Create issue ticket

考えれる6県の原因 胸鎖関節痛

  • リウマチ性多発筋痛症

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 五十肩

    五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。正式には肩関節周囲炎(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肩インピンジメント症候群
  • 肩捻挫
  • 関節炎

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 偽痛風

    付着部炎(腱や靭帯が骨につく部位の炎症)を伴う場合も脊椎関節炎が想起される。背部、腰臀部痛、部痛などが腱や靭帯の痛みの好発部位である。またソーセージ様の両手指のむくみも同様に付着部炎の所見である。 Step7 問診での鑑別問診で特徴ある疾患を想起することができる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状