Create issue ticket

考えれる7県の原因 胎児の足パッド

  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 大結節性肝硬変

    HOME 一般のみなさまへ 人間ドックの検査項目 腹部超音波 腹部超音波 腹部超音波 の検査をします。 このページを印刷する 検査の内容 腹部皮膚表面部分に超音波を発信する装置をあてます。 内臓からの反射波をその装置が受けとり、電気信号にかえてモニターに写します。 きれいな画像が得られるように、装置をあてる部分にはゼリーを塗ります。 検査でわかること 肝臓、すい臓、腎臓に腫瘍があるか、胆のうには 胆石 などがあるかを調べます。 超音波検査では、超音波が入りにくい部分があるため、全域を観察できないことがあります。 特にすい臓は奥深い場所にあるため、見にくくなります。 肝(かん) 肝血管異常[…][ningen-dock.jp]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    抄録 肝性脳症は重篤な肝障害あるいは門脈大循環短絡に起因する精神神経症状である.臨床的な症状のある顕性脳症には軽症のものから深昏睡まで幅がある.また精神神経症状が明らかでなく定量的精神神経機能検査ではじめて指摘される潜在性肝性脳症がある.顕性の肝性脳症は肝機能異常,肝疾患の既往の有無,精神神経症状,高アンモニア血症,脳波異常,臨床検査成績などから他疾患を鑑別しつつ総合的になされる.潜在性肝性脳症は定量的精神神経機能検査(記号追跡試験,光や音に対する反応時間,成人型知能検査)や,電気生理学的神経検査の脳波,大脳誘発電位(聴覚,視覚)などを組み合わせて行う.[jstage.jst.go.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 二次性胆汁性肝硬変

    肝硬変になってもウイルス性(B型、C型)の場合には種々の抗ウイルス剤によって、またアルコール性の場合でも完全断酒によって正常の肝臓に近づくような時代になってきております。しかし、まだまだ多くの肝硬変ではその原因となるものに対する治療を行っても改善しないことの方が多い状態です。 肝硬変では原因が何であれ、加齢とともに肝細胞癌を合併してくる頻度が上昇してきます。このような場合この肝細胞癌への対処法は定期的にエコーなどの検査を行い早期発見、早期治療が最善です。肝細胞癌以外の合併症に対するケアが肝硬変患者さんの日常生活上の注意として挙げられます。[…][asakura-med.or.jp]

さらなる症状