Create issue ticket

考えれる4県の原因 脊椎転移

  • 麻痺

    急性脊髄圧迫の病因としては外傷、腫瘍(転移脊椎腫瘍、特に前立腺癌の骨転移など)、血管障害(脊髄硬膜外血腫)や感染症(脊髄硬膜外膿瘍など)がある。圧迫性の脊髄障害は症状が下肢から上行性に進展するため、長経路徴候から疑われる病変高位よりも上位に実際の病変が認められることがある。これを偽性局在徴候という。[ja.wikipedia.org]

  • 低背部痛

    その他、腰痛の原因となる特別な病気として、 腰椎椎間板ヘルニア 、 脊椎分離症・すべり症 、 腰部脊柱管狭窄症 などがあげられます。また、時には、 悪性腫瘍(癌)の転移 、 化膿性脊椎炎 、 脊椎カリエス(結核) 、 外傷(圧迫骨折など) も原因となります。 一般的な腰痛の経過はわりと良好で、1 2週間で痛みは和らぐのが普通です。[jssr.gr.jp] 注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、硬膜外膿瘍、椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 結核

    鑑別疾患は、亜急性・慢性の感染性関節炎や骨の感染症、関節リウマチ、痛風、転移性腫瘍である。治療は、肺結核と同様であるが滑膜切除術を行うこともある。 結核性脊椎炎は別名Pott's病とも呼ばれる。治療には、抗結核薬を12〜18ヶ月間用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 多剤耐性結核菌

    鑑別疾患は、亜急性・慢性の感染性関節炎や骨の感染症、関節リウマチ、痛風、転移性腫瘍である。治療は、肺結核と同様であるが滑膜切除術を行うこともある。 結核性脊椎炎は別名Pott's病とも呼ばれる。治療には、抗結核薬を12〜18ヶ月間用いる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状