Create issue ticket

考えれる157県の原因 胆汁性嘔吐

  • 小腸閉塞

    小腸閉鎖症の発生・診断 小腸閉鎖症は新生児の腸閉塞の原因となる代表的な疾患で、出生後におなかの張り(腹満)や胆汁を含んだ黄色の嘔吐胆汁嘔吐)で発症します。出生前の胎児超音波検査で腸管の拡張像が描出され、発見されることもあります。[dokkyomed.ac.jp] 【合併症と対策】 吻合部狭窄 症状:手術後1 2週間はX線撮影による吻合部口側の拡張像、腹部膨満、胆汁嘔吐、腸内容物のうっ滞による腸炎がおこることがあります。吻合部(つないだ部分)に浮腫が起こり通りが悪くなるためで吻合部狭窄といわれます。 治療:中心静脈栄養により保存的に治療します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腸穿孔

    質問したキッカケ 大腸がんステージ4の患者さんについてです。数箇所穿孔していましたが、瘻孔化しているとのことで保存加療となりました。 質問したいこと 腸が穿孔していてもそこが瘻孔化していたら、腹膜炎などにはならないのでしょうか?また、観察ポイントについても知りたいです。 ひとこと回答[…][kango-oshigoto.jp]

  • 急性胃腸炎

    除外基準は免疫抑制薬状態や胆汁嘔吐、下血、慢性消化管疾患、14日以内のProbiotics内服、大豆アレルギーなど。主要評価項目は14日時点でのModified Vesikari score 9で定義される中等度-重度胃腸炎の発生率。[kameda.com] 肺炎:咳、呼吸が早い、脈が早い 尿路感染症:排尿痛、排尿障害 髄膜炎:持続性の嘔吐、意識レベルの変化、大泉門の膨隆、項部硬直 急性中耳炎:耳痛、鼓膜発赤 薬物中毒:病歴、発疹など 潰瘍大腸炎・クローン病:2週間以上持続する下痢・血便、成長障害、体重減少 腸閉塞・腸重積・虫垂炎:胆汁嘔吐(黄緑 黄色)、ひどい腹痛、局在化した腹痛、血便、腹部膨満[ohisama.cute.coocan.jp]

  • 幽門狭窄症

    質問したいこと 肥厚幽門狭窄症について、症状や治療法などを教えて下さい。 ひとこと回答 肥厚幽門狭窄症とは、肥厚幽門狭窄症は無胆汁嘔吐を主症状とし、新生児期後半の生後3 6週頃に好発する代表的な外科疾患の1つです。治療には、外科手術と硫酸アトロピン静注療法が主体の内科的療法があります。[kango-oshigoto.jp] 家族発症もみられる。 病因は諸説あるが,詳細は不明である。 代表的症状・検査所見 【症状】 噴水状非胆汁嘔吐がみられる。 生後2 3週頃から3カ月頃に発症することが多い。 哺乳不良による体重増加不良や減少がみられる。 【検査所見】 腹壁から肥厚した幽門部(オリーブ様腫瘤)を触知することもある。[jmedj.co.jp] 乳幼児期の胆汁嘔吐のその他の原 因として、頻度的にはさらに低いが、中腸軸捻 転やヒルシュスプルング病など先天の疾患や 外鼠径ヘルニア嵌頓等が挙げられる。いずれも 小児外科への紹介が必要である。 非胆汁嘔吐 小児の非胆汁嘔吐としては、緊急の外科的 処置が必要としない小児科的な疾患の頻度が多 くなる。[okinawa.med.or.jp]

  • 小腸軸捻転

    乳幼児期の胆汁嘔吐のその他の原因として、頻度的にはさらに低いが、中腸軸捻転やヒルシュスプルング病など先天の疾患や外鼠径ヘルニア嵌頓等が挙げられる。いずれも小児外科への紹介が必要である。 【非胆汁嘔吐】 小児の非胆汁嘔吐としては、緊急の外科的処置が必要としない小児科的な疾患の頻度が多くなる。[chubuweb.hosp.pref.okinawa.jp] 腸回転異常症は,乳児期または成人期に急性腹痛および胆汁嘔吐に急性腸捻転,典型的な逆流症状,または慢性腹痛を伴って発症する。乳児における胆汁嘔吐は緊急事態であり,直ちに検査を行って回転異常や中腸軸捻転がないかを確認しなければならず,無治療の場合は,腸梗塞とその結果として生じる短腸症候群または死亡のリスクが高くなる。[msdmanuals.com] 症状 急性の胆汁嘔吐、間欠的な嘔吐・腹痛、発育障害などが症状として挙げられます。超音波検査、注腸造影と上部消化管造影で診断されます。 治療 中腸軸捻転を合併しなければ緊急手術の必要はありません。中腸軸捻転が疑われる場合には、腸管の壊死が急速に進行するため緊急手術を予定します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 胃炎

    切除手術後,30%までの患者が体重減少,消化不良,貧血,ダンピング症候群,反応低血糖,胆汁嘔吐,機能性障害,潰瘍の再発などの重要な症状をもつ。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 幽門閉塞

    質問したいこと 肥厚幽門狭窄症について、症状や治療法などを教えて下さい。 ひとこと回答 肥厚幽門狭窄症とは、肥厚幽門狭窄症は無胆汁嘔吐を主症状とし、新生児期後半の生後3 6週頃に好発する代表的な外科疾患の1つです。治療には、外科手術と硫酸アトロピン静注療法が主体の内科的療法があります。[kango-oshigoto.jp] 家族発症もみられる。 病因は諸説あるが,詳細は不明である。 代表的症状・検査所見 【症状】 噴水状非胆汁嘔吐がみられる。 生後2 3週頃から3カ月頃に発症することが多い。 哺乳不良による体重増加不良や減少がみられる。 【検査所見】 腹壁から肥厚した幽門部(オリーブ様腫瘤)を触知することもある。[jmedj.co.jp] 脱水症状につながることができ嘔吐における幽門筋肥大の結果, 減量, 重度の電解質異常は低カリウム血によって特徴付け, hypochloremic代謝アルカローシス. 診断 幽門狭窄症の疑いのある乳児は通常、非胆汁嘔吐の発症を呈する, で始まる 3-6 週齢.[ipeg.org]

  • アシドーシス

    肺結核,肺気腫,急性気道閉塞などによって肺機能が低下して,血液中の炭酸ガスが増加するものを呼吸アシドーシス,胆汁・膵(すい)液などの瘻(ろう)孔からの流失,下痢・嘔吐(おうと),腎機能不全などの際に起こるものを代謝アシドーシスといい,糖尿病性アシドーシスは ケトーシス という。[kotobank.jp]

  • 再発性小腸閉塞

    小腸閉鎖症の発生・診断 小腸閉鎖症は新生児の腸閉塞の原因となる代表的な疾患で、出生後におなかの張り(腹満)や胆汁を含んだ黄色の嘔吐胆汁嘔吐)で発症します。出生前の胎児超音波検査で腸管の拡張像が描出され、発見されることもあります。[dokkyomed.ac.jp]

  • 急性胃炎

    切除手術後,30%までの患者が体重減少,消化不良,貧血,ダンピング症候群,反応低血糖,胆汁嘔吐,機能性障害,潰瘍の再発などの重要な症状をもつ。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状