Create issue ticket

考えれる156県の原因 脊髄精神的外傷, 腹部膨満

  • 便秘

    糞便量が少ない時周辺症状の治療 腹部 ... 桂枝加芍薬湯 腹痛 ... 大建中湯 上腹部症状のある腹部や腹痛 ...[ja.wikipedia.org] などの生活習慣改善が有用である A 胃食道逆流症にプロトンポンプ阻害薬(PPI)を考慮してよい A 小腸・大腸の蠕動運動低下に、食事療法(便秘での水分摂取、高線維成分食品を避ける、吸収不良での低残渣食、脂溶性ビタミン、中鎖脂肪などの補充)を考慮しても良い A 胃腸機能調整薬(プリンペラン、ナウゼリン、ガスモチンなど)を嚥下障害、逆流性食道炎、腹部[med.osaka-u.ac.jp] また、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部感、下腹部痛、食欲不振、めまい、肩や背中の放散痛などを伴う事がある。 問診と身体診察を行い、消化管そのものの病変が原因となっている器質性便秘や症候性便秘の鑑別を行う。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 乳糖不耐症

    また、腸管内で発生した二酸化炭素などは気体となるため、腹部を感じる場合もある。 これらの下痢の挙動は狭義のオリゴ糖(難消化性)を摂取した時と同一であるが、こちらでは「腸内環境の改善」と表現されることが多い。 ラクターゼの減少は、成長した哺乳類全般に起こることであって異常とは言えない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • イレウス

    機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。聴診では腸雑音消失または蠕動微弱。 基本的にX線やCTといった画像検査を第一に行う。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 卵巣嚢胞

    卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。 ヒトにおいては婦人科学の対象となる。 獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。 月経の過程に関係するものである。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 過敏性腸症候群

    主な副作用や注意点 消化器症状 便秘、腹部感、吐き気などの症状があらわれる場合がある 皮膚症状 発疹や蕁麻疹などがあらわれる場合がある 腸閉塞(イレウス)に関しての注意 便秘や硬便(便が硬くなること)などにより腸閉塞などがおこる可能性がある 頻度は稀である お腹がはる、著しい便秘、腹痛などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に[medical.nikkeibp.co.jp] 主な副作用や注意点 消化器症状 吐き気、口乾、腹部感などの症状があらわれる場合がある テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせに関する注意 本剤に含まれるカルシウムイオンが上記の抗菌薬の吸収を阻害し、抗菌薬の作用が減弱する可能性がある 本剤を服用する際の注意 本剤の膨張する性質により服用後に喉でつかえた場合、喉や食道を塞[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 産褥期

    栄養は初回は5%ブドウ糖を与え、嘔吐、腹部、無呼吸がなければ母乳を開始する。初回成熟児ならば1回に10mlを1日8回の投与を行う。一日授乳量は生後7日で100ml/kg/day、生後14日で150ml/kg/day位が望ましい。その他確認すべき項目では黄疸や先天性股関節脱臼、腹部腫瘤などである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 出生

    栄養は初回は5%ブドウ糖を与え、嘔吐、腹部、無呼吸がなければ母乳を開始する。初回成熟児ならば1回に10mlを1日8回の投与を行う。一日授乳量は生後7日で100ml/kg/day、生後14日で150ml/kg/day位が望ましい。その他確認すべき項目では黄疸や先天性股関節脱臼、腹部腫瘤などである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 肝硬変

    さらに、門脈から血漿成分が血管外に出るなどして、腹水を生じ、腹部することもある。肝機能の低下に伴って、肝臓で合成されるアルブミンなどの血漿タンパク質の合成量が減少してくると、血液の正常な浸透圧を維持できなくなり、血液からは水分が血管外へと出てゆきやすくなるわけだが、これも腹水を増加させ、胸水まで見られるようになる場合もある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状