Create issue ticket

考えれる70県の原因 脊髄精神的外傷, 腹囲増加

  • 便秘

    記事一覧 連載: 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 2018/6/27 田中 由佳里(東北大学医学系研究科行動医学助教) 実際の臨床で、「先生、最近便秘なんです」と相談されることはよくあります。このとき注意すべきなのは、患者さんごとに「便秘」の定義が違うことです。「最近はずっとコロコロ便が出ます」「1週間に1 2回しか排便しません」「ストレスがかかると、腹痛と一緒に硬い便になります」など、「便秘」という言葉に含まれる症状は多岐にわたります。 ログインして全文を読む 新規に会員登録する 会員登録すると、記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 卵巣嚢胞

    卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。 ヒトにおいては婦人科学の対象となる。 獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。 月経の過程に関係するものである。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 妊娠

    妊娠中・出産後のママへ 女性にとってお腹の赤ちゃんと過ごす10ヶ月はとても素敵な時間ですよね。でも妊娠中や出産後はホルモンバランスの変化により、さまざまな心と体の変化が起こりやすいものです。今まで経験した事のない症状に戸惑ったり、不安になりやすくなります。初めての妊娠・出産では自分で判断できず、不安は募るばかり。でもいちいち病院に行くのはちょっと・・・。そんな新米ママをサポートするのが「妊娠症状スッキリガイド」です。気になる症状や不安の解消に役立てて下さいね。 ※注意事項[…][ninsin.sakura.ne.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 肥満

    いつでも食べたい物が手に入る豊かな時代になり、肥満による健康問題が増えています。近年は欧米だけでなく、中国などのアジア諸国でも肥満が急増中。日本では成人における肥満の割合は約30%。最近30年間の推移を見ると、成人男性の肥満が増え続けています。健康を支える上で肥満に対する対策が課題となっているなか、日本肥満学会によって「肥満症の診断基準」の見直しが行われ、2011年9月、11年ぶりに新しい診断基準が示されました。[…][healthcare.omron.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 妊娠後期
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 乳糖不耐症

    牛乳を飲むとお腹がごろごろ カルシウムやビタミンDに富み、 アミノ酸バランス もよく、子供の成長にはもちろん、 大人にとっても骨粗しょう症やイライラ(カルシウム不足で悪化!)を防ぎ、自律神経のバランスを 整えるスーパー食品・牛乳。ですが、「牛乳を飲むとお腹がごろごろする」という方がいます。 別にお腹が冷えるからではなくて、温めたものや、アイスクリームもだめというお気の毒な方まで...。 他に、お腹が張る、ひきつるように痛む、気分が悪くなる、下痢ぎみになるなどの症状が出る方もいます。 乳児以外で出るこういう症状は、 乳糖不耐症 といって、別に牛乳にアレルギーがあるわけでありません。 小腸内で[…][web.archive.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • イレウス

    抄録 症例は56歳の男性.潰瘍性大腸炎(UC)に対して5-アミノサリチル酸製剤,プレドニゾロン,白血球除去療法,アザチオプリンにて治療するも寛解導入できず,当院を紹介され入院となった.Rachmilewits Clinical Activety Indexは9点であり,重症度は中等症であった.タクロリムス(Tac)を導入するも,数日後に心窩部痛が出現.腹部造影CTを施行し,上行結腸,横行結腸,S状結腸の壁肥厚と周囲脂肪織の濃度上昇および小腸の拡張,腸液貯留を認め麻痺性イレウスと診断した.Tacによる薬剤性イレウスを考え投薬中止とした.休薬後,イレウスは速やかに改善した.[…][doi.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • うっ血性心不全

    鷺沢萠さん 18歳で文学界新人賞を最年少受賞した作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、東京都目黒区の自宅で死去した。35歳だった。関係者の話によると、自宅で倒れているのを、訪れた知人が12日夜に発見した。死亡時刻は11日未明、心不全のためとみられる。葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。[…][asahi.com]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状