Create issue ticket

考えれる1,213県の原因 胎便性腹膜炎

つまり: 胎便, 腹膜炎

  • イレウス

    小腸における術後のガス蓄積は,しばしば合併症(例,閉塞, 腹膜 )の発生を示唆する。他の種類のイレウスにおけるX線所見は閉塞に類似しているため,臨床的特徴がどちらか一方を明らかに支持しない限り鑑別は困難なことがある。造影CTは両者の鑑別に有用であり,イレウスの原因疾患が示唆されることがある。[msdmanuals.com] 腹部手術後、腹膜、低カリウム血症や鉛中毒、薬剤の作用により、腸管の運動麻痺が生じ腸管の痙攣が原因となるもの。 機械的閉塞でみられる古典的な仙痛パターンはめったに起こらない、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、排便・排ガスの途絶が生じ、単純性イレウスでは間欠的な、複雑性では持続的な痛みを伴う。腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。[ja.wikipedia.org] 機能的腸閉塞 麻痺性腸閉塞 腸炎、腹膜、薬剤、術後などの影響で、腸管の動きが悪くなるもの。 痙攣性腸閉塞 腸管が一部、痙攣性に収縮して、内容が流れなくなるもの。[tokushukai.or.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    重度の場合,感染は卵巣(卵巣炎),そして腹膜(腹膜)に広がりうる。子宮内膜炎および卵巣炎を伴う卵管炎は,腹膜を伴っているかにかかわらず,他の組織が侵されていても,しばしば卵管炎と呼ばれる。卵管に膿が溜まり(卵管留膿症),膿瘍が形成されることがある(卵管卵巣膿瘍)。[msdmanuals.com] 骨盤腹膜では“腹膜”なので 「発熱」や「強い腹痛」 がメインです。腹痛は歩いたりするとお腹に響くこともあります。こうなってくるとますます婦人科を受診するよりも内科外来や救急外来を受診するケースが多くなるのがわかると思います。また、発熱と腹痛を起こす病気は多くあるので、見逃す確率も増えてくるわけです。[tokyobay-mc.jp] また、虫垂炎や結核性腹膜などを発症したあと、炎症が下に向かって広がるケースや、子宮内避妊器具を長期間入れたままにしておくことでPIDを発症するケースもあります(※1)。 骨盤内炎症性疾患(PID)の症状は?[192abc.com]

  • 低ナトリウム血症

    腎外性体液喪失としては嘔吐、下痢、経管ドレナージなど消化管からの喪失や、熱傷、膵炎、腹膜といったサードスペースへの喪失などがあげられる。発汗などで水分塩分を大量に失い、塩分を補給せず水分のみ大量に補給することでも陥りやすい。細胞外液不足のため腎臓への血流が極度に低下し、腎前性腎不全となる。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管炎

    また、感染が卵管を通って腹腔(ふくくう)に達し、 骨盤腹膜 (「 骨盤腹膜 」)をおこすと、骨盤腔の下方に浸出液や膿がたまって、ダグラス窩(か)(直腸子宮窩 子宮の後方、直腸前方のくぼみ)膿瘍(のうよう)(「 ダグラス窩膿瘍 」)をつくることもあります。[kotobank.jp] 卵管の先はおなかの中なので、さらに炎症が広がるとおなかの中全体に炎症が起きた「骨盤腹膜」という状態になります。大腸菌などの雑菌による炎症もないわけではありませんが、卵管炎の原因のほとんどは性感染症の原因菌によるものです。[allabout.co.jp] 症状が軽ければ経口薬のみ処方されることもありますが、下腹部痛が激しかったり、骨盤腹膜まで進展してしまっていたりするケースでは、入院して点滴治療を受けます(※1)。 膿などが溜まっている場合は、腟から管を入れて膿を体外に排出する「ドレナージ」を行う必要があります(※1,3)。[192abc.com]

  • 腸閉塞

    機械的腸閉塞は閉塞性と絞扼(こうやく)性に分けられ,前者は先天的異常,腸内異物,腸管 癒着 (ゆちゃく),腫瘍(しゅよう)などによって起こり,後者は手術や 腹膜 でできる索状物などによる腸管絞扼, 腸捻転 (ねんてん), 腸重積症 などによって起こる。[kotobank.jp] 緊急手術:腸への血流障害を伴い、腸管がくさりやすい腸閉塞や腹膜による腸閉塞は、急速に状態が悪化するので緊急手術が必要です。 待期手術:手術が必要な場合でも緊急性がないときには、できるだけ術後の合併症を起こさないよう、からだの状態をととのえてから手術をします。[medical.jiji.com] 壊死が進むと、おなか全体に腹膜が起こり、危険な状態に陥ります。 機能的イレウス ―まひやけいれんが原因 機能的イレウスは、一部あるいは広範囲に、腸管がまひまたはけいれんを起こし、内容物の流れが止まってしまった状態です。 まひ性イレウスは腹膜や、血液中の電解質異常、各種中毒症などがもとで起きます。[min-iren.gr.jp]

  • 虫垂炎

    なお、玉錦の場合は虫垂炎にかかっていながら病の可能性を考えずにいたばかりか、医者に診せた方がいいと言われても信じず発見が遅れた結果こじらせて腹膜を起こし、化膿箇所の除去手術は受けたものの、医師が指示した療養に本人が全く従わずに、術後に腹膜がさらに悪化して死に至った。[ja.wikipedia.org] 炎症が進行し虫垂が破れて膿瘍(のうよう)を作り,さらに腹腔内に広がり 腹膜 を起こすと重症。軽症では,安静,局所の冷湿布,抗生物質の投与でもなおるが,一般に手術により早期に虫垂を切除する。[kotobank.jp] さらに化膿が進むと虫垂の周りに膿(うみ)の塊ができたり,お腹の中に膿が広がったりします( 汎発性腹膜 ).こうなると高熱が出,お腹が張ってきたり,お腹を軽く触るだけでひどく痛がったりします.足を縮め,背中を丸めて横向きに寝ることが多く,歩くときも 背中を丸め前かがみの姿勢になります.ここまで病気が進行すれば,膿をお腹の外に出すために数日間管[jsps.gr.jp]

  • 小腸閉塞

    図は、胎便腹膜の胎児超音波検査で腹水を認めた例(図上)と、出生後の腹部レントゲン検査で石灰化像(2本の矢印)を認めた例(図下)を示します。 治療 胎便腹膜胎便がもれた時期や腹膜の程度により症状や病気の重症度が様々です。[dokkyomed.ac.jp] 【考察】 胎児水腫の原因は心・血管系異常,染色体異常,胸部異常,子宮内感染,血液型不適合妊娠,双胎間輸血症候群等があり,特発性は20〜30%を占める.症例1は小腸閉鎖が原因であった.小腸閉鎖は腹部超音波断層法で拡張した腸管が多発の嚢胞として観察されることが多いが,本症例では認めなかった.胎便腹膜は腹部超音波断層法で腸管拡張よりも羊水過多[jsum.or.jp] 表1.胎児腹部嚢胞性疾患の鑑別 部位 疾患 嚢胞の数 嚢胞の性状 消化管 食道閉鎖 0 1 単純(胃泡) 十二指腸閉鎖(狭窄) 2 単純 小腸閉鎖 数個 多数 単純 胎便腹膜 1 数個 単純 複雑 腎 水腎症 1 2 単純 水尿管症 1 2 単純 異形成多嚢腎(MCDK) 多数 複雑,大小不同 多嚢胞性腎(PCK) なし(腎の肥大) 均一[jaog.or.jp]

  • 再発性小腸閉塞

    図は、胎便腹膜の胎児超音波検査で腹水を認めた例(図上)と、出生後の腹部レントゲン検査で石灰化像(2本の矢印)を認めた例(図下)を示します。 治療 胎便腹膜胎便がもれた時期や腹膜の程度により症状や病気の重症度が様々です。[dokkyomed.ac.jp] がん(癌)性腹膜 専門外来につきまして 各種進行癌相談のご紹介 当院は「断らない癌治療病院」として活動しています! がん(癌)性腹膜・ 腹膜播種(ふくまくはしゅ) について サンタマリア病院では、特に 癌性腹膜患者 を中心とした治療を専門的に扱うための 癌性腹膜・腹膜播種(ふくまくはしゅ) 専門外来 を開設しました。[santamaria-med.jp] 緊急手術:腸への血流障害を伴い、腸管がくさりやすい腸閉塞や腹膜による腸閉塞は、急速に状態が悪化するので緊急手術が必要です。 待期手術:手術が必要な場合でも緊急性がないときには、できるだけ術後の合併症を起こさないよう、からだの状態をととのえてから手術をします。[medical.jiji.com]

  • 胆石疝痛

    また胆石が原因となり、胆嚢炎や胆管炎などの炎症や胆嚢に穴があいて腹膜を起こしたりする。最悪の場合、胆石が胆汁の流れをせき止めるような事があれば、黄疸が出てくる事があり、この場合は治療を受けなければ生命に関わる事になる。 胆石は腹部超音波検査(腹部エコー)やコンピューター断層撮影(CT)で診断される。[ja.wikipedia.org] 胆嚢に穴が開き、腹膜になれば緊急手術が必要になり、胆嚢が腫れた状態では超音波で見ながら細い針で突いて腫れをやわらげる処置を行なう。黄疸の場合は十二指腸にある胆汁の出口からチューブを入れたり、肝臓を針で突いて胆汁を体外に誘導しなければならない。 上野雅民監修 『救急医療ハンドブック』日本情報出版株式会社、2004年[ja.wikipedia.org]

  • 腹膜癒着

    腹膜 ”という言葉は,‘盲腸(虫垂炎)がひどくなって腹膜を起こしたなどというようなときに耳にすると思います.腹膜(腹壁や腸管などの臓器を包む薄い膜) に細菌などが感染し炎症を起こした状態を言い,主に腸管が破れて便が腹腔内に漏れたりしたために起こります.しかし,この“胎便腹膜”というのは,胎 児期(生まれる前)に消化管が何らかの原因[jsps.gr.jp] 概要 腹膜癒着(癒着性腹膜)は慢性腹膜のひとつで、腹部の開腹手術後などに生じます。腹膜癒着だけでは大きな問題になることはありませんが、腸の動きが悪くなったり通過障害が起きたりすると、腹部の違和感や吐き気、食欲不振などの症状が現れます。通過障害が重くなると癒着性腸閉塞に進展し、入院や再手術の必要が出てきます。[medicalnote.jp] により 穿孔 し 胎便 がお腹の中に漏れて起こる腹膜で,細菌は関与せず胎便に含まれる消化液などによる化学的な炎症反応によるものです.消化管穿孔を起こす原因は,“消化管閉鎖あるいは狭窄”,“腸重積”,“腸捻転”などいろいろな病気があります.[jsps.gr.jp]

さらなる症状

類似した症状