Create issue ticket

考えれる220県の原因 脊髄精神的外傷, 腎不全

  • 高血圧症

    その結果、脳卒中や心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈瘤、不全など、多くの循環器病が起こることになります。高血圧は循環器病の最大の危険因子です。 食塩は血圧を上げることによって循環器病を起こしますが、最近の研究では、食塩が血圧とは別に心臓や血管にも悪影響を及ぼすことがわかってきました〈表1〉。[ncvc.go.jp] 高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、不全などの発症原因となるので臨床的には重大な状態である。 生活習慣病のひとつとされ、厚生労働省(2013年度)は男女共に通院者率の最も高い疾患として公表している(2位は男が糖尿病、女が腰痛)。[ja.wikipedia.org] 最終的には不全となり人工透析を受けなければならず、やはり社会的、経済的な負担は大きく、その進展予防は重要である。 動脈瘤 胸部や腹部の大動脈の壁の一部が動脈硬化性変化によって薄くなり、膨隆した状態を大動脈瘤という。内径が5cm以上になると破裂する可能性が高くなるので、手術適応となる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 便秘

    さらに食事由来成分などの物質輸送能の変化も機能に影響を与えることを示唆する知見も得られ始めた。便秘を改善することが末期不全への進展を防ぐ治療になるかもしれない。最新のエビデンスと研究を追った。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp] 便秘があると慢性腎臓病や末期不全になりやすいとの報告がある。 急性と慢性に分類される。原因は多岐に渡り、急性の場合は医療機関での診断と治療が必要とされる。特に、出血や狭窄を伴う場合は生命に関わる重篤な機転に及ぶ可能性がある。[ja.wikipedia.org] また、心筋の線維化に伴い収縮不全や拡張不全から心不全が引き起こされる。心嚢液が認められることもある。 病変 強皮症腎(腎クリーゼ) 細小動脈の血管内皮増殖と内腔の狭小化が発生し、血流量が低下することから、血清レニン活性上昇と著しい高血圧、機能障害があらわれることがある。2-4週間で不全に進行する急速な機能障害の経過をとる。[med.osaka-u.ac.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 低血糖症の原因には糖尿病治療薬に伴う低血糖のほか、インスリノーマ、反応性低血糖、薬剤性低血糖(複数の医療機関からの処方、相互作用、アルコール)、二次性低血糖(副腎不全、肝硬変、不全、先天性酵素異常など)、インスリンに対する抗体によるもの(インスリン自己免疫症候群など)、外因性インスリンによる低血糖(詐病、虚偽性障害を含める)、膵外性腫瘍などがあげられる[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 高尿酸血症

    不全の患者には酸化体のオキシプロノールが血中に蓄積して過敏性血管炎を起こすことがある。オキシプロノールも薬理作用があるため不全患者では減量が必要となる。重篤な皮膚粘膜眼症候群の報告もある。 メルカプトプリン 、 シクロホスファミド 、 ペントスタチン の併用は注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 血清尿酸値は慢性腎臓病の発症や進展と関係し、一般集団において高尿酸血症は 不全 の危険因子である。また IgA症 においても高尿酸血症は腎機能予後に関する危険因子となる。また慢性腎臓病と痛風を併せ持つ症例には体内鉛蓄積が関与している可能性がある。[ja.wikipedia.org] 中等度以上の腎障害(eGFRで30ml/min/1.73m2未満または血清クレアチニン値2.0 mg/dl以上)の機能障害は尿酸生成抑制薬を選択肢し、慎重に投与する。アロプリノールを不全の患者に使用するときは障害の程度に合わせて投与量を調節する。尿路結石の既往ないし合併がある場合は尿酸生成抑制薬を選択する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 胃食道逆流症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、英語:Gastroesophageal Reflux Disease: GERD )とは、胃食道逆流により引きおこされる一連の疾患。以下の3つの病態の総称。 非びらん性胃食道逆流症 (non-erosive reflux disease: NERD ) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害がなく症状だけを伴うもの 逆流性食道炎 (reflux esophagitis) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害を生じているもの バレット食道 (Barrett's[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 糖尿病性腎症

    概要 [ 編集 ] 糖尿病で血糖の高い状態が10年以上も続くと、全身の 動脈硬化 が進行し始め、腎臓に障害が及ぶと 蛋白尿 、 ネフローゼ症候群 等を経て 慢性不全 に至る [1] 。[ja.wikipedia.org] 症の発生から不全に至るまでには通常10年以上を要する。[msdmanuals.com] 腎臓に病気が及ぶと 蛋白尿 が出始め、ネフロ-ゼ症候群を呈する場合もあれば、慢性不全に至る患者さんも出てきます。慢性不全の項で説明したように最近では 透析 を始める患者の第一位で、5人に2人は糖尿病性症の患者であることから、大きな問題となっています。 原因ははっきりしています。[plaza.umin.ac.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 打撲傷

    例えば、ヘムを含むミオグロビンは筋挫滅や強い圧迫を受けた筋肉が開放されるとカリウム、乳酸などと大量に流れ出し、クラッシュ症候群を引き起こし、急性不全を引き起こす。ミオグロビンやヘモグロビンのヘム色素は急性尿細管壊死を引き起こし不全の原因となる。[ja.wikipedia.org] 抄録 昨今の生命科学の進歩は薬理学の研究をより病態に応じた新薬の開発へと向かわせている.しかし,肝不全,不全,多臓器不全など,急性臓器不全は高い死亡率を示すにもかかわらず,その治療において決め手となる薬物は未だ開発されていない.これら急性臓器不全の組織障害の病態生理は完全に明らかでないが,好中球の活性化や虚血・再潅流にともなう酸化ストレス[doi.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 腎盂腎炎

    慢性腎盂腎炎に対してはST合剤などの内服療法がおこなわれるが、再燃・再発を来しやすく、長期的な経過で間質性炎から不全に至ることがある。 消化器症状が強い場合は内服不可能であるため入院が必要となる。腎盂炎は顕微鏡学的には小膿瘍の集合体とされており3日程解熱しないことが多い。培養を繰り返し行い、抗菌薬の使用が適正であるかを確認する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 脱水

    抄録 大腸絨毛腫瘍は,大腸腺腫の一型で粘液分泌性の顕著な下痢が特徴的とされており,大量の粘液性下痢によって脱水症状や電解質異常を伴うことが知られている.今回,慢性不全にも関わらず大腸絨毛腺腫が関与したと考えられる低カリウム血症3症例(1症例はCr 5.0mg/dl前後の保存期不全症例,他の2症例は維持透析症例)を経験したので報告する.[doi.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状