Create issue ticket

考えれる17県の原因 胸部レントゲンの気胸, 重篤な低酸素血症

  • 肺炎

    抄録 過敏性肺炎のトピックスの1つは特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)と慢性過敏性肺炎の鑑別である.慢性過敏性肺炎の過半数は鳥抗原が原因であるが,多くが潜在性に発症するために診断が困難である.抗原曝露を受ける環境として,鳥飼育以外に羽毛製品に留意する必要がある.慢性過敏性肺炎では特異抗体の陽性率が低く,スクリーニングとして抗原回避試験が有用である.適切な治療により予後の改善を期待できるので,早期の診断が望まれる.[doi.org]

  • 気胸

    気胸の重症度 気胸の程度は以下のように分類されます。 気胸の重症度 軽度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より上にある。 中等度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より下にある。 高度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺の虚脱が著しい。[jikei.ac.jp] 気胸胸部レントゲン所見 気胸レントゲン 発症原因と年齢層 自然気胸は、20歳前後のやせ形の男性に多く、肺表面に肺嚢胞(ブラ;幕の薄い風船)が発生し破裂することにより発症します。続発性気胸は50歳から60歳の男性に多く、肺気腫、間質性肺炎等の基礎肺疾患を有し、脆弱となった肺表面(臓側胸膜)が破綻し発症します。[city.sapporo.jp] 6.治療の流れ 気胸   胸部レントゲン写真   気胸( )  ドレナージ( )  CT   ブラ(ー)  保存治療?[nakagami.or.jp]

  • 肺塞栓症

    肺塞栓症(肺血栓塞栓症・肺梗塞症)とは 肺塞栓症とは、肺動脈に血栓(血液の塊)が詰まる病気です。 一般的な原因の一つとして、脚の静脈血栓(深部静脈血栓症)があり、この血栓が血流にのって心臓を通過し肺動脈へ運ばれ肺塞栓症をおこします。 このため、深部静脈血栓症と肺塞栓症は関係深い病気であり、合わせて「静脈血栓塞栓症」といいます。 肺塞栓症は死亡率が高く、かかりにくい生活を心がけるなど注意が必要です。 1.肺塞栓症の主な症状 息苦しい、胸痛(息の吸い込み時)、冷や汗、動悸、せき、血痰、胸部圧迫感、失神、ショック、下肢の腫れ・痛み、皮膚の変色 2.肺塞栓症の主な原因と予防[…][y-heart.adic.or.jp]

  • 肺気腫

    本日健康診断で胸部レントゲンを撮影した所、異常が認められるのでCTもという事になりました。 結果、気胸と肺気腫との診断でした。たしかに黒い箇所が一か所見えました。 実は2週間ほど前に、胸が苦しい?息がしづらい?自覚症状があり別の病院(その際は呼吸器内科)を受診しレントゲンを撮りましたが、その際には問題ないと言われ安心していました。[cl-tanaka.com]

  • 間質性肺疾患

    他の呼吸器疾患に比べ酸素が目立ち、適切な治療をしないと進行も早くになる場合もあります。 原因がわかるもの(自己免疫疾患:膠原病や関節リウマチ、薬の副作用、放射線治療の副作用、吸入物によるアレルギーや肺胞の障害)と、原因のわからないものに大きくわかれます。原因がわからないものは特発性間質性肺炎と呼ばれ難治性です(図12)。[hosp.tohoku.ac.jp] ・造血肝幹細胞移植に関連したPPFE.1) 19歳AML,移植,2年後に気胸,移植後3年後にDOE.2) 37歳MDS,23歳で骨髄移植,12年後に胸部レントゲン以上,その1年後DOE,2型呼吸不全で死亡.3) 43歳悪性リンパ腫 移植3年後に胸部異常陰影,移植15年後に気胸を併発.これらの例は 前処置でシクロフォスファミド(CP)の使用が[isobe-clinic.com]

  • 自然気胸

    肺水腫が悪化すると、喘鳴や泡沫状の血痰のほか、呼吸困難や酸素を起こします。また、血液減少性ショックによってな状態になることも。酸素療法によって症状は改善しますが、状態によっては人工呼吸器が必要になることもあります。 気胸の検査・診断 胸部X線・胸部CTによって、肺の虚脱や肺胸膜の部分的肥厚、胸水、縦隔気腫の状態を評価します。[kango-oshigoto.jp] 気胸の重症度 気胸の程度は以下のように分類されます。 気胸の重症度 軽度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より上にある。 中等度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より下にある。 高度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺の虚脱が著しい。[jikei.ac.jp] また、同時に左右肺の気胸を起こすと大変です。 気胸の検査 気胸を診断するため、胸部レントゲン検査を行います。胸部レントゲン検査で気胸があることが診断できたら、胸部CT検査を行います。高度の気胸(肺がほぼしぼんでいる)のときは胸部CT検査を行っても、肺の情報が少ないので、肺が膨らんでから胸部CT検査を行います。[jikei.ac.jp]

  • 急性過換気

    肉眼的に明らかなチアノーゼが認められれば動脈血酸素分圧が39 44mmHg以下の酸素が存在していることを示します。 頻呼吸と呼気性喘鳴音は前章を参照ください。 慢性呼吸困難では、徴候としては、前項に示したように、浅速呼吸、努力呼吸、呼気努力、奇異呼吸の4つの呼吸様式の異常で表現します。詳細は前項を参照ください。[sagamigaoka-ac.com] また、呼吸困難や呼吸回数の増加をきたすほかの疾患(たとえば気胸や代謝疾患など)を除外するために、胸部単純レントゲン写真や心電図などの検査がおこなわれることもあります。しかし、発作時の症状や状態から明らかに過換気症候群であると判断される場合も多く、これらは必ずしも必要な検査ではありません。[medicalnote.jp] な場合には,急性酸素に陥る。日本には4,000mを越える高所がないため,網膜出血や急性低酸素血症が発症することはまれである。 診療所登山のコツ これまでの記載でわかるように,急速に高度を上げることが高山病につながります。したがって,2日目は横尾を早く出発し,涸沢で十分に休息してから診療所まで登ると良いと思われます。[med.gifu-u.ac.jp]

  • 胸水を伴った気胸

    肺水腫が悪化すると、喘鳴や泡沫状の血痰のほか、呼吸困難や酸素を起こします。また、血液減少性ショックによってな状態になることも。酸素療法によって症状は改善しますが、状態によっては人工呼吸器が必要になることもあります。 気胸の検査・診断 胸部X線・胸部CTによって、肺の虚脱や肺胸膜の部分的肥厚、胸水、縦隔気腫の状態を評価します。[kango-oshigoto.jp] 6.治療の流れ 気胸   胸部レントゲン写真   気胸( )  ドレナージ( )  CT   ブラ(ー)  保存治療?[nakagami.or.jp] 気胸の重症度 気胸の程度は以下のように分類されます。 気胸の重症度 軽度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より上にある。 中等度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より下にある。 高度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺の虚脱が著しい。[jikei.ac.jp]

  • 血気胸

    肺水腫が悪化すると、喘鳴や泡沫状の血痰のほか、呼吸困難や酸素を起こします。また、血液減少性ショックによってな状態になることも。酸素療法によって症状は改善しますが、状態によっては人工呼吸器が必要になることもあります。 気胸の検査・診断 胸部X線・胸部CTによって、肺の虚脱や肺胸膜の部分的肥厚、胸水、縦隔気腫の状態を評価します。[kango-oshigoto.jp] 6.治療の流れ 気胸   胸部レントゲン写真   気胸( )  ドレナージ( )  CT   ブラ(ー)  保存治療?[nakagami.or.jp] 気胸の重症度 気胸の程度は以下のように分類されます。 気胸の重症度 軽度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より上にある。 中等度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん:肺の頂上)が鎖骨より下にある。 高度気胸 胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺の虚脱が著しい。[jikei.ac.jp]

  • 人工気胸

    肺水腫が悪化すると、喘鳴や泡沫状の血痰のほか、呼吸困難や酸素を起こします。また、血液減少性ショックによってな状態になることも。酸素療法によって症状は改善しますが、状態によっては人工呼吸器が必要になることもあります。 気胸の検査・診断 胸部X線・胸部CTによって、肺の虚脱や肺胸膜の部分的肥厚、胸水、縦隔気腫の状態を評価します。[kango-oshigoto.jp] 気胸胸部レントゲン所見 気胸レントゲン 発症原因と年齢層 自然気胸は、20歳前後のやせ形の男性に多く、肺表面に肺嚢胞(ブラ;幕の薄い風船)が発生し破裂することにより発症します。続発性気胸は50歳から60歳の男性に多く、肺気腫、間質性肺炎等の基礎肺疾患を有し、脆弱となった肺表面(臓側胸膜)が破綻し発症します。[city.sapporo.jp] 6.治療の流れ 気胸   胸部レントゲン写真   気胸( )  ドレナージ( )  CT   ブラ(ー)  保存治療?[nakagami.or.jp]

さらなる症状