Create issue ticket

考えれる26県の原因 胃腸自律失調症

  • アミロイドーシス

    本アミロイドーシス病型解析は、「検体検査の精度確保に係る改正医療法:平成30年12月1日施行」において「診療の用に供する検査」ではなく「研究」として位置づけられています。このため、必ずしも「同医療法における診断のための質の担保」がなされているものではありません。 注1)野生型ATTRアミロイドーシス(老人性全身性アミロイドーシス)が疑われる患者様に対するトランスサイレチン(TTR)遺伝子検 査(BMLによるTTR遺伝子変異解析, 保険収載)について。 当施設では、遺伝性ATTRアミロイドーシス(家族性アミロイドポリニューロパチー, ATTR-FAP)が疑われる患者様のTTR遺伝子[…][www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    RNA干渉治療薬の開発をリードするアルニラム製薬は、遺伝性ATTRアミロイドーシスの治療に用いる治験薬、パティシランのAPOLLO第III相試験で追加的に得られた結果を、2018年3月26日から熊本大学で開かれている「第16回アミロイドーシス国際シンポジウム」で発表する。同疾病の治療のために皮下投与するRNAi治療の治験薬であるALN-TTRsc02の第I相試験で得られた新たなデータも、併せて発表する。[…][e-radfan.com]

  • 過敏性腸症候群

    機能性消化管疾患診療ガイドライン2014-過敏性腸症候群(IBS) (PDF) 日本消化器学会 機能性胃腸 過活動膀胱 自律神経失調症 ラモセトロン塩酸塩 セロトニン 過敏性腸症候群 総合医科学研究所 消化器now 第28号/平成17年3月20日「過敏性腸症候群」 東北大学大学院医学系研究科[ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    自律神経失調 ・抗不整脈薬や精神安定剤などの内服薬による副作用 ・ガンや循環器系・内分泌疾患・胃腸系の疾患などの病気や下痢・出血など ・栄養不足 ・遺伝や体質によるもの 病院で詳細な検査を行うことで原因がわかり、治療や予防策をとることができます。[jisoku.asahi.com]

  • 混合性不安抑うつ状態

    産後 表3 うつ病が隠れている可能性のある疾患 頭痛、めまい、不眠症、自律神経失調、更年期障害、 低血圧症、心臓神経症、胃腸神経症、胃下垂症、慢性胃炎、 胃アトニー、過敏性腸症候詳、 過換気症候群 4 薬剤起因性うつ病を引き起こす可能性のある薬 1.降圧剤、レセルピン、インデラル、アルドメットなど 2.経口避妊薬 3.副腎皮質ホルモン 4[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp] 心因性胃液分泌過多症 心因性胃液分泌欠乏症 心因性胃痙攣 心因性下痢 心因性過換気 心因性咳 心因性呼吸困難発作 心因性鼓腸 心因性消化不良症 心因性心血管障害 心因性心悸亢進 心因性多飲症 心因性大腸アトニー 心因性低酸症 心因性脳血栓反応 心因性排尿障害 心因性発熱 心因性頻尿 心因性頻脈 心因性不整脈 心因性便秘 心因性幽門痙攣 心身自律神経失調[kegg.jp] ちくらみ、動悸が主体,薬剤性に注意、起立試験立位負荷 4.仮面うつ病:早朝覚醒、食欲不振,抑うつ気分、抗うつ薬有効 5.本態性自律神経失調症 6.精神科疾患 表2 うつ状態を合併する可能性性のある器責的疾患 1.内分泌疾患 2.膠原病 3.ウイルス感染 4.腫瘍 5.中枢神経疾患 6.中毒:タリウム中毒、水銀中毒 7.高血圧、手術後、アルコ一ル[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp]

  • 頚椎性頭痛

    首こりが原因で起こる疾患 緊張型頭痛、めまい、自律神経失調、うつ、パニック障害、ムチウチ、更年期障害、慢性疲労症候群、ドライアイ、多汗症、不眠症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス、便秘症、起立性調節障害 不定愁訴の根本的な治療は、まず「首こり」から -Counter-plan 不定愁訴[tokyo-neurological-center.com]

  • 喪失、悲嘆、死別

    身体的な反応 睡眠障害、食欲障害、体力の低下、健康感の低下、疲労感、頭痛、肩こり、めまい、動悸、胃腸不調、便秘、下痢、血圧の上昇、白髪の急増を感じる、自律神経失調、体重減少、免疫機能低下などの身体の違和感、疲労感や不調を覚える。[grief-care.org]

  • 不安神経症

    身体表現性自律神経機能不全 これは自律神経のある系統に限ったところに気質的な問題があるかのようにして起こるもので、 自律神経失調 と言われているような症状です。これには 心臓神経症、胃腸神経症、過敏性腸症候群、心因性の咳きや頻尿 など色々なものが含まれます。[mental-health.org]

  • レルモワイエ症候群

    免疫が弱い、座骨神経痛、顎関節、記憶障害、パニック障害、自律神経失調、冷え症、左半身マヒ、低体温で体力の消耗が激しい、意識不明、胃腸炎 難聴 急死、長時間の金縛り :11/05/07 19:16 :PC :zYkKygT6 #37 [名前のない生活] これくらいしかない :11/05/07 19:17 :PC :zYkKygT6 #38[bbs1.ryne.jp] アレルギー性鼻炎 アレルギー性結膜炎 気管支喘息 :11/05/07 17:56 :D705i :EVeYTavY #35 [名前のない生活] 巣状糸球体硬化症 :11/05/07 19:15 :SA001 :qq/N6ss2 #36 [名前のない生活] 貧血、頭痛、肩こり、腰痛、鬱病、不眠症、ヘルニア、呼吸が人の半分しかできない、眼瞼下垂、拒食[bbs1.ryne.jp]

  • 自律神経障害

    心療内科で扱う病気 [ 編集 ] 心身 、 心気 摂食障害 パニック障害 社交不安障害 うつ状態( うつ病 ) 仮面うつ病 睡眠障害 自律神経失調 過敏性腸症候群 機能性胃腸障害、消化管障害、心因性嘔吐症 身体化障害 慢性疼痛 ・ 慢性疲労症候群 、 起立性調節障害 頭痛 ・緊張性頭痛、心因性の発熱やめまい 書痙 ・ 斜頸 コントロール[ja.wikipedia.org] その人の体質によっても、自律神経失調で目立つ症状が変わってきます。腹痛や下痢といった胃腸症状が出やすい方もいれば、頭痛や吐き気などの症状が出やすい方もいます。 そして身体症状だけでなく、精神症状も認められます。心と体は密接に関係していて、内分泌系や免疫系などとも相互に関与しています。[cocoromi-cl.jp]

さらなる症状