Create issue ticket

考えれる1,088県の原因 脂質異常症

  • 病的肥満

    しかしながら、6か月以上の内科治療によっても十分な効果が得られないBMI(体重kg 身長m 身長m)35以上の患者さんで、糖尿病・高血圧脂質異常などの合併症がある場合、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の適応となります。[hiroshima-u.ac.jp] 図1 肥満診断のフローチャート(肥満診断基準2011より引用) 1. 11 の肥満関連疾患(耐糖能障害、脂質異常、 高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、月経異常及ひ妊娠合併症、睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群、整形外科的疾患、肥満関連腎臓病)のうち 1 つ以上の健康障害を有する。 2.[himan.jp] 肥満関連健康障害は脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群、骨・関節疾患、月経異常、不妊、肥満関連腎など多岐にわたり、中でもメタボリックシンドロームとして代表的な耐糖能異常・2型糖尿病、脂質異常、高血圧は心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)へとつながります。大腸癌や乳癌などの悪性疾患にもかかりやすくなります。[fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp]

  • 高コレステロール血症

    血液中に含まれている脂質は本来大切な栄養素です。 しかし異常に増加したりするのが脂質異常。自覚症状はありません。 健診を受けて「脂質異常です」といわれても、痛くもかゆくもないのでそのまま放置してしまう人も少なくありません。放置したらどうなるか。 増えた脂肪が血管の内側にたまって、動脈硬化になります。[sakatsume-naika.or.jp] 「ひとこと回答」でお話した通り、通常の脂質異常と家族性高コレステロール血には、決定的な違いがあります。脂質異常の多くは、生活習慣が要因となって引き起こされる疾患です。しかし、家族性高コレステロール血症は、遺伝的な要因によって血中のLDLコレステロール値が異常に高くなる病気です。[kango-oshigoto.jp] NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 脂質異常 脂質異常の病気・症状解説 遺伝性の脂質異常 家族性高コレステロール血症とは 家族性高コレステロール血症とは 家族性高コレステロール血症は、遺伝子異常が原因で悪玉LDLコレステロールの値が特別に高くなる病気です。[nhk.or.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    生活習慣病には、がん、心臓病、脳卒中をはじめ、糖尿病、高血圧、脂質異常(高脂血)、メタボリックシンドロームなども含まれます。 特に、メタボリックシンドロームに関連する高血圧、脂質異常(高脂血症)、高血糖には過度の飲酒が関連していることが多いといわれています。[alcoholic-navi.jp] 飲酒の健康リスク 生活習慣病のリスクを高める飲酒量 アルコール依存症について 未成年の飲酒について 妊婦の飲酒について 週2日の休肝日を設けましょう 飲酒の健康リスク 1日の平均飲酒量とともに、がん、高血圧、脳出血、脂質異常のリスクは直線的に上昇します。[kenko.pref.yamaguchi.lg.jp] 飲酒と脂質異常の関連は、飲酒時のカロリーの摂り過ぎが主な原因ですが、アルコールの代謝に伴い血液中の脂質が高くなることもあります。また、プリン体を多く含むビールなどを長期にわたって大量に摂取すると高尿酸血になる可能性があり、痛風の危険因子となります。[alcoholic-navi.jp]

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドローム(英: Metabolic syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言われる。[ja.wikipedia.org] そして、1988年、Reavenによって生活習慣病の三大要素(高血圧・糖代謝異常脂質代謝異常)がインスリン抵抗性を基礎に集積して、心血管疾患を引き起こすという学説が、「Syndrome X」として報告され、その翌年にKaplanが男性型肥満を加えて「死の四重奏」と命名したのを契機に、インスリン抵抗性症候群の研究が盛んとなり、1993年、Hotamisligil[ja.wikipedia.org] 1951年、Jouve、Vagueらは男性型肥満が心血管疾患の原因になることを指摘したが、1981年、Rudermannらは正常体重でも肥満の人と同様に心血管疾患になりやすい(MONW)人が存在し、これが高インスリン血によるであろうと報告した。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    生活習慣病(高血圧・脂質異常など) 高血圧、脂質異常(LDL/HDLコレステロール値・中性脂肪の異常)、痛風(高尿酸血症)、骨粗鬆症、メタボリック症候群など生活習慣病の治療を行います。 甲状腺疾患(バセドウ病・橋本病など) 甲状腺機能低下症・亢進症などの治療や、腫瘍の診断をします。[suimintaisya-shinjuku.jp] したがって、動脈硬化を予防するためには、糖尿病の治療はもちろんのこと、肥満や高血圧、脂質異常など、他の生活習慣病も同時に治療していくことが大切です。[ohnishi-naika.clinic] 大血管症 高血糖は、血管がかたくなったり、狭くなったりする、「動脈硬化」(いわゆる「血管の老化」)を進める原因にもなります。 高血糖のほかに、高血圧や脂質異常(悪玉コレステロール[LDLコレステロール]が高い、中性脂肪[TG・トリグリセリド]が高いなど)、肥満、喫煙、加齢も動脈硬化症につながります。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 家族性高コレステロール血症

    「ひとこと回答」でお話した通り、通常の脂質異常と家族性高コレステロール血には、決定的な違いがあります。脂質異常の多くは、生活習慣が要因となって引き起こされる疾患です。しかし、家族性高コレステロール血症は、遺伝的な要因によって血中のLDLコレステロール値が異常に高くなる病気です。[kango-oshigoto.jp] NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 脂質異常 脂質異常の病気・症状解説 遺伝性の脂質異常 家族性高コレステロール血症とは 家族性高コレステロール血症とは 家族性高コレステロール血症は、遺伝子異常が原因で悪玉LDLコレステロールの値が特別に高くなる病気です。[nhk.or.jp] 動脈硬化学会専門医 2名を中心に、高LDLコレステロール血、高中性脂肪血、低HDL-コレステロール血といった脂質異常の診断、治療、日常管理を行っています。遺伝性の 脂質異常 が疑われる場合は、適切な検査ツールを選択し確定診断に繋げていきます。[kawasaki-hospital-kobe.or.jp]

  • 肥満

    いつでも食べたい物が手に入る豊かな時代になり、肥満による健康問題が増えています。近年は欧米だけでなく、中国などのアジア諸国でも肥満が急増中。日本では成人における肥満の割合は約30%。最近30年間の推移を見ると、成人男性の肥満が増え続けています。健康を支える上で肥満に対する対策が課題となっているなか、日本肥満学会によって「肥満症の診断基準」の見直しが行われ、2011年9月、11年ぶりに新しい診断基準が示されました。[…][healthcare.omron.co.jp]

  • 動脈硬化症

    最近では本の危険因子の一つとして考えられている脂質異常や、その脂質異常を招く元となっている内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積)の上に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が集積した状態にあって動脈硬化を急速に進行させるといわれるメタボリックシンドロームについての研究が盛んである。[ja.wikipedia.org] 閉塞性動脈硬化の危険因子 閉塞性動脈硬化の原因となり、悪化させる危険因子は喫煙、糖尿病、高血圧脂質異常、慢性腎不全などが挙げられます。 喫煙者が閉塞性動脈硬化症になると、非喫煙者に比べ、間歇性跛行が生じる割合が約3倍も高まるといわれています。[mikami-naika-clinic.jp] 確かな医療・健康情報を NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 閉塞性動脈硬化症 閉塞性動脈硬化症のセルフチェック 閉塞性動脈硬化症のリスク 解説いただいた専門家 閉塞性動脈硬化症になりやすい人 閉塞性動脈硬化症に注意が必要なのは、65歳以上の高齢者、50歳 64歳の喫煙者で糖尿病がある人、脚の痛みや歩行障害がある人、高血圧や脂質異常[nhk.or.jp]

  • 高尿酸血症

    脂質異常) 糖尿病 高尿酸血症 動脈硬化 血管年齢 肺年齢 栄養指導 胃カメラ ピロリ菌 超音波検査 ED治療 健診 予防接種 保険外診療[0473160055.com] 脂質異常の症状 脂質異常の症状 血液中の尿酸値が高いだけであれば無症状です。しかし、時に 飲酒や強いストレス がきっかけになって、痛風発作や尿路結石を引き起こすことがあります。また、長い年月のうちに徐々に腎臓の働きが悪くなる(痛風腎)ことがあります。[ryu-naika.or.jp] 血清尿酸値の高い方は、メタボリックシンドローム(肥満、脂質異常、耐糖能異常、高血圧症など)の頻度が高くなります。メタボリックシンドロームは、動脈硬化疾患の発症に関与しているので、注意が必要です。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • アルコール性肝疾患

    アルコール依存症が背景にある人が多く、この場合アルコール依存の専門治療も必要です。 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH: nonalcoholic steatohepatitis)は、 過食 ・運動不足・ 肥満(特に内臓脂肪型) ・ 糖尿病 ・ 脂質異常 などに合併した脂肪肝を背景として発症する肝炎です。[e-healthnet.mhlw.go.jp] NAFLDとメタボリックシンドローム NAFLDの患者さんたちは内臓脂肪性肥満、糖尿病、脂質異常、高血圧に同時にかかっている場合も多く、当院のデータでも脂肪肝の人はメタボリックシンドロームの合併率が高いことが示されています(図3)。脂肪肝を予防し、あるいは治療することはメタボリックシンドロームを治療することに他なりません。[ojihosp.or.jp] 非飲酒の人の脂肪肝を非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼びますが、その多くが肥満、糖尿病、脂質異常などを伴っています。このNAFLDの中に、細胞内に脂肪滴など脂肪沈着のみみられる“いわゆる脂肪肝”と、さらに細胞壊死や繊維化がみられる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)があります。 NASHの確定診断は肝臓の針生検で行います。[self-medication.ne.jp]

さらなる症状