Create issue ticket

考えれる39県の原因 胆石疝痛

  • 胆石症

    胆石が胆のうの入口あるいは総胆管などに詰まった時、胆石症特有の痛みが起こります。例えば、脂肪分の多い食事をたくさん取った後などに突然激しい腹痛に襲われる「胆石疝痛発作」や、右肩がこったように痛んだり、背中の右側に圧迫感や響くような痛みがおこる「 放散痛」があります。 そのほかの症状として、吐き気や寒気がしたり、発熱する場合もあります。[harasanshin.or.jp] 胆石症で恐ろしいのが疝痛(せんつう)と呼ばれる痛みです。 この疝痛発作が出て病院に運ばれて、はじめて自分が胆石症だとわかる場合もあります。 この発作が出る前に、合併症として胆のう炎を起こしている事が多く、胆石より先に胆のう炎で受診される人も多いです。[tane.or.jp] 胆石の主な症状は、疝痛(みぞおちから右上腹部に鋭く差し込むような痛み)、黄疸、発熱である。疝痛発作は、特に食事をとったあとに現れる。一方、総胆管に胆石がつまると、黄疸の症状が現れる。総胆管の結石はさらには膵液の流れを妨げて、急性膵炎を引き起こすこともある。ときには、痛みが長く続き、39 を超える高熱が出ることもある。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 胆石症

    胆石が胆のうの入口あるいは総胆管などに詰まった時、胆石症特有の痛みが起こります。例えば、脂肪分の多い食事をたくさん取った後などに突然激しい腹痛に襲われる「胆石疝痛発作」や、右肩がこったように痛んだり、背中の右側に圧迫感や響くような痛みがおこる「 放散痛」があります。 そのほかの症状として、吐き気や寒気がしたり、発熱する場合もあります。[harasanshin.or.jp] 胆石症で恐ろしいのが疝痛(せんつう)と呼ばれる痛みです。 この疝痛発作が出て病院に運ばれて、はじめて自分が胆石症だとわかる場合もあります。 この発作が出る前に、合併症として胆のう炎を起こしている事が多く、胆石より先に胆のう炎で受診される人も多いです。[tane.or.jp] 胆石の主な症状は、疝痛(みぞおちから右上腹部に鋭く差し込むような痛み)、黄疸、発熱である。疝痛発作は、特に食事をとったあとに現れる。一方、総胆管に胆石がつまると、黄疸の症状が現れる。総胆管の結石はさらには膵液の流れを妨げて、急性膵炎を引き起こすこともある。ときには、痛みが長く続き、39 を超える高熱が出ることもある。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 急性胆嚢炎

    急性胆嚢炎の症状は、通常はみぞおちや右上腹部に持続する激痛(胆石疝痛(せんつう))から始まります。痛みは深呼吸すると悪化(Murphy徴候)して右肩甲骨下部に広がり、吐き気や嘔吐(おうと)が起こります。さらに、3分の1の患者に発熱がみられ、時に38度以上に達することがあります。[tokushima.med.or.jp] これを胆石疝痛(せんつう)発作といいます。さらにこの状態が長く続くと、胆のうは、栓がつまったままのラムネ瓶を強く振ったようになり、内部の圧力が高くなって、腫れあがります。これが、急性胆石性胆のう炎です。みぞおちから右わき上腹部の強い痛み、背中の痛み、悪寒・発熱や吐き気などの症状がでます。[toon-med.or.jp]

  • 胆嚢蓄膿症

    胆石が胆のうの入口あるいは総胆管などに詰まった時、胆石症特有の痛みが起こります。例えば、脂肪分の多い食事をたくさん取った後などに突然激しい腹痛に襲われる「胆石疝痛発作」や、右肩がこったように痛んだり、背中の右側に圧迫感や響くような痛みがおこる「 放散痛」があります。 そのほかの症状として、吐き気や寒気がしたり、発熱する場合もあります。[harasanshin.or.jp]

  • 上行性胆管炎

    胆のう炎、胆管炎 マンデルより抜粋 病態:胆のう炎は、胆石が存在する患者では、20%が、疝痛発作、右季肋部痛が生じる。これは高脂肪食を食べた時に、胆石により閉塞機転が生じて、これを分泌する時に起こる。疝痛発作と、より重症である急性胆嚢炎とは鑑別しなければならず、これは胆石患者の1-3%にみられる。胆道閉塞が重篤な炎症により生じる。[blog.livedoor.jp]

  • 胆石疝痛

    胆石発作(たんせきほっさ)または胆石疝痛,(たんせきせんつう、英:Biliary colic)とは、胆石に激しい痛みが起こる事である。これがひどくなると最悪、黄疸を伴う事もあり、治療しないと生命に関わる事になる。 胆石とは胆嚢や胆管にある結石の事である。[ja.wikipedia.org]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    外来のご案内 ホーム 外来のご案内 PET-CT検査について セカンドオピニオンについて 診療科別セカンドオピニオンの対象疾患 診療科別セカンドオピニオンの対象疾患 以下の表にない疾患についてはご相談をお受けできませんので、ご了承ください。 診療科名 対象疾患 第一内科 二次性高血圧、循環器疾患一般、腎不全、腎炎、ネフローゼ症候群 クローン病 潰瘍性大腸炎 第二内科 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)、胃癌、大腸癌、肝癌、ウイルス性肝炎 白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血液悪性腫瘍、腸管ベーチェット病、小腸疾患、食道癌 膠原病感染症内科 膠原病・感染症・不明熱 第三内科[…][med.miyazaki-u.ac.jp]

  • 胆汁うっ滞

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 胆道閉鎖症、新生児乳児胆汁うっ滞症候群(平成22年度) たんどうへいさしょう、しんせいじにゅうじたんじゅううったいしょうこうぐん 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 新生児または乳児において、構造的または機能的原因によって肝臓から十二指腸へ胆汁を排泄できずに閉塞性黄疸を来たす疾患。 2. 疫学 胆道閉鎖症、新生児肝内胆汁うっ滞症候群ともに出生児1万人に1人の割合で発生する。 3. 原因 胆道閉鎖症には発症が胎児期と考えられる先天型と、出生後と考えられる後天型があるがともに、胆管閉塞の原因は不明である。その他の胆汁うっ滞症候群の病因は多様である。[…][nanbyou.or.jp]

  • 肝内胆管狭窄

    Home 主な対応疾患、診療実績 専門性の高い最適な医療の提供 PSC 原発性硬化性胆管炎(PSC) 肝内、肝外の胆管が進行性に硬化・狭窄を来たし、胆汁の流出障害を起こす疾患です。このうち、原因が明らかでないものが原発性硬化性胆管炎と呼ばれます。 1. 症状 初期は大多数が無症状ですが、進行すると、黄疸、かゆみ、疲労感、体重減少、発熱などの症状が出現し、最終的には胆汁うっ滞により肝不全に至ります。 2. 原因・病態[…][todai-tansui.com]

  • 慢性胆嚢炎

    肝臓病・胆のう炎・慢性胆嚢炎におすすめの温泉 肝臓病・胆のう炎・慢性胆嚢炎におすすめの温泉についてご紹介します。 肝臓病とは、肝臓が何らかの原因で炎症を起こしている病気のことを言います。代表的なものとしては肝炎、肝硬変、肝臓がんなどがあり、「生活習慣病」と言われている脂肪肝も肝臓病の一種です。そして肝臓病の中でも一部のものについては、温泉の効能が役立つ場合があります。また、肝臓とつながる胆嚢の病気(胆石症、胆のう炎など)についても温泉の効能が期待できることがあります。 ページTOPへ 肝臓病と温泉[…][rurubu.travel]

さらなる症状