Create issue ticket

考えれる1,297県の原因 脂肪化

  • メタボリックシンドローム

    さらに、2006年、日本の2つの異なる研究グループは、肥満も内臓肥満も脂肪細胞の肥大もないのに脂肪組織の組織像にマクロファージの集積が見られ、メタボリック症候群の病態を呈する動物モデルを報告した。[ja.wikipedia.org] 「自覚症状の緩和」ではなく、合併症予防に目標がおかれ、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。[ja.wikipedia.org] 内臓肥満や超肥満でも脂肪組織の組織像が正常で、メタボリック症候群の病態を伴わない動物モデルや、逆に、肥満も内臓肥満もないのに脂肪組織の組織像が脂肪細胞の肥大・壊死とそれを冠状に取り囲むマクロファージ(炎症性細胞)の集積という肥満症の所見を呈して、メタボリック症候群の病態を伴う動物モデルが報告されてきている。[ja.wikipedia.org]

  • 脂肪肝

    食事、運動療法といった生活習慣への介入により、脂肪肝での血清ALT値や超音波での肝脂肪が改善します。 肥満脂肪肝患者の食事療法では、低カロリー食と脂肪制限食による体重の減少が肝脂肪の改善につながります。三度の食事では野菜からタンパク質、炭水化物の順に食べるよう心がけます。 [kajiwara-cl.jp] 脂肪肝外来 肥満に伴う脂肪肝は一部に脂肪に加え炎症、 線維を認め、非アルコール性脂肪肝炎 (NASH)と呼ばれています。NASHは10年で5 20%の患者 が肝硬変に進行し、肝癌を合併しうるために、早急な病態の解明と治療法の確立が急務です。 当院では、2014年6月より 毎週金曜日午後に脂肪肝外来 を開設しております。[osakacity-hp.or.jp] しかし、消費するエネルギーよりもつくられた脂肪が多くなると、自然と脂肪は蓄積していきます。脂肪肝は、肝細胞の30%以上が脂肪した状態をいいます。 その原因の多くは、アルコールの多量摂取と過食・偏食などです。[chiba-city-med.or.jp]

  • インスリン抵抗性

    研究グループは以前、受容体結合蛋白ATRAP/ Agtrap *1 を内臓脂肪組織で活性させると、高カロリー摂取でおきる脂肪細胞の肥大・炎症およびアンジオテンシン受容体の過剰な亢進状態が是正され、内臓脂肪型肥満とインスリン抵抗性が改善することを報告しました。[yokohama-cu.ac.jp] PPARγが活性すると前駆脂肪細胞から 小型脂肪細胞への分化が促進して肥大した大型脂肪細胞のアポトーシスが起こり生体にとって有利になる様になっています。現在この様な作用をもつ薬が実際 に使われています。[tenshi.or.jp] 肥満 [ 編集 ] 肥満 に見られるような過剰の 脂肪 の蓄積により 脂肪細胞 が肥大すると、特に内臓に存在する脂肪細胞から遊離脂肪酸が遊離される。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンD欠乏症

    胃にバイパス手術を受けた肥満者はビタミンDが吸収される小腸上部の一部がバイパスされているため、脂肪内に貯蔵されたビタミンDが血清中に移行し、長期間のうちに枯渇することがある。そのため、食品やサプリメントから十分なビタミンD摂取をしないと、時間の経過とともにビタミンD欠乏症を発症する可能性がある[ 34, 35 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 膣カンジダ症

    ベルタこうじ生酵素を飲む時にベルタこうじ生酵素は特定の環境でしか活性エネルギーを低くしているため、体内のあらゆる酵素を摂取したが、そんな大切な酵素が促す脂肪の燃焼効果があった箇所は削除させていい酵素が使われています。 ダイエット中ではじめて活性します。[npo-iha.com]

  • ビタミンB12欠乏

    MUT(メチルマロニルCoAムターゼ)は、アデノシルコバラミン型と炭素骨格の再配置(X基は-COSCoA)を触媒する反応型1の異性酵素である。MUTの反応は、メチルマロニルCoAをスクシニルCoAに変換し、タンパク質や脂肪からエネルギーを抽出する重要なステップを担っている。[ja.wikipedia.org]

  • 寒冷暴露

    慢性の寒冷刺激による脂肪組織のベージュ過程におけるエピゲノム解析を行いました。[rcast.u-tokyo.ac.jp] また、白色脂肪組織のベージュでは、寒さの感知によるJMJD1Aのリン酸化(第一段階)、ヒストン脱メチルによるエピゲノムの変化(第二段階)、という機構を介して、「休止中」の脂肪燃焼と熱産生に関わる遺伝子を「活動中」にし、慢性的な寒さに適応することが初めて明らかとなりました。[rcast.u-tokyo.ac.jp] JMJD1A のリン酸化を標的とした脂肪組織のベージュ機構にもとづく生活習慣病の治療・予防法の開発に応用できるものと期待されます。[rcast.u-tokyo.ac.jp]

  • 顎関節炎

    非上皮性腫瘍:血管腫やリンパ管腫、線維腫、脂肪腫、平滑筋腫や神経原性腫瘍など。 2)顎骨に発生する良性腫瘍 歯原性腫瘍:エナメル上皮腫、歯牙腫、歯原性石灰上皮腫、粘液腫など。 非歯原性腫瘍:骨腫、軟骨腫、セメント質形成性線維腫など。[hosp.tohoku.ac.jp]

  • アルコール性肝疾患

    アルコール性脂肪肝の組織像の特徴は、(1)大滴性脂肪、(2)核は脂肪滴に押されて偏在、(3)泡沫脂肪細胞(Foamy fatty change)(微小滴脂肪が全体に存在し、核は中央に存在する)、(4)水腫様腫大細胞(Hydrophilic swelling cell)(細胞全体が腫大するが脂肪滴はない)、などがあります(図2)。[kanen.ncgm.go.jp] アルコール性肝障害の病型 1.アルコール性脂肪肝 :肝小葉の30%以上(全肝細胞の約1/3以上)にわたる脂肪がありその他に顕著な組織学的な変化は見られない。[kurihama-med.jp] 脂肪肝:肝病変の主体が肝障害小葉の3分の1以上にわたる脂肪 3.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 高血圧症

    脂肪細胞が肥大すると、血圧に関連して次のことが起こる。 過剰に分泌されたレプチンが交感神経の活動を亢進させ、血管を収縮させること等により、血圧を上昇させる。 レニン-アンジオテンシン系の活性アンジオテンシノーゲンは肝臓で産生されるが、肥大脂肪細胞からも産生、分泌される。[ja.wikipedia.org] 脂肪細胞 が肥大すると、血圧に関連して次のことが起こる。 過剰に分泌された レプチン が 交感神経 の活動を亢進させ、血管を収縮させること等により、血圧を上昇させる [26] 。 レニン-アンジオテンシン系 の活性 アンジオテンシノーゲンは 肝臓 で産生されるが、肥大脂肪細胞からも産生、分泌される。[ja.wikipedia.org] 血圧以外のリスク要因を加味し下記のように層別される。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状