Create issue ticket

考えれる141県の原因 背部放散痛

  • 胆石症

    ときに、右背部の痛みや右肩の痛みを伴い、これを放散といいます。 発熱 胆石により、胆管に細菌の感染がおこると、胆のう炎や胆管炎(胆のうや胆管の中にうみがたまる)が発生し、発熱を伴うようになります。胆のう炎・胆管炎が悪化するとその感染が全身におよんで、敗血症となり、非常に重篤な状態となる場合もあります。[takano-hospital.jp] 背部または腕に放散することがある。突然始まり,15分から1時間で激痛となり,その疼痛強度が最長12時間(通常は6時間未満)にわたり持続(仙痛性ではない)し,やがて30 90分間かけて徐々に消失するが,鈍痛が残る。疼痛は通常,鎮痛のために患者を救急診療部に送るほど重度である。[msdmanuals.com] 典型例では右季肋 (きろく) 部(右側の最下方にある肋骨 (ろっこつ) 部)、痛みは右肩、背部放散し、悪心 (おしん) や嘔吐 (おうと) がみられる。疝痛発作は胆嚢炎を合併しないかぎり数時間以内に軽快する。 (2)胆管結石 胆嚢結石に比べはるかに重篤な症状を呈することが多い。[kotobank.jp]

  • 腎疝痛

    尿路結石の症状 症状としては、激しい腰背部・側腹部痛・下腹部痛のほかに、結石の放散痛としての精巣の痛みや、吐き気や嘔吐、血尿を伴うこともあります。また、下部尿管に位置する結石では同時に膀胱刺激症状を伴うことも多く、頻尿、残尿感が起こります。一部には腎盂腎炎を併発し、38 40度の発熱を呈することもあります。[sanseihospital.com] 腎結石は無症候のうちに経過することが多いのですが、これが尿流に沿って尿管内に落下し、結石による尿流閉塞と腎盂内圧の急上昇によって、腰背部から側腹部にかける激痛や下腹部への放散が生じます。夜間や早朝に起きることが多く、通常、3 4時間持続します。一部には腎盂腎炎を併発し、38 40度の発熱を呈することもあります。[twmu.ac.jp] 腎臓で形成された腎結石は、このように無症状で経過することが多く見られますが、尿管内に落下し、尿流が閉塞されると腎盂内の圧が急激に上昇し、腰背部から側腹部にかけて激痛や下腹部へ放散が生じます。尿道結石や膀胱結石では膀胱刺激症状の他に尿流が途絶され痛みが生じることがあります。[office-purej.com]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    ときに、右背部の痛みや右肩の痛みを伴い、これを放散といいます。 発熱 胆石により、胆管に細菌の感染がおこると、胆のう炎や胆管炎(胆のうや胆管の中にうみがたまる)が発生し、発熱を伴うようになります。胆のう炎・胆管炎が悪化するとその感染が全身におよんで、敗血症となり、非常に重篤な状態となる場合もあります。[takano-hospital.jp] 背部または腕に放散することがある。突然始まり,15分から1時間で激痛となり,その疼痛強度が最長12時間(通常は6時間未満)にわたり持続(仙痛性ではない)し,やがて30 90分間かけて徐々に消失するが,鈍痛が残る。疼痛は通常,鎮痛のために患者を救急診療部に送るほど重度である。[msdmanuals.com] 典型例では右季肋 (きろく) 部(右側の最下方にある肋骨 (ろっこつ) 部)、痛みは右肩、背部放散し、悪心 (おしん) や嘔吐 (おうと) がみられる。疝痛発作は胆嚢炎を合併しないかぎり数時間以内に軽快する。 (2)胆管結石 胆嚢結石に比べはるかに重篤な症状を呈することが多い。[kotobank.jp]

  • 急性胆嚢炎

    臨床症状 発熱、嘔気、嘔吐に加え、右上腹部(季肋部)、心窩部、右肩、背部放散、がみられる。典型的な症例では、右季肋部に筋性防御を認め、腫大した胆嚢を触知する。また、軽度の黄疸を呈することがある。進行すると胆嚢穿孔、胆汁性腹膜炎をきたすことがある。多くは胆嚢周囲に留まるが、時に汎発性腹膜炎を来たし致命的になることがある。[web.archive.org]

  • 慢性胆嚢炎

    臨床症状 発熱、嘔気、嘔吐に加え、右上腹部(季肋部)、心窩部、右肩、背部放散、がみられる。典型的な症例では、右季肋部に筋性防御を認め、腫大した胆嚢を触知する。また、軽度の黄疸を呈することがある。進行すると胆嚢穿孔、胆汁性腹膜炎をきたすことがある。多くは胆嚢周囲に留まるが、時に汎発性腹膜炎を来たし致命的になることがある。[web.archive.org]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性膵炎

    慢性膵炎 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 消化器学 ICD - 10 K 86.0 - K 86.1 ICD - 9-CM 577.1 OMIM 167800 DiseasesDB 9559 MedlinePlus 000221 eMedicine med/1721 MeSH D050500 慢性膵炎 (まんせいすいえん、 英 Chronic pancreatitis )は慢性的に 膵臓 に炎症をきたすことで生じる 膵炎 のこと。 目次 1 要因 2 臨床像 3 検査 3.1 血液検査 3.2 画像検査 4 治療 4.1 生活習慣改善 4.2 薬物療法 5 関連項目 要因 [ 編集 ] 基本的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 腸間膜梗塞

    抄録 Non-occlusive mesenteric[…][jstage.jst.go.jp]

さらなる症状