Create issue ticket

考えれる1,144県の原因 脊髄炎

  • 多発性神経炎

    多発性硬化症・視神経脊髄 TOP 患者の皆様へ 多発性硬化症・視神経脊髄 多発性硬化症・視神経脊髄とは 多発性硬化症は特定疾患に指定されている神経難病の一つです。[ncnp.go.jp] 全身型のMSではおよそ半分くらいに視神経、脳幹、大脳、脊髄障害の症状や徴候が様々な程度呈してくる。視神経が両側に起こり失明に至るような顕著な視力低下を呈する場合にはMSよりも視神経脊髄として診断される。 急性脊髄(横断性脊髄) は、MSの場合、左右非対称に生じ、不完全であることが多い。[mbiotech.org] 多発性硬化症・視神経脊髄 中枢神経系の自己免疫疾患です。視神経脊髄ではアクアポリン4の測定も行います。急性増悪時はステロイドパルス療法や血液浄化療法を施行しています。維持期/慢性期治療では、S1P1受容体機能的アンタゴニスト、インターフェロンβ(1b、1a)、免疫抑制薬などで治療します。[hospital.luke.ac.jp]

  • 帯状疱疹

    髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変, 腎不全などによる免疫不全状態がその要因と考えられた.[jstage.jst.go.jp] 髄膜、横断性脊髄、脳炎を発症した報告もある。10-15%のHIV感染例が帯状疱疹治療後に帯状疱疹後神経痛を発症するとされる。 診断 特徴的な皮膚病変から、診断は比較的容易である。他のヘルペス性疾患との鑑別を要する場合には、水疱内容のウイルス分離やPCRによる鑑別を考慮する。[hb.acc-info.jp] 髄膜脊髄、脳炎(皮疹が少なかったり、全くない場合もある)を診断するためには、症状からVZVを積極的に疑って髄液のPCR検査を提出する必要がある。 治療 抗VZV薬は腎排泄性であり、CCr 50-60mL/minでは用量調整(減量)が必要である。詳細は添付文書等を参照すること。 皮疹が限局している場合は、外来で内服治療が可能である。[hb.acc-info.jp]

  • インフルエンザ

    フロントランナーvol.28 世界最大の鳥・ダチョウがつくり出した インフルエンザ・花粉症を撃退する“夢の抗体” 京都府立大学生命環境学部 教授 塚本 康浩 1968年大阪府生まれ。獣医師、獣医学博士。大阪府立大学農学部・大学院修了後、98年に同大学助手に就任。99年よりダチョウの研究を本格化させ、2005年、助教授に、2008年、京都府立大学に移り現職。ダチョウの卵を使った抗体およびそれを活用した商品の開発で注目を集める。ダチョウ抗体入りマスクは累計7000万枚の大ヒット商品になった。著書に『ダチョウの卵で、人類を救います』『ダチョウ力』がある。[…][s-park.wao.ne.jp]

  • 脊髄の脱髄

    2.視神経脊髄 CQ7-2 視神経脊髄はどのように診断するか? 3.多発性硬化症/視神経脊髄以外の疾患と鑑別診断 CQ7-3 急性散在性脳脊髄はどのように診断するか? 8:経過・予後 1.多発性硬化症 CQ8-1-1 多発性硬化症の再発や進行はどのように定義されているか?[minds.jcqhc.or.jp] 横断性脊髄 / Transverse Myelitis 横断性脊髄(TM)は、脊髄の一部分が横方向にわたって炎症を起こすことによって発生する神経障害です。「脊髄」は、脊髄の炎症を意味し、「横断」とは、単に炎症の発生する部位が脊髄の横断面であることを示します。[christopherreeve.org] 多発性硬化症・視神経脊髄 TOP 患者の皆様へ 多発性硬化症・視神経脊髄 多発性硬化症・視神経脊髄とは 多発性硬化症は特定疾患に指定されている神経難病の一つです。[ncnp.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    原因不明の疲労感  筋痛性脳脊髄/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは?[pref.osaka.lg.jp] 現在、20以上の診断基準が存在すると言われており、海外では、元々筋痛性脳脊髄(ME)と呼んでいる国やそのように呼ぶことを主張する研究者・専門家や患者会があります。その妥協案として、筋痛性脳脊髄/慢性疲労症候群(ME/CFS)と呼ぶ傾向があるようです。[markhouse-projects.com] May 12 ME/CFS & Lyme Japan 筋痛性脳脊髄/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? 筋痛性脳脊髄/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? こちらをクリック 2019年 ”ひとりじゃないよ!”-目に見えない![markhouse-projects.com]

  • 脊髄炎

    概要 脊髄とは、 脊髄 ( せきずい ) に炎症が引き起こされた状態を指します。 脊髄は神経の束であり、運動や感覚などに重要な役割を担っています。そのため、脊髄が生じると、手足の麻痺や感覚障害、また排尿や排泄に関する症状などが生じることもあります。[medicalnote.jp] 灰白脊髄は,ウイルス感染による炎症で, ポリオ や 帯状疱疹 によって起こる。 髄膜脊髄 は, 梅毒 , 結核 真菌による髄膜が波及して起こるものでまれ。[kotobank.jp] 、発症の仕組み解明 国立精神・神経センター」:日本経済新聞 2011/02/15 「難病の視神経脊髄、原因を解明 薬効く可能性、臨床試験へ」:共同通信(47NEWS) 2011/02/15 「難病の視神経脊髄、原因を解明 薬効く可能性、臨床試験へ」:共同通信(47NEWS) 「視覚障害やしびれ、痛みが繰り返し起きる難病の視神経脊髄(NMO[arsvi.com]

  • 視神経炎

    原因 [ 編集 ] 特発性視神経炎 特発性視神経はウイルス感染、自己免疫などが関与していると考えられているが原因は不明である。 多発性硬化症や視神経脊髄 多発性硬化症 や 視神経脊髄 によって視神経炎が起こることがある。 感染 感染では 梅毒 、ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス、麻疹ウイルス、EBウイルスなどが知られている。[ja.wikipedia.org] モデルラットの病状を緩和できることを発見しました視神経脊髄(NMO) ※3 は、主に視神経と横断性脊髄を特徴とする、中枢神経の自己免疫疾患です。[resou.osaka-u.ac.jp] 視神経脊髄(NMO) ※3 は、主に視神経と横断性脊髄を特徴とする疾患です。[amed.go.jp]

  • 梅毒

    進行性の麻痺・梅毒性の動脈脊髄の痛み・認知症・失禁等の症状が出てきます。 検査方法 血液検査で分かります。検査は性行為後1ヶ月以降をおすすめします。 治療方法 抗生剤投与で治します。[1971fujinka.jp] 第4期まで進行すると、血管や神経が侵され、動脈りゅう、大動脈、進行まひ、脊髄ろうなどの深刻な症状が現れ、日常生活にも支障を来すことがあります。進行まひは、中枢神経系が侵され、記憶力の低下や性格の変化が起こり、進行してまひを起こすもので、脊髄ろうは、脊髄が侵されて痛みや運動失調が起こるものです。[nhk.or.jp] (4) 第4期梅毒または 変性梅毒 大動脈,これに基づく大動脈瘤,心内膜などの心血管系病変,脳膜脊髄癆, 進行麻痺 などの神経系病変が高度で,予後不良である。ほかに骨,筋肉,肝臓,睾丸,内耳,網膜などにも病変が生じる。[kotobank.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    また、無菌性髄膜、血管、横断性脊髄などを除いて一般髄液検査では正常を示すことが多い。[med.osaka-u.ac.jp] 神経症状(Neurologic) 痙攣、精神障害、多発単神経(血管など他の病因を除く)、脊髄、末梢神経障害、脳神経障害(血管炎、感染症、糖尿病などの他の病因を除く)。急性錯乱状態(中毒、代謝疾患、尿毒症、薬剤性などの他の病因を除く)。 9. 溶血性貧血(Hemolytic anemia) 10.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 血管炎を反映した多発単神経がおきうるほか、急性炎症性多発性根神経としてギラン・バレー症候群のような症状を呈することもある。横断性脊髄も有名な症状であるが抗リン脂質抗体症候群と関連した病態である。心血管症状漿膜炎としての心外膜炎や、リーブマン・サックス心内膜炎、心筋炎を発症することがある。[ja.wikipedia.org]

  • 脱髄疾患

    2.視神経脊髄 CQ7-2 視神経脊髄はどのように診断するか? 3.多発性硬化症/視神経脊髄以外の疾患と鑑別診断 CQ7-3 急性散在性脳脊髄はどのように診断するか? 8:経過・予後 1.多発性硬化症 CQ8-1-1 多発性硬化症の再発や進行はどのように定義されているか?[minds.jcqhc.or.jp] 中枢神経系 多発性硬化症 視神経脊髄 (Devic症候群) 同心円硬化症 (Balo病) 急性散在性脳脊髄 (ADEM) 炎症性広汎性硬化症 (Schilder病) 感染性 亜急性硬化症全脳炎 (SSPE) 進行性多巣性白質脳症 (PML) 中毒・代謝性 低酸素脳症 橋中心髄鞘破壊症 ビタミンB12 欠乏症 血管性 Binswanger[ja.wikipedia.org] 抗体関連疾患 1324 歴史的背景 金子仁彦 1328 抗体検査 黒田 宙 1330 抗MOG抗体関連脳脊髄の病理学的特徴 三須建郎 1334 抗MOG抗体関連疾患における免疫治療 藤盛寿一 1337 疫学 西山修平 1341 臨床像:脳炎 関 守信 1345 臨床像:視神経 吉村俊祐 他 1349 臨床像:脊髄 久冨木原健二 他 1353[m-book.co.jp]

さらなる症状

類似した症状