Create issue ticket

考えれる700県の原因 胆管癌

  • 閉塞性黄疸

    HOME 疾患グループ 肝胆膵外科 とは は、肝臓で造られた胆汁を十二指腸まで運ぶ通路です。胆汁は主に脂肪成分の消化吸収を助ける働きがあります。 肝臓内の胆管を肝内胆管、肝臓外の胆管を肝外胆管と呼びます。この肝外胆管の上皮から発生する悪性腫瘍を「胆管がん」と呼びます。[jikeisurgery.jp] は肝臓から出たところから始まり、十二指腸にある開口部(十二指腸乳頭といいます)までを指します。に生じたといいます。男性にやや多く発生し、60歳代にピークがあります。胆嚢に胆嚢結石を伴うことが多いですが、に総結石を伴うことはきわめて稀です。[byouin.metro.tokyo.jp] 、膵頭部癌、乳頭部癌、胆嚢癌、肝癌、胃癌のリンパ節転移などがあります。[ogorimii-med.net]

  • 大腸炎

    黄疸、肝炎、肝硬変、門脈圧亢進症、肝細胞、ヘモクロマトーシス、ウィルソン病、NASH、脂肪肝、バンチ症候群、バッド・キアリ症候群、原発性胆汁性炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害。 胆石症、細胞、胆嚢炎、炎、原発性硬化性炎。 膵炎、膵臓。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。[ja.wikipedia.org] 肝臓ではGd-EOB-DTPA-MRIによる造影MRIが現在主流となりつつある。 X線膵管造影の代わりに、MRCPが検査に用いられることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性硬化性胆管炎

    ,以下 PSC)との鑑別を要し,肝門部に狭窄をきたす症例はとの鑑別を要する.[minds.jcqhc.or.jp] 原発性硬化性炎は、指定難病であり、①有症状の患者(黄疸、皮膚掻痒、炎、腹水、消化出血、肝性脳症、など)、または②ALPが施設基準上限の2倍以上の患者などは、申請し認定されると保険料の自己負担分の一部が公費負担として助成される。[clinicalsup.jp] 経過中に胆石や炎、を合併することがありますし、病気が進むと肝硬変や肝不全に至りますので、血液検査と腹部エコーやCTなどの画像検査を定期的に受けておくことです。[nanbyou.or.jp]

  • 肝腫瘍

    UMIN試験ID UMIN000014522 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2014年7月9日 登録・組み入れ開始日:2014年7月10日 基本情報 試験簡略名 悪性肝腫瘍に対するIRE治療 試験進捗状況 限定募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 肝細胞、転移性肝細胞 評価 主要アウトカム評価 IRE[rctportal.niph.go.jp] これまでは形態学的な特徴に基づき、肝細胞は肝細胞に、上皮細胞に由来すると考えられてきた。一方、混合型肝の 一部は、成熟肝に少数存在して 肝細胞と上皮細胞の両方に分化可能な 肝幹細胞に由来する腫瘍と想定され、これはWHO 消化器腫瘍分類(第4版、2010年)にも反映されている。[hepato.umin.jp] ①手術対象となる疾患 肝切除術の対象となる疾患は、肝細胞細胞( 肝内)、大腸を中心とする転移性肝、肝門部などの悪性腫瘍(いわゆる“がん”)や、肝内結石症、症状を有する巨大な血管腫などの良性疾患が挙げられます。[cick.jp]

  • クローン病

    胆嚢・ [ 編集 ] 胆石症 、 細胞 、 胆嚢炎 、 炎 、 原発性硬化性炎 。 膵臓 [ 編集 ] 膵炎 、 膵臓 。 検査 [ 編集 ] 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。 内視鏡 [ 編集 ] 内視鏡 検査は、一般に消化器学領域において最も一般的な検査として広く行われている。[ja.wikipedia.org] 関節症状:関節痛・関節炎(約40%) 皮膚症状:結節性紅斑、壊疽性膿皮症、Sweet病 眼症状:虹彩炎 原発性硬化性炎 悪性腫瘍 大腸、回腸癌 CRP・赤沈が活動性に相関する検査として用いられる。[ja.wikipedia.org] 肝臓ではGd-EOB-DTPA- MRI による造影MRIが現在主流となりつつある。 X線膵管造影の代わりに、 MRCP が検査に用いられることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 胆管炎

    経過中に胆石や炎、を合併することがありますし、病気が進むと肝硬変や肝不全に至りますので、血液検査と腹部エコーやCTなどの画像検査を定期的に受けておくことです。[nanbyou.or.jp] 肝内肝外両方の罹患例が多く、潰瘍性大腸炎の合併を34%に、の合併を7.3%に認めた。 2.原因 自己免疫性肝炎や原発性胆汁性炎と同様に免疫学的異常よると考えられているが、詳細は不明である。炎症性腸疾患の合併が多く、病因との関連が示唆されている。[nanbyou.or.jp] [中山和道] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 世界大百科事典 内の 炎 の言及 【】より …膵炎もおこりやすい。 の病気の代表的なものは結石であり,次いで炎などが問題となる。[kotobank.jp]

  • 潰瘍性大腸炎

    胆嚢・ [ 編集 ] 胆石症 、 細胞 、 胆嚢炎 、 炎 、 原発性硬化性炎 。 膵臓 [ 編集 ] 膵炎 、 膵臓 。 検査 [ 編集 ] 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。 内視鏡 [ 編集 ] 内視鏡 検査は、一般に消化器学領域において最も一般的な検査として広く行われている。[ja.wikipedia.org] 家族歴,④炎症が強い,⑤ 原発性硬化性炎 合併などが知られている.症状や便潜血反応検査で早期に診断することは困難であるため,左側大腸炎および全大腸炎型の症例では特に罹病期間が7年を経過した時点で,以降,1〜2年に1回の大腸癌のサーベイランス(全大腸内視鏡検査)が望ましい.生検時には(平坦)隆起性病変に注意し,色素内視鏡検査などを併用し,[kotobank.jp] 肝臓ではGd-EOB-DTPA- MRI による造影MRIが現在主流となりつつある。 X線膵管造影の代わりに、 MRCP が検査に用いられることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 胆管癌

    肝内 (肝臓内のに生じた) 肝外 (肝および総に生じた。狭義の。本項で解説) 乳頭部 (乳頭部に生じた) なお、 胆嚢 ( 胆嚢 と総をつなぐ短い)に生ずる胆嚢は、 胆嚢 に含めて取り扱われる。 本項では 肝外 につき述べる。その他のについてはリンク先を参照。[ja.wikipedia.org] 分類 は肝内から膵内にまで及ぶため,は局在により臨床的特徴,手術術式が大きく異なる.そのため,肝内,肝外のに2大別され,後者はさらに左右肝とその合流部に主座をもつ肝門部,およびそれより十二指腸側のに主座をもつ中下部に分類される.発生部位としては,肝門部がの60〜70%を占め,中下部20〜30%,肝内[kotobank.jp] 胆道の疾患について (肝外) は、肝外から発生する悪性腫瘍です。 原因は不明ですが、拡張を伴う膵合流異常症では高率にが発生します。男女比は1.6:1と男性に多く、年齢は60歳代に多くみられますが、 膵合流異常症を伴うでは平均年齢が若干若い傾向があります。[teikyo-hbps.jp]

  • 肝内胆管狭窄

    分類 は肝内から膵内にまで及ぶため,は局在により臨床的特徴,手術術式が大きく異なる.そのため,肝内,肝外のに2大別され,後者はさらに左右肝とその合流部に主座をもつ肝門部,およびそれより十二指腸側のに主座をもつ中下部に分類される.発生部位としては,肝門部がの60〜70%を占め,中下部20〜30%,肝内[kotobank.jp] 発生部位により検出能が異なるので胆嚢、肝外、肝内に分けて記載する。特には部位により診断能が異なり、肝外の方が肝内より診断能が低いとされる 1) 。 1)胆嚢癌 原発巣への集積はSUV4 8程度とばらつきがあり、視覚判定でCTに劣らない診断能が得られる。[nmp.co.jp] 原発性 肝 の3〜7%を占める。 分類 [ 編集 ] 腫瘍の形態により次のように分類される。 腫瘤形成型:肝内に塊を形成するタイプ。 浸潤型:上皮に沿ってしみこむように広がるタイプ。 管内発育型:管内に隆起をつくり突出するタイプ。 なかでも浸潤型はの拡がりがわかりにくく、診断および治療の際に問題となる。[ja.wikipedia.org]

  • 2次性硬化性胆管炎

    胆道の疾患について (肝外) は、肝外から発生する悪性腫瘍です。 原因は不明ですが、拡張を伴う膵合流異常症では高率にが発生します。男女比は1.6:1と男性に多く、年齢は60歳代に多くみられますが、 膵合流異常症を伴うでは平均年齢が若干若い傾向があります。[teikyo-hbps.jp] や粘液の過剰産生を示し、通常のより予後の良い上皮性腫瘍がみられることが知られるようになった。[c-linkage.co.jp] 本症の診断においてはや膵などの腫瘍性病変,および原発性硬化性炎との鑑別が極めて重要である.また,原因が明らかな二次性硬化性胆管炎を除外する必要がある. 【臨床診断基準】 A.診断項目 胆道画像検査にて肝内・肝外胆管にびまん性,あるいは限局性の特徴的な狭窄像と壁肥厚を伴う硬化性病変を認める.[sugitani.u-toyama.ac.jp]

さらなる症状