Create issue ticket

考えれる29県の原因 胃病変

  • 胃潰瘍
  • 消化管腫瘍
  • びらん性胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 平滑筋肉腫

    平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ Leiomyosarcoma(ギリシャ語で「平滑筋結合組織腫瘍」を表す)、aka LMS)は平滑筋の悪性新生物(肉腫)である珍しい型のがんである(新生物が良性であった場合は平滑筋腫(leiomyoma)と呼ばれる)。 平滑筋細胞は不随意筋でできており、子宮、胃、腸、全ての血管の壁、皮膚を含む身体のほとんどの部分で見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 早期胃癌
  • 胃蜂窩織炎
  • 気腫性胃炎
  • 消化管間質腫瘍

    通常の生検で採取できる組織は粘膜表層に限られるため、同部位を何回も生検するボーリング生検(boring biopsy/掘削生検とも)や、病変等の場合には超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)が行われる。ただEUS-FNAには、穿刺による腹腔内播種のリスクがあり、十分な注意の元で行う。[ja.wikipedia.org]

  • 胃リンパ腫
  • 消化性潰瘍

    急性粘膜病変(AGML:acute gastric mucosal lesion) 急性十二指腸粘膜病変(ADML:acute duodenal mucosal lesion) 胃潰瘍通常は強酸である胃酸の分泌に対し、内の粘膜は粘膜保護が作用し攻撃因子・防御因子のバランスが保たれている。[ja.wikipedia.org] 他の消化管病変の精査・鑑別も含めて、一般的に広く行われる。同時に治療も行える利点がある。 いわゆる「透視(MDL)」は旧来より広く行われている。所見から消化性単純潰瘍が疑わしい場合に、精査として行われることはほとんどなく、上記の内視鏡検査が行われる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状