Create issue ticket

考えれる1,239県の原因 脂肪肝

  • 肥満

    肥満に関連する悪性疾患に「4つのがん」を記載 肥満に関連する脂肪のひとつで、お酒を飲まない人に発症する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は内臓脂肪と関連が深く、この病態から肝硬変やがんに進展することがわかっています。さらに、最近の研究において胆道がん、大腸がん、乳がん、子宮内膜がんは、肥満の人に発症や再発が多いと報告されています。[healthcare.omron.co.jp] 症候群や皮下脂肪型肥満では肝硬変の原因となり、合併症の性脳症になったり、末期の大腸がん及び乳癌及び子宮癌の場合は脳転移になったりする場合もあり、最悪な場合は死に至る。[ja.wikipedia.org] 脂肪細胞が肥大化すると、特に内臓に存在する脂肪細胞から遊離脂肪酸が遊離される。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    世界では過剰な飲酒によってアルコール性障害(脂肪、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断 過剰な飲酒の継続によって、まずアルコール性脂肪となりやがてアルコール性肝炎を発症します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 消化器の病気 消化器の病気では、疾患が代表的です。常習的に大量の飲酒を続けると、まず脂肪を起こします。脂肪の段階では自覚症状がなく飲酒をやめれば肝臓の状態は良くなります。しかし、飲酒を続けるとることにより、アルコール性肝炎やアルコール肝線維症となり、発熱や腹痛の自覚症状が出てきます。[alcoholic-navi.jp] なお、アルコール依存症の大部分が臓器障害として機能障害、胃腸障害、心障害、膵(すい)障害を伴う。肝炎からアルコール脂肪、肝硬変へと進む例がもっとも多い。 治療としては原則として断酒であるが、断酒に強く抵抗する者に対して、戦略的に節酒を当座の目標としつつ、治療関係の継続を優先する場合もある。[japanknowledge.com]

  • メタボリックシンドローム

    Wellenらは内臓脂肪だけに炎症を生じるメタボリック症候群のマウスモデルを作成したが、このモデルでは内臓脂肪の増加は見られず、皮下脂肪脂肪が増加していた。 JASSOが腹囲基準値を決めた方法は論理的に矛盾している。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    糖尿病患者では、脂肪が肝硬変や癌に進行するリスクが高い。「糖尿病なら脂肪になるのは仕方がない」と脂肪を軽視せず、脂肪由来の肝硬変や肝癌を糖尿病の第4の合併症と捉え、それらの発症予防のために早期から適切に対応したい。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp] 他にも脂肪、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org] [安藤貴文・後藤秀実] 糖尿病(ほかの疾患に伴う障害) (7)糖尿病 糖尿病では脂肪を伴うことが多く,非アルコール性脂肪性肝炎(nonalcoholic steatohepatitis:NASH)を発症する危険因子の1つである.一方で,疾患患者における糖尿病合併は肝疾患の進展や肝癌のリスク因子として重要視されている.[kotobank.jp]

  • つわり

    このつらい期間にも意味がある? 妊娠経験のある女性にしか、その本当のつらさはわからないともいわれる、ひどい つわり の症状。実は古くから、つわりと 流産の回避率 には 深い関連性 があるとも指摘されてきましたが、それを科学的に証明することは困難と考えられてきました。 ところが、このほど医学ジャーナルの 「 JAMA Internal Medicine 」 に掲載された論文によると、 つわりがひどい女性ほど、流産をする危険性が下がる とするデータが判明。もちろん、つわりがないからといって、流産の危険が増すというわけではないものの、ひどいつわりにも、妊娠期にプラス面となる 好影響[…][gizmodo.jp]

  • アルコール性肝疾患

    カラダの豆事典 肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる脂肪。今や日本人の4人に1人が脂肪といわれています。従来は軽い病気と考えられてきました。しかし最近、脂肪が肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があり、さまざまな生活習慣病のリスクも高めることがわかってきました。[sawai.co.jp] ①アルコール性脂肪(AFL)の症状 脂肪は、肝臓に脂肪が異常なほど(細胞の30%以上)蓄積されてしまっている状態のことを指します。ヒトの肝臓がフォアグラのような状態になっていると考えればわかりやすいでしょう。脂肪は可逆的(原因を除外すれば元に戻ること)な病態のため、「様々な疾病の前駆状態」に分類されます。[medicalnote.jp] 非アルコール性脂肪疾患は、アルコール性脂肪肝炎と鑑別することが重要だとされています。 非アルコール性脂肪から癌への進行 非アルコール性脂肪から非アルコール性脂肪肝炎を発症、さらに進行することにより、細胞が長期間、破壊し続けることになります。[office-purej.com]

  • 病的肥満

    糖尿病 高血圧 高脂血症・高コレステロール血症 心臓発作・心不全 脳卒中 睡眠時無呼吸症候群 脂肪、胆石、胆嚢炎 胸焼け、胃食道逆流症(GERD) ぜんそく 背中、腰、膝、足首等の体重を支える関節の痛み 脚の血栓(肺へ流れて突然死を引き起こす場合もあります) 妊娠合併症(糖尿病、高血圧、子癇前症等) 月経不順、不妊症 膀胱障害 一部のがんの[bumrungrad.com] プチメモ 脂肪に注意! 肝臓に脂肪が溜まりすぎた状態を脂肪といいます。脂肪の半数以上はBMIが25未満のかくれ肥満の人といわれています。脂肪を放置すると、肝臓の機能が低下し、慢性肝炎となり、やがて脂肪性肝硬変やがんといった、重大な病気へと進行してしまうこともあります。[takeda-kenko.jp] 脂肪細胞の質的異常により起こる疾患 耐糖能障害、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪、月経異常及び妊娠合併症、 肥満関連腎臓病 脂肪細胞の量的異常により起こる疾患 睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群、整形外科的疾患 (2015年04月)[himan.jp]

  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、門脈圧亢進症、細胞癌、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害。 胆石症、胆管細胞癌、胆嚢炎、胆管炎、原発性硬化性胆管炎。 膵炎、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    トップ No.4702 質疑応答 プロからプロへ 脂肪の肝硬変・細胞癌への進展 【Q】 脂肪患者には肝硬変,肝細胞癌に進展しやすい人とそうではない人がいます。進展しやすい人を見わける目安はありますか。また,経過観察はどのようにすればよいでしょうか。ご回答は久留米大学・川口 巧先生に。[jmedj.co.jp] 太田西ノ内病院 消化器科 消化器外来に於いて脂肪は最も頻度の高い疾病です。検診の普及に伴い、機能検査に異常が見られ二次検査に来院される方が多いようです。健康人の肝臓中にも約4%の脂肪分が含まれています。肝臓に含まれる脂肪は中性脂肪が主で、細胞の30%以上に脂肪が蓄積した場合病的と考え脂肪と呼びます。[ohta-hp.or.jp] NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 脂肪 脂肪の病気・症状解説 肝硬変につながる!脂肪の原因と運動や食事で改善する治療法を解説 肝硬変や肝臓の病気を引き起こす「脂肪」とは 脂肪とは、肝臓に脂肪がたまった状態のことをいいます。肝臓の細胞の 約3割以上 に脂肪がたまると脂肪と診断されます。[nhk.or.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    脂肪の分解を促進する。 消化管での糖の吸収を促進する。 リパーゼの活性化によりコレステロールを低下させる。 原因 魚を基本とした缶詰やレバー及び臓物を含有する食餌を食べている猫に多く見られる。[akagawara-vet.com]

さらなる症状

類似した症状