Create issue ticket

考えれる31県の原因 胆管消失症候群

  • 大結節性肝硬変

    原発性胆汁性肝硬変(PBC)[症候性,無症候性] 奥秋 靖 560 14 原発性胆汁性肝硬変-慢性活動性肝炎 overlapping syndrome 高橋 宏樹 565 15 新生児上部消化管閉鎖にみられる肝内胆汁うっ滞症 田尻 仁 569 16 先天性心疾患(左心形成不全,大動脈縮窄)にみられる肝内胆汁うっ滞症 今野 多助 571 17 消失症候[nippon-rinsho.co.jp] 先天性肝線維症 過誤腫症 先天性胆道拡張症(総嚢腫) 胆道閉鎖症 肝内消失症候 G 脈管系疾患・循環障害 びまん性肝動脈血行異常 びまん性門脈血行異常 肝内門脈血栓症 肝外門脈血栓症 特発性(非硬変性)門脈圧亢進症 結節性再生性過形成 先天性門脈大循環短絡(門脈欠損を含む) びまん性門脈血行異常 静脈管開存 びまん性肝静脈血行異常[igaku-shoin.co.jp] 慢性胆汁鬱滞(3か月以上の胆汁うっ滞) 1) 消失症候 ・臨床病理学的事項:小胆管数の減少、線推化、PBCと類似した臨床像。 抗ミトコンドリア抗体(-)。 ・薬物の例:chlorpromazine、flucloxacillin、amitriptyline 2) 硬化性胆管炎 ・臨床病理学的事項:PSCに類似。[ibaraisikai.or.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    先天性肝線維症 過誤腫症 先天性胆道拡張症(総嚢腫) 胆道閉鎖症 肝内消失症候 G 脈管系疾患・循環障害 びまん性肝動脈血行異常 びまん性門脈血行異常 肝内門脈血栓症 肝外門脈血栓症 特発性(非硬変性)門脈圧亢進症 結節性再生性過形成 先天性門脈大循環短絡(門脈欠損を含む) びまん性門脈血行異常 静脈管開存 びまん性肝静脈血行異常[igaku-shoin.co.jp] F 胆汁うっ滞・胆管系疾患 原発性胆汁性胆管炎 続発性胆汁性肝硬変 胆管炎 化膿性胆管炎 肝内結石症 胆管炎 硬化性胆管炎 原発性硬化性胆管炎 IgG4関連硬化性胆管炎 二次性硬化性胆管炎 胆管炎 ductal plate malformation ductal plate malformation 多嚢胞肝 Caroli病・Caroli症候[igaku-shoin.co.jp]

  • Aagenaes症候群

    体質性黄疸 1) Gilbert症候群 丸尾 良浩 415 2) Crigler-Najjar症候 丸尾 良浩 419 3) Rotor症候 木村 敏之 423 4) Dubin-Johnson症候 田原 章成 425 5) Lucey-Driscoll症候 木村 敏之 429 12. 消失症候 峯 徹哉 431 13.[nippon-rinsho.co.jp] 原発性胆汁性肝硬変(PBC)[症候性,無症候性] 奥秋 靖 560 14 原発性胆汁性肝硬変-慢性活動性肝炎 overlapping syndrome 高橋 宏樹 565 15 新生児上部消化管閉鎖にみられる肝内胆汁うっ滞症 田尻 仁 569 16 先天性心疾患(左心形成不全,大動脈縮窄)にみられる肝内胆汁うっ滞症 今野 多助 571 17 消失症候[nippon-rinsho.co.jp] 薬物起因性肝内消失症候 森井真也子 276 5. 薬物性肝障害:肝細胞障害型 川口 巧 282 Ⅴ. 劇症肝炎、亜急性肝炎、肝不全、肝性昏睡 1. 劇症肝炎 持田 智 289 2. 亜急性肝炎(SAH) 狩野 吉康 295 3. Acute-on-chronic肝不全 井戸 章雄 299 4. 肝不全 植村 正人 302 5.[nippon-rinsho.co.jp]

  • 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症

    (MPV17番遺伝症) 1 シトステロール血症 1 モヤモヤ病 1 肝型糖原病 (Ⅳ型) 1 Wilson 病 1 薬剤性消失症候 1 急性リンパ性白血病 1 ペルオキシソーム病 1 A 型肝炎 1 B 型慢性肝炎 1 原因不明の胆汁うっ滞症[jbile.sakura.ne.jp] 3 良性反復性肝内胆汁うっ滞症 1 ARC症候群 2 juvenile xanthogranuloma (若年性黄色肉芽腫) 2 非症候性肝内胆管減少症 2 肝内胆管減少症 1 CMV肝炎 4 肝ヘモジデローシス 1 原発性硬化性胆管炎 2 遺伝性球状赤血球症 1 Niemann Pick 病 type-C 1 ミトコンドリアDNA枯渇症候[jbile.sakura.ne.jp]

  • 急性妊婦の脂肪肝

    体質性黄疸 1) Gilbert症候群 丸尾 良浩 415 2) Crigler-Najjar症候 丸尾 良浩 419 3) Rotor症候 木村 敏之 423 4) Dubin-Johnson症候 田原 章成 425 5) Lucey-Driscoll症候 木村 敏之 429 12. 消失症候 峯 徹哉 431 13.[nippon-rinsho.co.jp] 薬物起因性肝内消失症候 森井真也子 276 5. 薬物性肝障害:肝細胞障害型 川口 巧 282 Ⅴ. 劇症肝炎、亜急性肝炎、肝不全、肝性昏睡 1. 劇症肝炎 持田 智 289 2. 亜急性肝炎(SAH) 狩野 吉康 295 3. Acute-on-chronic肝不全 井戸 章雄 299 4. 肝不全 植村 正人 302 5.[nippon-rinsho.co.jp] 特発性消失 峯 徹哉 435 14. 肝内胆汁うっ滞 穗苅 厚史 438 15. 乳児期肝内胆汁うっ滞症、小児期肝内胆汁うっ滞症 谷川 健 443 Ⅷ. 遺伝と代謝 1. ヘモクロマトーシス 大竹 孝明 451 2. ポルフィリン症 穗苅 厚史 458 3. α1-アンチトリプシン欠損症 鈴木 康秋 464 4.[nippon-rinsho.co.jp]

  • 薬物性中毒性肝炎

    まれに,胆汁うっ滞型肝毒性から慢性肝疾患や消失症候(肝内の進行性崩壊)に至ることがある。 混合型: これらの臨床症候群では,アミノトランスフェラーゼ値とアルカリホスファターゼ値のどちらにも明らかな優位性が認められない。症状も混在することがある。この種類の肝障害はフェニトインなどの薬物によって発生しうる。[msdmanuals.com] 慢性胆汁鬱滞(3か月以上の胆汁うっ滞) 1) 消失症候 ・臨床病理学的事項:小胆管数の減少、線推化、PBCと類似した臨床像。 抗ミトコンドリア抗体(-)。 ・薬物の例:chlorpromazine、flucloxacillin、amitriptyline 2) 硬化性胆管炎 ・臨床病理学的事項:PSCに類似。[ibaraisikai.or.jp] ・薬物の例:chlorpromazine、erythromycin estolate、flucloxacillin 3) 胆管障害を伴う ・臨床病理学的事項:胆管上皮、細胞の破壊性病変、急性炎様の臨床像。[ibaraisikai.or.jp]

  • 二次性胆汁性肝硬変

    原発性胆汁性肝硬変(PBC)[症候性,無症候性] 奥秋 靖 560 14 原発性胆汁性肝硬変-慢性活動性肝炎 overlapping syndrome 高橋 宏樹 565 15 新生児上部消化管閉鎖にみられる肝内胆汁うっ滞症 田尻 仁 569 16 先天性心疾患(左心形成不全,大動脈縮窄)にみられる肝内胆汁うっ滞症 今野 多助 571 17 消失症候[nippon-rinsho.co.jp] 先天性肝線維症 過誤腫症 先天性胆道拡張症(総嚢腫) 胆道閉鎖症 肝内消失症候 G 脈管系疾患・循環障害 びまん性肝動脈血行異常 びまん性門脈血行異常 肝内門脈血栓症 肝外門脈血栓症 特発性(非硬変性)門脈圧亢進症 結節性再生性過形成 先天性門脈大循環短絡(門脈欠損を含む) びまん性門脈血行異常 静脈管開存 びまん性肝静脈血行異常[igaku-shoin.co.jp] シェーグレン症候、関節リウマチ、慢性甲状腺炎などの自己免疫性疾患を合併することがある。 (5)鑑別診断 慢性薬物起因性肝内胆汁うっ滞、肝内型原発性硬化性胆管炎、成人性肝内胆管減少症など (6)診断 次のいずれか1つに該当するものをPBCと診断する。[nanbyou.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    可能なら肝生検(肝臓の組織片をとる検査)を受け、肝臓の組織所見で慢性非化膿性破壊性胆管炎(CNSDC)の像あるいは消失が証明されれば確実にPBCであると診断されます。[saiseikai.or.jp] 自己免疫性肝炎(autoimmune hepatitis: AIH)との合併(PBC-AIHオーバーラップ症候:治療にはウルソデオキシコール酸とステロイドが用いられる)が疑われる場合では、診断をつけるために肝生検は必須です。[saiseikai.or.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    慢性胆汁鬱滞(3か月以上の胆汁うっ滞) 1) 消失症候 ・臨床病理学的事項:小胆管数の減少、線推化、PBCと類似した臨床像。 抗ミトコンドリア抗体(-)。 ・薬物の例:chlorpromazine、flucloxacillin、amitriptyline 2) 硬化性胆管炎 ・臨床病理学的事項:PSCに類似。[ibaraisikai.or.jp] ・薬物の例:chlorpromazine、erythromycin estolate、flucloxacillin 3) 胆管障害を伴う ・臨床病理学的事項:胆管上皮、細胞の破壊性病変、急性炎様の臨床像。[ibaraisikai.or.jp]

  • 特発性肝硬変

    可能なら肝生検(肝臓の組織片をとる検査)を受け、肝臓の組織所見で慢性非化膿性破壊性胆管炎(CNSDC)の像あるいは消失が証明されれば確実にPBCであると診断されます。[saiseikai.or.jp] シェーグレン症候、関節リウマチ、慢性甲状腺炎などの自己免疫性疾患を合併することがある。 (5)鑑別診断 慢性薬物起因性肝内胆汁うっ滞、肝内型原発性硬化性胆管炎、成人性肝内胆管減少症など (6)診断 次のいずれか1つに該当するものをPBCと診断する。[nanbyou.or.jp] 自己免疫性肝炎(autoimmune hepatitis: AIH)との合併(PBC-AIHオーバーラップ症候:治療にはウルソデオキシコール酸とステロイドが用いられる)が疑われる場合では、診断をつけるために肝生検は必須です。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状