Create issue ticket

考えれる290県の原因 胸水, 胸痛, 頸静脈怒張

  • うっ血性心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org] Killip I ポンプ失調 (–)、心不全なし Killip II 背面1/2で湿性ラ音、軽症心不全(ラ音、III音、静脈怒張) Killip III 全肺野で湿性ラ音、肺水腫 Killip IV 心原性ショック フォレスター分類 (Forrester Hemodynamic Subsets) は、James S.[ja.wikipedia.org]

  • 心不全

    血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。[ja.wikipedia.org] Killip I ポンプ失調 (–)、心不全なし Killip II 背面1/2で湿性ラ音、軽症心不全(ラ音、III音、静脈怒張) Killip III 全肺野で湿性ラ音、肺水腫 Killip IV 心原性ショック フォレスター分類 (Forrester Hemodynamic Subsets) は、James S.[ja.wikipedia.org]

  • 心筋疾患

    病状が進行すると浮腫・湿性咳嗽・静脈怒張などの身体症状を伴う重篤なうっ血性心不全や治療抵抗性の不整脈を起こす。診断されてからの5年生存率は54%、10年生存率は36%とされていたが、最近では治療の進歩により5年生存率は76%と向上している。しかし突然死もまれではない。[ja.wikipedia.org] 左心不全症状 動悸 胸痛(狭心痛) 失神 二峰性脈 閉塞性肥大型心筋症においては、下記のような所見が見られる。 聴診 胸骨左縁 第3、4肋間から心尖部を中心として、収縮期駆出性雑音、IV音を聴取する。 心電図 左室肥大、異常Q波、ST-T変化、巨大陰性T波(apical HCMの特徴)が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺塞栓症

    シンポジウム(肺塞栓症と医療訴訟) 心電図が決め手であったのに:「心筋梗塞」と誤診されてしまった2剖検例 ジャーナル フリー 2011 年 43 巻 7 号 p. 1045-1047[doi.org]

  • 心嚢液貯留
  • 上大静脈症候群
  • 慢性収縮性心膜炎
  • 胸水

    が0.6を超える 胸水のLDHが血清LDHの基準値上限の3分の2を超えるのうちひとつ以上を満たす場合に滲出性胸水と呼ぶ。[ja.wikipedia.org] 胸水が貯留すると、息切れ、胸痛、咳、しゃっくり、腹痛、関節強直が見られ、聴診(肺胞呼吸音の減弱ないし消失、山羊音の聴取)・打診(濁音)・触診(声音震盪)上異常所見が得られることがある。胸部レントゲン写真、胸部MRIや胸部CT、エコーによって診断を行う。 胸水の原因となる疾患の治療がまず大前提となる。[ja.wikipedia.org] 胸腔内には肺などの呼吸器が多く含まれるため、気胸を起こす可能性もあるため、かえって胸水を増悪させる。気胸を防ぐため、抜いた胸水を濃縮して再び胸腔や静脈に戻すこともある。 胸腔内に貯留する胸水をコントロールするために使用される。胸水中の栄養分を捨てることなく再吸収力の高い腹腔内に誘導する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 頸静脈怒張
  • 胸膜炎

    胸の痛み(胸水が溜まることによる) 呼吸困難(胸水が溜まることによる) 発熱 咳・痰 など 癌による胸膜炎(がん性胸膜炎) 肺癌をはじめとするほかの部位にできたがんの転移などによるもの 結核菌による胸膜炎 肺結核をはじめとして結核菌によるもの その他の疾患による胸膜炎 肺炎や肺の化膿など肺に細菌が感染したことに伴うもの 慢性関節リウマチなどに[ja.wikipedia.org] 伴うもの 心臓疾患や肺疾患に伴うもの など 胸水を検査するなどして胸膜炎の原因となる疾患を特定し、その疾患を治療することに重点がおかれる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 頸静脈怒張
  • リンパ脈管筋腫症

    乳び胸水や腹水に対して、内科的または外科的治療が行われます。まれに腎血管筋脂肪腫から出血することもあり、血管塞栓術や外科的処置が必要になることがあります。呼吸不全が進行した場合、肺移植の対象になりますが、肺移植の後にLAMが再発したとの報告があります。[nanbyou.or.jp] また、肺が破れて空気が漏れる 気胸 を生じることがあり、胸痛や呼吸困難がみられます。気胸はしばしば初発の症状としてみられ、再発を繰り返す場合があります。乳びと呼ばれるリンパ液が胸水や腹水となって貯留することがあり、それに伴う呼吸困難や腹満を認めることがあります。腎臓に 血管筋脂肪腫 という腫瘍を生じることがあります。[nanbyou.or.jp] 経過中に気胸、乳び胸水・腹水、腎血管筋脂肪腫などの合併症に対して治療が必要となる事があります。日本の疫学調査では、10年後、85%の患者さんが生存されていました。平成21 24年度に特定疾患の新規の医療受給者としてデータ登録された390人のLAM患者さんのうち、約2割において 在宅酸素療法 が行われていました。[nanbyou.or.jp]

    不足: 頸静脈怒張

類似した症状