Create issue ticket

考えれる21県の原因 胸腺ホルモン減少

  • 亜鉛欠乏症

    亜鉛欠乏症は多くの免疫機能に悪影響をもたらし、特定のサイトカインの生成減少、亜鉛依存性の酵素や転写因子の活性低下、およびT細胞の機能に重要な亜鉛依存性胸腺ホルモンであるサイムリンの活性低下に至る (38) 。その結果、亜鉛欠乏症の個人は多様な病原体に感染しやすくなることが知られている (39) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 感染症による貧血

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 再生不良性貧血

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 難治性貧血

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 後天性溶血性貧血

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    2,3,7,8-TCDDに暴露したヒトや実験動物の場合に観察される兆候と症状には、体重減少(消耗性症候群)、胸腺萎縮、肝臓代謝障害、心筋障害、性ホルモンや甲状腺ホルモン代謝並びにコレステロール等脂質代謝への影響、皮膚症状として塩素ざそう(クロロアクネ)、さらに学習能力の低下をはじめ中枢神経症状などがある。[env.go.jp]

  • 軟骨骨異形成症-腎炎症候群

    胸腺リンパ球減少(thymolymphopenia) ARまたはAD 副甲状腺ホルモン受容体( PTHR ),X型コラーゲン( COL10A1 ) 多発性骨端異形成症 軽度の低身長症,正常な脊椎および顔貌,ときに短く太い指,股関節形成不全(しばしば最初の症状) 非常に不均一 ARまたはAD solute carrier family 26[msdmanuals.com] […] member 2( SLC26A2 ) 軟骨低形成症 軟骨無形成症の症状があるが軽度 AD 線維芽細胞増殖因子受容体3( FGFR3 —全例ではない) 中間肢異形成症(mesomelic dysplasia)* 主に前腕および脛部の短縮 正常な顔貌および脊椎 ADまたはAR 同定されていない 骨幹端軟骨異形成症 † 一部の型で,吸収不良,好中球減少[msdmanuals.com]

  • 重度の再生不良性貧血

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 急性転化期

    に対して使用する造血ホルモンです 抗胸腺細胞グロブリンやシクロスポリンと併用することもあります。[ymghp.jp] 出現します ときに、重篤なアレルギー反応(アナフィラキシーという)、全身性紅斑、むくみ、腎障害などの副作用があります 奏効率は単独で30〜40%で、通常は1、2ヶ月で効果が出ますが、効果発現までに3〜6ヶ月を要することもあります シクロスポリンとの併用で奏効率が60 70%に高まります ④ 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)療法 白血球減少[ymghp.jp]

  • 無嗅覚症

    亜鉛欠乏症は多くの免疫機能に悪影響をもたらし、特定のサイトカインの生成減少、亜鉛依存性の酵素や転写因子の活性低下、およびT細胞の機能に重要な亜鉛依存性胸腺ホルモンであるサイムリンの活性低下に至る (38) 。その結果、亜鉛欠乏症の個人は多様な病原体に感染しやすくなることが知られている (39) 。[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状