Create issue ticket

考えれる962県の原因 脊椎異常

  • ヌーナン症候群

    ヌーナン症候群(ぬーなんしょうこうぐん、Noonan syndrome, NS)とは比較的よく見られる常染色体優性の先天性疾患で、小児心臓専門医のジャクリーン・ヌーナンにちなんで名付けられた。ターナー症候群の男性版であると称されることがあるが、二者の遺伝子的要因は異なる。主要な特徴として先天性心疾患(肺動脈弁狭窄症や心房中隔欠損、肥大型心筋症が典型的)、低身長、学習障害、漏斗胸、血液凝固障害、翼状頸や平坦な鼻梁などの特徴的顔貌がある。NSはRAS病であり、RAS-MAPKシグナル経路の破綻によって引き起こされる疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    尿管瘤 尿管狭窄や先天性の異常により、尿管が異常に拡張した状態。 神経因性膀胱 脊髄損傷、二分脊椎症、その他の神経疾患のために、排尿機能に異常が生じている状態。膀胱が収縮しても尿道括約筋が弛緩しないために、膀胱内圧が異常に高まり、結果としてVURを起こすなどの異常が生じる。[ja.wikipedia.org] 身体所見 :体温38.5 ,心拍数120,呼吸数25,血圧100/60.全身状態:きつそうである.頭頸部:異常なし.心臓:I・II音正常,雑音なし.胸部:肺胞呼吸音,ラ音なし.腹部:平坦・軟,右背部(肋骨脊椎角部)の叩打痛,腹部触診にて筋性防御はなく下腹部の軽度圧痛あり,肝脾腫なし,四肢:皮疹なし.尿バルーン内は混濁尿を認める.[igaku-shoin.co.jp]

  • 外陰炎

    脊椎分離症 赤痢 舌がん 摂食障害 接触性皮膚炎 舌痛症 尖形コンジローム 前十字靱帯損傷 染色体異常(胎児) 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前庭神経炎 先天性股関節脱臼 先天性心疾患 先天性代謝異常症 先天性内反足 先天白内障 前立腺がん 躁うつ病 側彎症 鼠径ヘルニア そばかす 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 大腿骨頚部骨折[t-pec.jp] 腎盂腎炎 人格障害 心筋梗塞 心筋症 神経芽細胞腫 神経痛 人工肛門 人工膀胱 心室細動 心身症 腎臓がん 腎臓結石 心臓弁膜症 靱帯損傷 塵肺 腎不全 心房細動 水腎症 すい臓がん 髄膜腫 睡眠時無呼吸症候群 睡眠障害 頭蓋咽頭腫 頭痛 ストレス 性行為感染症 精巣がん 声帯結節 声帯ポリープ 性同一性障害 脊髄腫瘍 脊髄損傷 脊柱管狭窄症 脊椎圧迫骨折[t-pec.jp]

  • 便秘

    小児の便秘には,少ないながら何らかの原因があっておきることがあります.その原因になる病気には,体のつくりの異常(鎖肛(直腸肛門奇形)など),ホルモンの異常(甲状腺機能低下症など),脊髄神経の異常( 二分脊椎 ,髄膜瘤など),腸の神経の異常( ヒルシュスプルング病 など),おなかの筋肉(腹筋)の異常( 腹壁破裂 , ダウン症候群 など)のほか[jsps.gr.jp]

  • 急性膀胱炎

    尿管瘤 尿管狭窄や先天性の異常により、尿管が異常に拡張した状態。 神経因性膀胱 脊髄損傷、二分脊椎症、その他の神経疾患のために、排尿機能に異常が生じている状態。膀胱が収縮しても尿道括約筋が弛緩しないために、膀胱内圧が異常に高まり、結果としてVURを起こすなどの異常が生じる。[ja.wikipedia.org]

  • 筋骨格腰痛

    カイロプラクティックは、筋骨格系の機能・構造的な障害とそれが及ぼす神経系の機能異常、ひいては健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、脊椎マニピュレーション(アジャストメント)を主にした徒手治療を特徴としています。[e-dcs.jp] 身体の痛みや、コリがある 肩こり、四十肩、頭痛、首痛、ムチウチ、腰痛、ギックリ腰、背部痛、寝違え 手脚、膝痛、肘痛、各関節痛、捻挫、筋肉の凝り痛み 手足のしびれ、顎関節の異常 等 骨格に異常があり体が曲がっている 脊椎側弯症、O脚、X脚、スポーツ障害、内股、外反母趾、骨盤の歪み、猫背、肩の高さが違う 等 免疫力が不足している 花粉症、アトピー[e-dcs.jp]

  • 顎関節炎

    このように、顎関節という頭部の一部で起きた異常が全身に及ぶのは、頸椎のゆがみを通して脊椎を湾曲させることに、原因のひとつがあるといえるでしょう。 前ページ へ戻る 次ページ へ進む  目次リスト へ[media.or.jp]

  • 緊張性尿失禁

    成長とともに改善する場合もおおいですが、尿路の形態異常や二分脊椎症などの先天性疾患が存在することもあります。重要なのは病態を見極めながら適切な治療を行うことです。 こどもの尿失禁、排尿障害にはどのような症状がありますか? 昼間のおもらしが代表的な症状です。[sasa-cli.com] 一方、出生時には診断されなくても、背中の小さなこぶや皮膚のくぼみ、異常発毛などで二分脊椎が診断されることがあります(潜在性二分脊椎、 図1:ここをクリック )。オムツをつけている間は、蓄尿や排尿機能の異常に気が付かないこともあります。[jspu.jp] 前立腺の手術や外傷で尿道括約筋を傷つけたり、尿道括約筋を支配している神経が障害される二分脊椎(にぶんせきつい)や脊髄損傷などが原因でおこります。 尿道外尿失禁 尿道以外の場所から尿がもれる状態です。先天的形態異常として、尿管開口異常(「 尿管開口異常 」)や、尿道上裂(にょうどうじょうれつ)などがあります。[kotobank.jp]

  • 脊柱側弯症

    難病として指定された病態では先天性脊椎奇形により側弯が成長時期に高度に悪化し、それに二次的に影響を受けて生じる肋骨異常や先天性の肋骨異常(癒合や欠損)が併存します。[nanbyou.or.jp] 胸郭不全症候群などの先天的または発育段階に生じた脊椎異常によって発症する。 脳や脊髄の異常によって発症する。 筋肉の異常により正常な姿勢を保てないことによって発症する。 マルファン症候群やエーラス・ダンロス症候群にみられる。 神経線維腫症I型にみられる。 外傷を負ったことにより発症する。[ja.wikipedia.org] 一般的に、形の異常が複雑な場合や、異常がある脊椎が複数ある場合には急速に進行する傾向にあります。 3.神経原性側弯症・筋原性側弯症 多くの場合で進行が早く、体の発育や成長が止まった後になっても進行する場合があり注意が必要です。[sokuwan.jp]

  • 急性過換気

    脊椎異常があって、首 (頚椎) や腰 (腰椎) の神経を圧迫することによって生じるしびれは、慢性的なしびれで最も多い原因の一つです。この場合は、発症の日時が不明であったり、症状の変動があったり、ある一定の領域 (脊髄神経根であれば皮膚分節) に限局してしびれを認めます。[neurology-jp.org]

さらなる症状