Create issue ticket

考えれる16県の原因 胆管造影図 異常

  • 胆石症

    概要 胆石とは胆のうや胆管(胆汁の通り道 胆道)にできた結晶で、主な成分からコレステロール結石とビリルビン( カルシウム)結石に分類されます。胆のうに結石ができた場合には胆石症、胆管に結石ができた場合には胆管結石症と呼ばれます。多くの胆石は胆のうにでき、胆管に流れ出ます。流れ出た胆石により胆管が塞がれてしまうと、胆管や肝臓に細菌感染を起こし、膵炎や黄疸の危険性があります。近年、食生活の欧米化や高齢化にて増加傾向にある病気です。 症状 胆石症[…][machida-city-hospital-tokyo.jp]

  • 上行性胆管炎

    急性閉塞性胆管炎 胆石痛(右上腹部痛や心窩部痛、あるいは右背部痛など)に加え、悪寒戦慄、発熱などがある。黄疽を呈することが多い。なかには、急にショック症状や乏尿や腎障害、さらに意識障害を呈するものもある。 直ちに、ショック対策とともに胆道のドレナージをはからないと死亡にいたる危険が高い。 ドレナージの方法には,経皮的胆管ドレナージ(PTCD またはPTBDともいう)や内視鏡的経鼻的胆汁ドレナージ(ENBD)や内視鏡的乳頭切開術(EST)あるいは,開腹手術による胆道ドレナージがある. 急性閉塞性胆管炎の造影(矢印が肝膿瘍像)[…][med.teikyo-u.ac.jp]

  • 原発性硬化性胆管炎

    原発性硬化性胆管炎 原発性硬化性胆管炎 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 消化器学 ICD - 10 K 83.0 ICD - 9-CM 576.1 DiseasesDB 10643 MedlinePlus 000285 eMedicine med/3556 Patient UK 原発性硬化性胆管炎 MeSH D015209 原発性硬化性胆管炎 (げんぱつせいこうかせいたんかんえん、 英 : PSC; primary sclerosing cholangitis )とは 胆汁 のうっ滞をきたす成因不詳の胆管炎である。肝臓内・外ともに胆道・胆管に炎症性変化、線維化、狭窄を起こし、徐々に進行する。 目次[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝内胆汁うっ滞

    書誌情報 第53巻 第4号 症例報告 妊娠性肝内胆汁うっ滞症に重症妊娠高血圧症候群を合併し早産に至った1例 帝京大学ちば総合医療センター産婦人科 関東連合産科婦人科学会誌, 53(4):561-566, 2016 妊娠性肝内胆汁うっ滞症は早産や子宮内胎児死亡などの児の合併症を惹起する重篤な妊娠合併症であるが,本邦では稀であるため疾患として認識されない場合も多いようである.今回われわれは,妊娠性肝内胆汁うっ滞症に重症妊娠高血圧症候群を合併した症例で,最終的に早産に至った1例を経験したので報告する.[…][journal.kyorin.co.jp]

  • 総胆管嚢胞

    タイトル 特発性総胆管嚢胞の術後肝腎症候群を呈し,胆汁性腹膜炎も併発した一症例 右季肋部の疼痛,腫瘤を示し,術後不幸な転帰をとった婦人の例(第16回CPC)[iss.ndl.go.jp]

  • 膵膿瘍

    (図7)超音波内視鏡 (図8)EUS-FNA (9)細胞診 (10)組織診 ERCP(内視鏡的逆行性膵造影法) 膵がんでは多くの場合で膵管に異常を認めるため、ERCPといって内視鏡を使って膵管に直接造影剤を入れてレントゲン撮影することで膵管の形を詳しく調べることができます(図11)。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • 肝内胆管狭窄

    自己免疫性膵炎では造影異常がみられない胆管にも IDUS 上胆管壁肥厚を認めることがあり,0.8mm 以上の肥厚を呈すると報告されている.なお IDUS による胆管壁肥厚の診断においては,胆道ドレナージ後に胆管壁が肥厚することがあるため胆道ドレナージ施行前に判定することが望ましい.[minds.jcqhc.or.jp] 参照用CT画像では肝内の拡張がみられた。 他の部位に異常集積は無く、肝内癌で転移無しと判定された (4a-d) 。 3.造影CT上、肝左葉中枢側の腫瘍が有り、末梢側胆管の拡張を伴うため肝内胆管癌と診断された。 腹腔動脈周囲や上腸間膜に有意腫大ではないが他の部位よりリンパ節が目立ち転移無しの断定が困難であった (図4e) 。[nmp.co.jp] との鑑別点になる( 30).[minds.jcqhc.or.jp]

  • 膵腫瘍

    (図7)超音波内視鏡 (図8)EUS-FNA (9)細胞診 (10)組織診 ERCP(内視鏡的逆行性膵造影法) 膵がんでは多くの場合で膵管に異常を認めるため、ERCPといって内視鏡を使って膵管に直接造影剤を入れてレントゲン撮影することで膵管の形を詳しく調べることができます(図11)。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • 胆管癌

    参照用CT画像では肝内の拡張がみられた。 他の部位に異常集積は無く、肝内癌で転移無しと判定された (4a-d) 。 3.造影CT上、肝左葉中枢側の腫瘍が有り、末梢側胆管の拡張を伴うため肝内胆管癌と診断された。 腹腔動脈周囲や上腸間膜に有意腫大ではないが他の部位よりリンパ節が目立ち転移無しの断定が困難であった (図4e) 。[nmp.co.jp] 他の部位に異常集積は無く転移は否定的であった (3a-d) 。 3.造影CT上、上部総の狭窄がみられ造影効果を伴っている。 胆嚢管の肥厚もしくは不定形の軟部陰影がみられ胆嚢腫大を伴っている。 CTのみからは炎症でも説明可能な状態であった (図3e) 。 4.手術の結果、胆嚢頸部、胆嚢管から3管合流部にかけて浸潤する胆管癌であった。[nmp.co.jp]

  • 胆管周囲炎

    参照用CT画像では肝内の拡張がみられた。 他の部位に異常集積は無く、肝内癌で転移無しと判定された (4a-d) 。 3.造影CT上、肝左葉中枢側の腫瘍が有り、末梢側胆管の拡張を伴うため肝内胆管癌と診断された。 腹腔動脈周囲や上腸間膜に有意腫大ではないが他の部位よりリンパ節が目立ち転移無しの断定が困難であった (図4e) 。[nmp.co.jp] 他の部位に異常集積は無く転移は否定的であった (3a-d) 。 3.造影CT上、上部総の狭窄がみられ造影効果を伴っている。 胆嚢管の肥厚もしくは不定形の軟部陰影がみられ胆嚢腫大を伴っている。 CTのみからは炎症でも説明可能な状態であった (図3e) 。 4.手術の結果、胆嚢頸部、胆嚢管から3管合流部にかけて浸潤する胆管癌であった。[nmp.co.jp]

さらなる症状