Create issue ticket

考えれる6県の原因 脂肪脊髄嚢瘤

  • 総排泄腔外反

    Pediatr Surg Int. 2014 May 11. Introduction 総排泄腔外反症における、初回手術における共通の間違いは、回腸瘻を作成することである 回腸瘻は大腸を機能させず、尿路と繋がったままになる 将来pull-through術を施行できるようにするために再手術が必要である Methods 対象:新生児期に不適切な手術を施行され、再手術を施行した19例 方法:診療録を用いた後方視的検討 Results 結腸断端を尿路から分離して骨盤内から挙上、尿路と便の流れを分離 回腸瘻を閉鎖し単口式で結腸瘻を作成する 女児15例、 男児 4例 * 挙上した結腸は5.5-20cm[…][pediatricsurgery.site]

  • 脊髄硬膜炎

    開放性脊髄/開放性脊髄髄膜瘤 / 相田典子 4. 半側脊髄(髄膜)瘤 / 相田典子 5. 脂肪脊髄瘤/脂肪脊髄髄膜瘤 / 相田典子 6. 硬膜内脂肪腫 / 相田典子 7. 終糸線維脂肪腫 / 相田典子 8. 背側皮膚洞 / 相田典子 ・ 柳下 章 9. 類皮腫/類上皮腫 / 相田典子 10. 終末脊髄嚢胞瘤 / 相田典子 11.[dear-medic.jp]

  • 脊髄正中離開症

    硬膜内嚢胞性奇形腫 ・脊髄円錐部上衣腫の髄液播種 ・放射線誘発による悪性線維性組織球症 ・硬膜外髄膜腫(胸椎) ・腰椎類皮嚢腫再発 ・硬膜内神経鞘腫(頸髄) ・神経節神経腫 ・硬膜外血管脂肪腫 ・原発性中枢神経系リンパ腫 ・脊髄円錐の過誤腫(神経線維腫症 1 型) C.先天性疾患・発生異常 ・脊髄正中離開症 ・水髄症を伴う Chiari II 型奇形 ・脂肪脊髄髄膜[molcom.jp] ・椎弓峡部分離症を伴う脊椎辷り症 ・歯突起骨 ・側方髄膜瘤(胸椎) ・非癒合副骨 ・Tarlov 腫 ・仙骨退縮症候群 ・Chiari I 型奇形(治療前, 治療後) ・頭蓋底陥入症 ・前部仙骨髄膜瘤 ・皮膚洞を伴う成人脊髄係留症候群 ・腸原性嚢腫 ・Chiari I 型奇形と脊髄空洞症を伴う扁平頭蓋底 ・前部仙骨髄膜瘤 ・脊髄正中離開症[molcom.jp]

  • 多発性仙骨血管腫 - 先天性異常症候群

    開放性脊髄/開放性脊髄髄膜瘤 / 相田典子 4. 半側脊髄(髄膜)瘤 / 相田典子 5. 脂肪脊髄瘤/脂肪脊髄髄膜瘤 / 相田典子 6. 硬膜内脂肪腫 / 相田典子 7. 終糸線維脂肪腫 / 相田典子 8. 背側皮膚洞 / 相田典子 ・ 柳下 章 9. 類皮腫/類上皮腫 / 相田典子 10. 終末脊髄嚢胞瘤 / 相田典子 11.[dear-medic.jp] 硬膜内嚢胞性奇形腫 ・脊髄円錐部上衣腫の髄液播種 ・放射線誘発による悪性線維性組織球症 ・硬膜外髄膜腫(胸椎) ・腰椎類皮嚢腫再発 ・硬膜内神経鞘腫(頸髄) ・神経節神経腫 ・硬膜外血管脂肪腫 ・原発性中枢神経系リンパ腫 ・脊髄円錐の過誤腫(神経線維腫症 1 型) C.先天性疾患・発生異常 ・脊髄正中離開症 ・水髄症を伴う Chiari II 型奇形 ・脂肪脊髄髄膜[molcom.jp] ・椎弓峡部分離症を伴う脊椎辷り症 ・歯突起骨 ・側方髄膜瘤(胸椎) ・非癒合副骨 ・Tarlov 腫 ・仙骨退縮症候群 ・Chiari I 型奇形(治療前, 治療後) ・頭蓋底陥入症 ・前部仙骨髄膜瘤 ・皮膚洞を伴う成人脊髄係留症候群 ・腸原性嚢腫 ・Chiari I 型奇形と脊髄空洞症を伴う扁平頭蓋底 ・前部仙骨髄膜瘤 ・脊髄正中離開症[molcom.jp]

  • 脳神経外科手術

    二分脊椎 3.1 顕在性二分脊椎 3.2 背部の先天性皮膚洞 3.3 腰仙部脊髄脂肪腫 4. くも膜腫 5. 狭頭症 6. 脊髄空洞症 7. 脳 8. 頭蓋頸椎異常 感染症 1. 脳膿瘍 2. 髄膜炎後水頭症 3. シャント感染 4. 硬膜下膿瘍 手術の低侵襲化 1. 安全で,完全で,低侵襲の脳神経外科手術に向けて 2. [asakura.co.jp]

  • 神経腸管嚢腫

    開放性脊髄/開放性脊髄髄膜瘤 / 相田典子 4. 半側脊髄(髄膜)瘤 / 相田典子 5. 脂肪脊髄瘤/脂肪脊髄髄膜瘤 / 相田典子 6. 硬膜内脂肪腫 / 相田典子 7. 終糸線維脂肪腫 / 相田典子 8. 背側皮膚洞 / 相田典子 ・ 柳下 章 9. 類皮腫/類上皮腫 / 相田典子 10. 終末脊髄嚢胞瘤 / 相田典子 11.[dear-medic.jp]

さらなる症状