特に 乳幼児 の 急性腸炎 が特定の血清学的性状をもった大腸菌によって起ることが知られ,これらの 菌株 は 腸管 病原性大腸菌 と呼ばれている。[kotobank.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 貧血

    […] hemorrhage (英)くも腹下出血 スプータ Sputa (独)痰 セ トップへ ゼールム Serum (独)血清 ゼクチオン Sektion (独)解剖 タ トップへ ダルム Darm (独)腸 チ トップへ チアノーゼ Cyanose (独)紫色のうっ血 チステ Zyste (独)のう腫 チステイーティス Cystits (独)膀胱[thpa.or.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状