Create issue ticket

考えれる154県の原因 胃鏡検査異常

  • 胃潰瘍

    胃潰瘍の診断は、右記のような胃腸症状があれば、まずⅩ線検査を受け、なんらかの異常があれば内視で確認するという手順になります。熟練した消化器医であれば、最初から内視鏡をして確定診断をつけるようにすることもあります。 内科的治療としては、攻撃因子をおさえ(胃酸分泌抑制剤)、防御因子を強める薬(粘膜保護剤)を服用します。[fuanclinic.com]

  • 上部消化管出血

    当院では最新の検査・治療機器、技術を駆使し、ドックや健診などスクリーニング検査による疾患の早期発見、他施設の検査異常が見つかり御紹介いただいた方の精密検査、発見された早期がん(食道、、大腸など)の内視治療まで一貫して行っています。[hospital.luke.ac.jp]

  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎

    内視検査で粘膜障害(びらん・潰瘍)が見られる逆流性食道炎と内視検査異常を認めない症候性GERDに分けられます。元来、・食道接合部には下部食道括約筋(LES)など食道内に胃内容物が逆流することを防止するような逆流防止機構があります。しかし、食道裂孔ヘルニアなどで逆流防止機構が壊れた場合は、胃食道逆流をきたしやすくなります。[keijinkai-hp.net] 胃にできた癌は固まりになってイボのように隆起したり、癌のところが潰瘍のように凹む場合が多く、バリウムによるレントゲン検査や内視検査の内容の異常な凸凹や、色の変わったところを詳しく見ることで診断が出来ます。[keijinkai-hp.net] 内視検査異常を認めない症候性GERDも逆流性食道炎と同等に存在し、食道逆流症は30%前後の頻度でみられるとされています。実に3 4人に1人の割合で存在することになるのです。当院においても、逆流性食道炎は12%の頻度で、症候性GERDを含めた胃食道逆流症全体では25%の頻度で認められました。[keijinkai-hp.net]

  • 消化管出血

    消化管出血とは胃や腸からの出血です。吐いたものや便の中に血が混じります。 出血してからすぐの場合は真っ赤な血液が出ますが、時間が経つと血液は黒いかたまりになって出ます。ですから、吐いたものに黒いかたまりが混じっていたり、黒い便が出たらこれも胃腸の出血の兆候と言えます。コーヒーの黒いカスのようなものを嘔吐したり、便に混じったときは、出血しているのではないかと考えます。 場合によっては短時間の間にたくさん出血する場合があり、出血多量で命にかかわることもあります。消化管出血の難しい点は、今出血してもそれが便に出るのは何日か後となることもあり、症状を発見するのに時間がかかることもあることです。[…][hemophilia-st.jp]

  • アルコール性胃炎

    みぞおちのあたりの急激な痛みなどがあり、検査の結果、の粘膜に異常が認められ、急性胃炎、急性潰瘍をともなうものを急性粘膜病変(Acute Gastric Mucosal Lesion:AGML)といいます。 近年、内視検査が普及し、粘膜の様子を詳しく観察できるようになりました。[onaka-kenko.com] 内視検査で粘膜障害(びらん・潰瘍)が見られる逆流性食道炎と内視検査異常を認めない症候性GERDに分けられます。元来、・食道接合部には下部食道括約筋(LES)など食道内に胃内容物が逆流することを防止するような逆流防止機構があります。しかし、食道裂孔ヘルニアなどで逆流防止機構が壊れた場合は、胃食道逆流をきたしやすくなります。[keijinkai-hp.net] 身近な医療情報 機能性ディスペプシア(functional dyspepsia)という病気 機能性ディスペプシアとは、の痛みやもたれが続くにもかかわらず、内視検査をしても、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの異常を認めない機能性疾患のことを言います。[machida.tokyo.med.or.jp]

  • 胃疾患

    一度、内視検査を受けましょう。 また、異常が見つからなくても、1年に1回は内視鏡検査を受けましょう。 ピロリ菌除菌治療をお勧めします。 D群 かなり弱った粘膜です。 胃がん発症リスクが極めて高いタイプです。必ず、内視検査を受けましょう。また、異常が見つからなくても、1年に1回、内視鏡検査を受けましょう。[marunouchi-c.org] 症状がなく、健康診断のバリウム検査異常を指摘される患者さまもいます。内視での診断が必要です。早朝に発見できれば体の負担が少ない内視鏡治療が可能です。[k-matsudaclinic.com] 内視検査で粘膜障害(びらん・潰瘍)が見られる逆流性食道炎と内視検査異常を認めない症候性GERDに分けられます。元来、・食道接合部には下部食道括約筋(LES)など食道内に胃内容物が逆流することを防止するような逆流防止機構があります。しかし、食道裂孔ヘルニアなどで逆流防止機構が壊れた場合は、胃食道逆流をきたしやすくなります。[keijinkai-hp.net]

  • 早期胃癌

    費用はの内視検査のみであれば3,000円前後となりますが、異常と見受けられる組織を見つけた際に採取して生検を行う場合には8,000円 10,000円前後かかります。金額は、病院によって異なります。[ganchiryo.com]

  • クロンカイト・カナダ症候群

    クロンカイト・カナダ症候群(-しょうこうぐん、英: Cronkhite–Canada syndrome)とは主に胃、大腸、小腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する疾患のこと。非遺伝性疾患である。1955年に疾患として独立した。 アメリカの内科医Leonard・Cronkhite・Jrと放射線科医Wilma・Jeanne・Canadaにより報告された。非遺伝性で中年以降に発症、男性に多い。 ストレスや内服といった外因による発症が多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    外来担当表 受付時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 9:00 11:50 山崎(麻) 佐原 山崎(武) 徳弘 佐原 齋藤 (第1/第3/第5) 13:30 16:50 山崎(武) 藤澤(消・総合)4/8 (13:00 ) 徳弘 佐原 (13:30 15:30) 佐原 (15:00 16:50) 佐原 山﨑(麻) 齋藤 担当医師 平成19年9月より消化器センターを開設し外科、内科の垣根をなくし、患者さまによりそった医療の提供に努めています。 対象疾患としては消化管では、 食道 逆流性食道炎、食道癌、食道静脈瘤など 胃 胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌など 十二指腸[…][makita-hosp.or.jp]

さらなる症状