Create issue ticket

考えれる54県の原因 胆石症

  • 肥満

    2014/03/14 11:30 国力、食生活を象徴するかのように、アメリカでは肥満体系を有する人が多いとのイメージがある。実際、 【アメリカの肥満状態をグラフ化してみる】 などの記事で解説の通り、公的機関による調査結果でも、肥満と判断される人の割合は多く、その考えにさほど違いはない。そのアメリカにおける肥満な現状に関して、同国の調査機関ギャラップが先日、肥満の人が多い州・少ない州の間で、病症の診断率や健康的な日常生活の実行度にいかなる違いがあるかについて、興味深い調査結果を発表している( 【Mississippians Most Obese, Montanans Least Obese】 )。[…][garbagenews.net]

  • 胆石症
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    胆石 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org] 感染などの際に一過性に骨髄の赤血球造血能が低下し、貧血が急速に悪化することがある。 胆石の合併症として 胆嚢 や 胆管 の炎症が重症化すると、予後に影響する。[ja.wikipedia.org] また、溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石を合併する事が多く、脾臓と同時に胆嚢の摘出をすることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    胆石、胆管細胞癌、胆嚢炎、胆管炎、原発性硬化性胆管炎。 膵炎、膵臓癌。 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。 内視鏡検査は、一般に消化器学領域において最も一般的な検査として広く行われている。[ja.wikipedia.org]

  • 溶血性貧血

    胆石 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org] また、溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石を合併する事が多く、脾臓と同時に胆嚢の摘出をすることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    肝硬変(かんこうへん。英語、Liver[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性膵炎

    炎症の原因は、ウイルス感染胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。[ja.wikipedia.org]

  • ヘモクロマトーシス
  • 嚢胞性線維症

    鼻汁の粘性が強くなると副鼻腔に痛みを感じ、痰の粘性が強くなると、気道を閉塞し肺炎を繰り返すようになり、ついには気管支拡張をきたす。アレルギー性気管支肺アスペルギルスも併発しやすい。胆汁の粘性が強くなると、胆石をおこしたり、膵炎をおこしたり、肝機能障害からついには肝硬変をきたす。ただし軽い場合は成人後発病することもある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状