Create issue ticket

考えれる526県の原因 脂肪萎縮症

  • 2型糖尿病

    第53回欧州糖尿病学会(EASD) 肥満のある2型糖尿病の人は、カロリーを適切に調整した食事と運動を続ければ、糖尿病が「治った」状態を維持できるという研究が発表された。 2型糖尿病に共通する病態 英国のニューカッスル大学のロイ テイラー教授は約40年間、糖尿病について研究しており、9月にリスボンで開催された欧州糖尿病学会(EASD 2017)で最新の研究成果を発表した。研究は、医学誌「ブリティッシュ メディカル ジャーナル」に発表された。 テイラー教授によると、2型糖尿病には共通する病態があるという。 ・[…][dm-net.co.jp]

  • 糸球体腎炎

    糸球体腎炎 (しきゅうたいじんえん、 英語 : Glomerulonephritis )は、腎疾患の一つで 腎臓 の 炎症 の一つ。 腎臓の炎症である腎炎は病理組織学的に炎症の首座がどこにあるかによって、糸球体腎炎、 間質性腎炎 、および 腎盂腎炎 に分類される。主に糸球体に炎症反応がみとめられるものを糸球体腎炎と呼ぶ。 種類 [ 編集 ] 急性糸球体腎炎 (Acute glomerulonephritis) 急速進行性腎炎症候群 (Rapidly progressive glomerulonephritis) 慢性糸球体腎炎 (Chronic glomerulonephritis) 急性糸球体腎炎 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • 脂肪萎縮症

    Abstract 脂肪萎縮は,先天的あるいは後天的原因により,全身性あるいは部分性に脂肪組織が萎縮・消失する疾患で,インスリン抵抗性を特徴とする糖尿病や高中性脂肪脂肪肝等,肥満と酷似した合併症を発症する.これまで脂肪萎縮は,治療抵抗性の希少難病として知られてきたが,レプチン補充療法により脂肪萎縮の代謝異常が著明に改善することが[pieronline.jp] 脂肪萎縮の発症は100万人に1人程度と、極めて稀な病気です。2015年に、難病医療費助成制度の対象疾患に指定されました(指定難病)。[shionogi.co.jp] 監修:京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター特任教授 中尾一和先生 脂肪萎縮になると、食欲が落ちているわけではなく、かえって亢進しているのにもかかわらず全身あるいは部分的にやせてきます。ただし部分性脂肪萎縮では、やせが目立たなかったり、部分的に太ったりする場合もあります。[shionogi.co.jp]

  • 過食

    過食(かしょく, Overeating)、食べ過ぎ(たべすぎ)とは、臓器が必要とする以上のエネルギーを、生物が過度に消費すること。体重増加や肥満をまねく。 またビンジ・イーティング(Binge eating)、ドカ食い、むちゃ食いとは無秩序な摂食パターンの一つであり、コントロール不能な摂食エピソードに特徴づけられる。これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症とむちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。ビンジ・イーティングにおいては、当人は限度を超えた量の食物を急速に消費する。ビンジ・イーティングの診断においてはセルフコントロール喪失感が要素となる 神経性大食症[…][ja.wikipedia.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    脂肪萎縮(リポジストロフィー)は、脂肪組織が病的に萎縮又は欠如する疾患である。脂肪萎縮は、高率に糖尿病を発症するため、脂肪萎縮性糖尿病とも呼ばれる。脂肪萎縮は、その成因によって先天性脂肪萎縮と後天性脂肪萎縮に分類され、更に萎縮が生じる部位により全身性脂肪萎縮と部分性脂肪萎縮に分類される。[biosciencedbc.jp] リポジストロフィー E881 *** りぽじすとろふぃー シソーラス PubMed , Scholar , Google , WikiPedia 【類義語】 脂肪異栄養 , 脂肪萎縮 , リポジストロフィ lipodystrophy *** (n*) コーパス lipodystrophic ** (aj) コーパス HIVリポジストロフィー[lsd-project.jp] (皮膚病診療 2003;25:65-68) 脂肪萎縮(リポジストロフィー) 先天性全身型リポジストロフィーは常染色体劣性遺伝疾患で、出生時から全身の脂肪が欠落する稀な疾患。後天性全身型リポジストロフィーは皮膚筋炎や熱性疾患に続発して生じる。両者とも肝腫大、高血糖、高脂血などの何らかの代謝疾患を合併することが多い。[ncgmkohnodai.org]

  • 黒色表皮腫

    抵抗性が強く関与すること,また,脂肪萎縮で認められる黒色表皮腫に対してレプチン補充療法が有効な治療になる可能性が示された.[med.m-review.co.jp] 効能・効果及び用法・用量 効能効果 下記疾患における高血糖、高インスリン血症、黒色表皮腫、多毛の改善 下記疾患における成長障害の改善 用法用量 下記疾患における高血糖、高インスリン血、黒色表皮腫、多毛の改善 インスリン受容体異常A型、インスリン受容体異常B型、脂肪萎縮性糖尿病、妖精、ラブソン・メンデンホール症候群 通常、1回0.1〜[kegg.jp] に合併が多く認められ,その病因としてインスリン抵抗性の関与が想定されている.近年,脂肪萎縮で認められる代謝異常の改善薬として,レプチン補充療法が日本で初めて薬事承認された.本稿では,レプチン補充療法が脂肪萎縮で認められる代謝異常の改善だけではなく,合併する黒色表皮種を著明に改善したことを報告する.これにより,黒色表皮腫の病態にインスリン[med.m-review.co.jp]

  • ウォルフラム症候群

    レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ欠損 シトステロール血 タンジール病 原発性高カイロミクロン血 脳腱黄色腫 無βリポタンパク血 脂肪萎縮 家族性地中海熱 高IgD症候群 中條・西村症候群 化膿性無菌性関節炎・壊疽性膿皮症・アクネ症候群 慢性再発性多発性骨髄炎 進行性骨化性線維異形成症 肋骨異常を伴う先天性側弯症 タナトフォリック[sick.blogmura.com] 自己免疫性出血病XIII シトステロール血 紫斑病性腎炎 脂肪萎縮 修正大血管転位症 徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症 神経細胞移動異常症 神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症 神経フェリチン症 心室中隔欠損を伴う肺動脈閉鎖症 心室中隔欠損を伴わない肺動脈閉鎖症 スタージ・ウェーバー症候群 スミス・マギニス症候群[town.kotoura.tottori.jp] 150 シトステロール血 151 タンジール病 152 原発性高カイロミクロン血 153 脳腱黄色腫 154 無βリポタンパク血 155 脂肪萎縮 156 家族性地中海熱 157 高IgD症候群 158 中條・西村症候群 159 化膿性無菌性関節炎・壊疽性膿皮症・アクネ症候群 160 慢性再発性多発性骨髄炎 161 強直性脊椎炎[metro.tokyo.jp]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    型 140 シトステロール血 31 ウォルフラム症候群 86 クロウ・深瀬症候群 141 紫斑病性腎炎 32 ウルリッヒ病 87 クローン病 142 脂肪萎縮 33 HTLV-1関連脊髄症 88 クロンカイト・カナダ症候群 143 若年性肺気腫 34 ATR-X症候群 89 痙攣重積型(二相性)急性脳症 144 シャルコー・マリー・トゥース[city.tosa.lg.jp] *1 ・シトリン欠損 *2 ・紫斑病性腎炎 *1 ・脂肪萎縮 *1 ・若年性特発性関節炎 ・若年発症型両側性感音難聴 *1 ・シャルコー・マリー・トゥース病 ・重症筋無力症 ・修正大血管転位症 *1 ・ジュベール症候群関連疾患 *1 ・シュワルツ・ヤンペル症候群 ・徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症 *1 ・神経細胞移動異常症[kanja.ds-pharma.jp] 141 自己免疫性溶血性貧血 142 四肢形成不全 143 シトステロール血 144 シトリン欠損 145 紫斑病性腎炎 146 脂肪萎縮 147 若年性突発性関節炎 148 若年性肺気腫 149 シャルコー・マリー・トゥース病 150 重症筋無力症 151 修正大血管転位症 152 ジュベール症候群関連疾患 153 シュワルツ・ヤンペル[city.ube.yamaguchi.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    シトリン 欠損、紫斑病性腎炎、脂肪萎縮、若年性肺気腫、シャルコー・マリー・トゥース病、重症筋無力症、修 正大血管転位症、シュワルツ・ヤンペル症候群、徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症、神経細胞 移動異常症、神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症、神経線維腫症、神経フェリチン症、 神経有棘赤血球症、進行性核上性麻痺、[oshiete-pes.com] 型 140 シトステロール血 31 ウォルフラム症候群 86 クロウ・深瀬症候群 141 紫斑病性腎炎 32 ウルリッヒ病 87 クローン病 142 脂肪萎縮 33 HTLV-1関連脊髄症 88 クロンカイト・カナダ症候群 143 若年性肺気腫 34 ATR-X症候群 89 痙攣重積型(二相性)急性脳症 144 シャルコー・マリー・トゥース[city.tosa.lg.jp] 146 シトリン欠損 147 紫斑病性腎炎 148 脂肪萎縮 149 若年性肺気腫 150 シャルコー・マリー・トゥース病 151 重症筋無力症 152 修正大血管転位症 153 シュワルツ・ヤンペル症候群 154 徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症 155 神経細胞移動異常症 156 神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん[city.itabashi.tokyo.jp]

さらなる症状