Create issue ticket

考えれる39県の原因 胸水を伴った気胸

  • 肺結核

    “過去の病気”と思われている病気の中には、思い込みにすぎないものもある。 2009年、女性お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんが肺結核を患い、大きなニュースとなったが、肺結核を知らない人も意外に多かったようである。 戦前戦後、日本人の死因第一位だった肺結核。どんどん死亡者数は少なくなったものの、世界的に見ると、今も日本は「中蔓延国」だ。2007年は新しく肺結核を発症した患者2万5311人で、人口10万人あたりの羅患率は19.8人。他国の羅患率はカナダ4.4人、アメリカ4.5人、スウェーデン5.4人といった状況なので、中蔓延国という表現も妥当だろう。[…][president.jp]

  • 胸膜中皮腫

    悪性胸膜中皮腫の診断や治療方法 1)診断までの過程 現在悪性胸膜中皮腫の診断として、まず胸部レントゲン写真を撮影し、その読影で異常な陰影が認められる場合に胸部CT写真が行われています。胸水が貯留していた場合は、細胞診の検査を外来で行う場合もあります。画像的に肺癌及び胸膜中皮腫が疑わしい場合に、通常検査入院を実施し、気管支鏡下気管支や肺の生検、胸腔鏡下胸膜生検及び肺生検を実施し病理学的診断を確定させています。悪性胸膜中皮腫の診断は容易でない時もあり、しばしば数ヶ月の経過観察後に中皮腫としての診断が確定される場合もあります。 2)病理診断[…][himawari-clinic.jp]

  • 胸水を伴った気胸

    中等度以上の気胸で空気漏れが1週間以上継続したとき、肺の再膨張が困難なときには手術の適応になります。また気胸早期に胸水伴う場合には血胸の可能性があり緊急手術を要することもあります。 気胸は保存的に治癒しても30 50%は再発します。また気胸の手術は、破裂したブラやブレブを切除する必要があるので発症時に行います。[nagasaki.med.or.jp] 膵胸膜瘻による膵性胸水と診断した.また気胸の原因は,胸腔内薬液注入により気管支胸膜瘻(Bronchopleural fistula以下BPF)によるものと確認された.臨床経過は,膿胸を合併したが,胸腔ドレナージ,絶食,抗酵素療法,薬物による膵外分泌の抑制等の保存的治療により軽快した.膵性胸水に気胸を併発した症例は希であり,膵性胸水および気管支胸膜瘻[journal.kyorin.co.jp] 症例は49歳男性で,主訴は乾性咳嗽と労作時呼吸困難.大酒家で,仮性膵嚢胞を伴うアルコール性慢性膵炎で治療中.胸部レントゲン写真で右胸腔にニボーを伴う大量胸水を認め,精査加療目的で入院となった.胸水中アミラーゼが20,955IU/l(P型100%)と高値を示し,腹部CTで膵体尾部の仮性嚢胞から胸腔内に連続する内瘻が確認されたため,慢性膵炎に伴う[journal.kyorin.co.jp]

  • 内側性硬化症

    胸部X線検査により散在性の網状陰影が示され、CT検査では浸潤影や嚢胞性変化を伴うびまん性の間質性変化が明らかになる。気胸および乳び胸水が発生する場合がある。疾患が進行して呼吸不全や死亡に至ることもある。[grj.umin.jp]

  • 遺伝性平滑筋腫症と腎細胞癌

    主として妊娠可能年齢の女性に発症し、進行に伴って労作時呼吸困難、咳嗽、血痰、乳び胸水などの症状や所見が出現し、自然気胸を反復することが多い。腎臓などに血管筋脂肪腫を合併することがある。肺病変が進行すると呼吸機能が低下し呼吸不全を呈するが、進行の速さは症例ごとに多様である。[nanbyou.or.jp] 主として妊娠可能年齢の女性に発症し、進行に伴って労作時呼吸困難、咳嗽、血痰、乳び胸水などの症状や所見を認める。自然気胸を反復することが多く、女性自然気胸の重要な基礎疾患のひとつである。腎臓などに血管筋脂肪腫(病理学的に平滑筋様細胞のほか脂肪細胞と血管成分とを含む)を合併することがある。[irdph.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    膿胸(症) 胸膜のその他の疾患(J90-J94) J90_胸水,他に分類されないもの J93_気胸 J93.1_その他の自然気胸 J93.9_気胸,詳細不明 J94_その他の胸膜病態 J94.0_乳び〈糜〉(胸膜)滲出 J94.2_血胸 呼吸器系のその他の疾患(J96-J98) J96_呼吸不全,他に分類されないもの J96.0_急性呼吸不全[e-stat.go.jp] 間質性肺疾患 J84.1_肺線維症を伴うその他の間質性肺疾患 J84.1B_特発性間質性肺炎(慢性型) J84.1C_その他 J84.9_間質性肺疾患,詳細不明 下気道の化膿性及びえ〈壊〉死性病態(J85-J86) J85_肺及び縦隔の膿瘍 J85.1_肺炎を伴う肺膿瘍 J85.2_肺炎を伴わない肺膿瘍 J86_膿胸(症) J86.9_瘻(孔)を伴わない[e-stat.go.jp]

  • リンパ脈管筋腫症

    また、肺が破れて空気が漏れる‘気胸’、胸やお腹に水が貯まる‘乳糜(にゅうび)胸水、腹水’を合併することもあり、それに伴う胸痛、呼吸困難、腹満を認めることがあります。腎臓の血管筋脂肪腫から出血を認めることもあります。結節性硬化症では、LAMによる症状の他に、てんかん、皮膚病変など結節性硬化症による症状も認められます。[soumura-roumukanri.jp] 気胸を合併したり、乳びと呼ばれるリンパ液が胸水や腹水となって貯留すると、それに伴って胸痛、息切れ、腹部の膨満をきたすことがあります。 【診断】 妊娠可能な女性に、胸部CTで境界明瞭な嚢胞性病変が両肺に広範に認められ (図1) 、肺などの病変から病理学的にLAM細胞が証明されれば、確定診断となります。[jrs.or.jp]

  • 心因性咳嗽

    乾性咳嗽…痰を伴わない咳。[hsp.ehime-u.ac.jp] 気道の炎症(急性上気道炎、急性気管支炎、気管支喘息、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎)、胸膜への刺激(胸膜炎、胸水気胸)、気道への刺激(乾燥、タバコ、塵を吸い込む、刺激性ガス、声帯の酷使、後鼻漏、気管・気管支異物)、間質性肺炎、過敏性肺臓炎、肺気腫、塵肺、肺癌、アレルギー性咽喉頭炎、喉頭痙攣、外耳疾患、迷走神経刺激、ACEアンジオテンシン[hsp.ehime-u.ac.jp]

  • 血管筋脂肪腫

    主として妊娠可能年齢の女性に発症し、進行に伴って労作時呼吸困難、咳嗽、血痰、乳び胸水などの症状や所見が出現し、自然気胸を反復することが多い。腎臓などに血管筋脂肪腫を合併することがある。肺病変が進行すると呼吸機能が低下し呼吸不全を呈するが、進行の速さは症例ごとに多様である。[nanbyou.or.jp]

  • 気胸

    胸部X線写真で血管影を伴わない空虚な領域は気胸と疑われる。血胸・血気胸では血液を含む胸水によるX線透過性の低下した像を認める。 胸部CTによって、比較的大きな嚢胞であれば場所が確認できる。 胸腔穿刺は胸水の性状を確認するため施行される。気胸の重症度分類 胸痛患者では致死的疾患へのアプローチを優先しなければならない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状