Create issue ticket

考えれる193県の原因 脊髄不全麻痺

  • 不全対麻痺

    症候群 胸髄麻痺 胸椎横断麻痺 脊髄横断障害 脊髄横断不全麻痺 脊髄性片麻痺 麻痺性症候群,詳細不明 運動麻痺 弛緩性麻痺 不全麻痺 痙性麻痺 完全麻痺[scuel.me] 脊髄MRIでは明らかな異常なし。不全麻痺を呈しASIA Impairment Scale(以下AIS)はC,ASIA Lower Extremity Motor Score(以下LEMS)3/50,感覚は左L5 S1で軽度鈍麻,両下肢にアロディニアを認めた。[ci.nii.ac.jp] 脊髄損傷の症状 脊髄損傷を受けた場合には、局部的な麻痺や全身の麻痺が起こりますが、その症状は脊髄の損傷の程度によって「完全麻痺」と「不全麻痺」の2つに分かれます。 「完全麻痺」とは、脊髄の損傷の程度がひどく、神経伝達機能が完全に断絶されてしまった状態のことです。[bengo.gr.jp]

  • 打撲傷

    外傷性脊髄出血 広汎性神経損傷 広範性軸索損傷 神経根ひきぬき損傷 神経切断 神経叢損傷 神経叢不全損傷 神経損傷 神経断裂 中枢神経系損傷 皮神経挫傷 末梢神経損傷 T144 部位不明の神経損傷 外傷性硬膜動静脈瘻 外傷性動静脈瘻 外傷性動脈血腫 外傷性動脈瘤 血管切断 血管損傷 四肢静脈損傷 四肢動脈損傷 動脈損傷 皮下静脈損傷 末梢血管外傷[kegg.jp] 縦骨折 種子骨開放骨折 開放性陥没骨折 らせん骨折 関節内骨折 不顕性骨折 T142 部位不明の骨折 亜脱臼 開放性脱臼 完全脱臼 脱臼 単純脱臼 特発性関節脱臼 捻挫 複雑脱臼 閉鎖性脱臼 靱帯ストレイン 靱帯損傷 靱帯捻挫 靱帯裂傷 ストレイン 後方脱臼 前方脱臼 T143 部位不明の脱臼, 捻挫及びストレイン 圧迫神経炎 外傷性一過性麻痺[kegg.jp]

  • ニューロパチー

    副腎脊髄ニューロパチーでは20 40歳代に軽度から中等度の末梢性ニューロパチーと進行性の痙性対麻痺を示す。成人発症の脊髄小脳変性症や副腎不全を示す患者もまれにいる。保因者となる女性も一部では副腎脊髄ニューロパチーの臨床症状を示すことがある。病名にニューロパチーとあるがニューロパチー自体の症状は軽度である。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    副腎脊髄ニューロパチーでは20 40歳代に軽度から中等度の末梢性ニューロパチーと進行性の痙性対麻痺を示す。成人発症の脊髄小脳変性症や副腎不全を示す患者もまれにいる。保因者となる女性も一部では副腎脊髄ニューロパチーの臨床症状を示すことがある。病名にニューロパチーとあるがニューロパチー自体の症状は軽度である。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性神経炎

    表1:麻痺/運動失調による歩行異常、脚弱の原因と臨床徴候 障害部位 原因 臨床徴候 中枢性神経障害 UMN障害 ・外傷、脳脊髄炎、中毒、肝性脳症、腫瘍、医原性など 筋痙縮による麻痺不全麻痺 ナックリング 錐体外路系障害 ・外傷、脳炎、中毒、肝性脳症、腫瘍、医原性など 運動失調 旋回運動 中枢性前庭障害 ・外傷、脳炎、中毒、肝性脳症、腫瘍、[avianmedicine.jp]

  • 不全麻痺

    成功事例 3級永久認定から1級へ額改定(腰椎・頚椎捻挫、四肢不全麻痺、線維筋痛症、脳脊髄減少症) 傷病名 : 腰椎捻挫、頸椎捻挫、四肢不全麻痺(追加傷病として線維筋痛症、脳脊髄液減少症) 年金の種類 : 障害厚生年金 等 級 : 1級 事後重症か認定日請求か : 事後重症3級からの額改定 年齢・性別 : 61歳・女性 加藤千恵美さん(仮名)[syougai-nenkin.or.jp] 受傷直後は「脊髄ショック」の状態で完全麻痺不全麻痺の区別が付きませんが、脊髄ショックを脱して完全麻痺であれば一般的に予後は期待できません。治療は不安定性(グラグラしている)のある損傷脊椎の固定が中心となります。不全麻痺脊髄圧迫が残っている場合には、圧迫を除去する手術を行います。[joa.or.jp] 右肩甲部痛と右上下肢不全麻痺で発症した頚髄硬膜外血腫の1 例― MRI での病態の検討 Abstract 脊髄硬膜外血腫はまれな疾患であり,突然の頚部や背部の痛みに続き,四肢のしびれや脱力が生じる.また部位によっては片麻痺で発症する場合もあり1 12),頭蓋内病変との鑑別を有することも知られている.本稿では肩甲部痛と上下肢不全麻痺で発症し,[pieronline.jp]

  • 血管運動の不安定性

    以下に代表的な脊椎脊髄外傷をご紹介します。 ・中心性脊髄損傷 下肢に比べ上肢の感覚障害や運動麻痺が強い、不全四肢麻痺を呈する脊髄損傷です。もともと変形性頚椎症や後靭帯骨化症などによって頚椎の脊柱管が狭くなっていた人が、頚椎を過進展した際などに起こります。症状としては下肢よりも上肢に強い感覚障害や運動麻痺が特徴的です。[neurosurgery.jp]

  • 動脈瘤

    大動脈の手術を受けられた方へ(術後の注意点) 大動脈の手術後には脳梗塞、心筋梗塞、不整脈、脊髄麻痺、腎不全といった様々な合併症を起こす可能性があります。合併症が起こったときには、その治療が優先されます。 一方、多くの患者さんは、合併症なく手術を乗り切れるので、できるだけ早くに元の生活に戻るようにリハビリテーションを行うことが重要です。[ncvc.go.jp]

  • 旅行者下痢

    ウイルスの侵襲部位と麻痺部位が対応しています。脊髄下部が侵されると下肢の麻痺、上部が侵されると腕の麻痺、延髄が侵されると呼吸不全、嚥下障害などが発生します。軽度の炎症性の麻痺は回復しますが、神経細胞が侵された場合には、傷害の程度により、軽い麻痺から完全麻痺までのさまざまな程度の後遺症が残ります。治療は対症療法です。[traveller-vaccination.jp]

  • 先天性中枢性肺胞低換気症候群

    例1-2)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症):不整脈、鬱血性心不全、肺水腫 呼吸不全。 ⅲ)呼吸器関連の器質的損傷 例)事故による脊髄損傷:呼吸筋麻痺 呼吸不全。 ※「障害認定時期」:在宅酸素療法を施行中の場合、在宅酸素療法を開始した日(初診日から起算して1年6月以内の日に限る。)とされる(第10節1、2C(8)イ)。[xn--ccty7dc67ef9d.tokyo]

さらなる症状