Create issue ticket

考えれる28県の原因 胸鎖関節痛

  • リウマチ性多発筋痛症

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 五十肩

    五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。正式には肩関節周囲炎(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肩インピンジメント症候群

    診断 肩インピンジメント症候群とは、肩峰(けんぽう)の下と上腕骨大結節部が衝突することにより、腱板がはさまれ、滑液包に炎症を起こし痛みを誘発します。肩峰の形状には個人差があり、インピンジメントを起こしやすい患者さんもいます。 治療 安静、肩甲骨周囲筋のストレッチ、肩甲骨の運動訓練などを行いますが、症状が数ヵ月以上続き日常生活や仕事に支障をきたす場合、関節鏡による手術(除圧術)を行います。関節鏡による手術は約20分で終了するので、簡単な手術です。日常生活には翌日より復帰できます。通常、2泊の入院が必要です。 図で解く整形外科疾患(医学書院)寺山和雄先生 著より 当科における、関節鏡視下除圧術[…][k-24.jp]

  • 肩捻挫

    接骨院(整骨院)の基礎知識をはじめ、接骨院(整骨院)情報などをご紹介します。 ここでは、接骨院(整骨院)でよく聞かれる質問をQ&A形式でご紹介します。 接骨院(整骨院)でよく聞かれる質問 Q 捻挫と脱臼はどう違うの? A 捻挫と脱臼は、スポーツや交通事故などで関節に大きな力が加わり、関節の骨が本来の位置(状態)からずれてしまった状態のケガです。捻挫は、関節の骨が軽くずれた程度で関節包(※)内に留まっている状態のことです。脱臼は、関節の骨が大きくずれ、関節包(※)から飛び出してしまった状態のことです。 ※関節包とは、関節を包み込んで安定させる役割を果たす、関節を構成する組織のひとつです[…][judo-ch.jp]

  • 関節炎

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 筋骨格腰痛

    上腕二頭筋腱炎、石灰化、回旋腱板、骨関節症、 筋筋膜(肩甲下筋)、肩関節、癒着性関節包炎、感染症、小筋、大胸筋など。 また肝臓・胆のうの障害を見抜けなければならないし、心臓疾患の疑いを持つことも必要です。骨折や癌の骨転移にも気付かなければ、オステオパスとは、いえません。[japan-osteopathy.com]

  • 痛風性関節炎

    まれに,股関節,肩関節,仙腸関節関節,または頸椎関節が侵される。痛みは次第に激しくなり,通常数時間にわたって続き,しばしば耐えがたいほどである。腫脹,熱感,発赤,および鋭い圧は感染症を示唆している可能性がある。患部を覆う皮膚は緊張し,熱をもち,光沢を有し,赤色または紫色になることがある。[msdmanuals.com]

  • 膝の関節炎

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別 問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 肋骨骨折

    関節 ペイン 整形外 と首の境で体の軸の真ん中より少し外側に痛み出ます。体の動作や深呼吸でも出ることがあります。急に生じた場合は炎症が考えられます。また体の他の疾患によっても引き起こされることもあります。[pain.jp]

  • 回旋腱板腱炎

    関節の原因になりうる他の部位には,肩関節または関節,頸椎,二頭筋腱,肩甲骨などがある。これらの部位に問題を示唆する圧や変形が生じた場合は,当該部位を評価すべきである。 頸椎から肩関節への関連痛が生じることがあるため(特にC5神経根障害を伴う場合),いかなる肩関節の評価でもその一部として 頸部 を診察する。[msdmanuals.com] 内側、首の前面にある関節から始まります。領域の圧は、外傷性脱臼や変形性関節症を示します。 次に、肩鎖関節を評価します。肩鎖関節の遠位端の近くに感じることができるまでまず鎖骨の全体の長さを触診します。鎖骨遠位端の融解や変形性関節症、肩鎖関節の分離と、優しさを見ることができます。 二頭筋溝の触診に移動します。[jove.com] 上腕二頭筋腱炎、石灰化、回旋腱板、骨関節症、 筋筋膜(肩甲下筋)、肩関節、癒着性関節包炎、感染症、小筋、大胸筋など。 また肝臓・胆のうの障害を見抜けなければならないし、心臓疾患の疑いを持つことも必要です。骨折や癌の骨転移にも気付かなければ、オステオパスとは、いえません。[japan-osteopathy.com]

さらなる症状