Create issue ticket

考えれる6県の原因 脂肪萎縮症

  • 2型糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糸球体腎炎

    糸球体腎炎 (しきゅうたいじんえん、 英語 : Glomerulonephritis )は、腎疾患の一つで 腎臓 の 炎症 の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、 間質性腎炎 、および 腎盂腎炎 に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 (Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群 (Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎 (Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    二次的にインスリン抵抗性を起こす病態 [ 編集 ] 肥満 B型インスリン受容体異常 妖精 脂肪萎縮症候群 先端巨大 クッシング症候群 原発性アルドステロン症 褐色細胞腫 肝硬変 その他…ストレス、感染、 妊娠 、内服 ステロイド 脚注 [ 編集 ] Taniguchi A et al.[ja.wikipedia.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脂肪萎縮症

    リポジストロフィーとは、身体の脂肪組織の異常あるいは老化(退行)の症状が特徴の疾患である。("Lipo"はギリシャ語で"脂肪"を、"dystrophy"は"異常あるいは老化(退行)の症状"を意味する)。より特定の用語としてリポアトロフィーは一箇所(たいてい顔)の脂肪の損失を表すときに使われる。この症状は骨硬化症を誘発するレプチン代謝の欠乏というもうひとつの特徴がある。[ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    萎縮性側索硬化(ALS)の食事・栄養について 私たちは毎日炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミンなどの栄養素と水分を十分にとる必要があります。ALS患者さんの場合、次のようなことがもとでこれらの栄養や水分が不足しがちになります。第1には、のみ込む働きそのものが悪くなること(嚥下障害と言います)です。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状