Create issue ticket

考えれる12県の原因 胃ポリープ, 貧血

  • クロンカイト・カナダ症候群

    クロンカイト・カナダ症候群(-しょうこうぐん、英: Cronkhite–Canada syndrome)とは主に、大腸、小腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する疾患のこと。非遺伝性疾患である。1955年に疾患として独立した。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸ポリープ

    直腸ポリープ S状結腸ポリープ 下行結腸ポリープ 横行結腸ポリープ 上行結腸ポリープ 分類 [ 編集 ] 臨床 的には大きく以下の2つの分類によって評価・診断し、治療方法を決定していく。 形態 [ 編集 ] 形態観察分類には以下のものがある。基本的に表在型までを「ポリープ」と称し、隆起型以降は「 癌 」と称される場合が多い。[ja.wikipedia.org] また、十二指腸潰瘍、尿路結石、急性膵炎、大腸ポリープが女性に比べて多く、心臓病、脳溢血(およびそれによる脳血管痴呆)など循環器系の病気が多いのが特徴である。 貧困国を除けば、男性は平均寿命が女性に比べ短い。[ja.wikipedia.org] 大腸ポリープ・早期大腸癌 :経過観察・ 内視鏡 的治療(主に本稿で記述)・外科的手術 大腸ポリープに関しては上記の通りに治療が必要と思われるポリープを治療していく。稀に巨大ポリープ等の場合で内視鏡的切除が技術的に困難な場合に外科的手術治療が選択される場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 潰瘍性大腸炎

    進行すると「発熱(ときに38 以上の高熱)」・「吐き気」・「嘔吐」・「全身倦怠感」・「頻脈」・「体重減少」・「貧血」などを伴ってくる。[ja.wikipedia.org] 重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。[nanbyou.or.jp] 肛門周囲炎・肛門膿瘍 肛門潰瘍・痔 偽ポリポーシス(ポリープ) 歯肉炎 口内炎 凍瘡(足、指、耳) 浮腫(むくみ) 口渇 主に直腸から発症し連続して全大腸に広がっていく。腸管粘膜の全層に炎症像が見られるクローン病と異なり、粘膜上皮に限局した炎症像を呈し、固有筋層に炎症が及ぶことは比較的稀である。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    小球性低色素性貧血 サラセミア 鉄芽球性貧血 鉄欠乏性貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 巨赤芽球性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] Polype (独)茸腫,粘膜の乳頭腫 ポリペク Polypectomy ポリープをとる マ トップへ マーゲン Magen (独) マーゼルン Masern (独)麻疹,はしか マンマ Mamma (独)乳房 ミ トップへ ミオーム Myom (独)筋腫 ミルツ Milz (独)脾臓 ム トップへ ムスケル Muskel (独)筋肉[thpa.or.jp] ポリープ切除術を意味する医療業界の略語。Polypectomy(英)に由来。 や大腸、胆嚢などのポリープを内視鏡などを使って取り除く手術のこと。 ポリペクトミー Polypectomy。 ポリープ切除術のこと。 医療現場ではポリペクと略して使われる。 マルク 骨髄もしくは骨髄穿刺のこと。[job.nikken-mc.jp]

  • 消化管間質腫瘍

    すい臓 すい臓がん、慢性膵炎、膵のう胞性疾患など 胆のう 胆のう腫瘍、胆のう結石、胆のうポリープなど、胆のう結石 胆管 胆管がん、総胆管結石など総胆管結石(5mm) 進行すい臓がん(10mm) 膵のう胞性疾患(IPMN) EUS-FNABによる腫瘍穿刺診断 EUS-FNAB:超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診・生検(すい臓組織検査) 主に膵がんを[syoukaki-oita.com]

  • 結核

    結腸では、大腸内視鏡検査にて多発潰瘍、潰瘍化した集塊、無茎性ポリープ、小憩室を認める。 診断確定は、大腸内視鏡下の生検にて乾酪性肉芽腫を認めたり結核菌培養が陽性であるときである。生検標本のPCRによる結核菌DNAの検出は、迅速で最も感度が高い。 2007年現在、ダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡により小腸結核も診断できるようになった。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    血液検査では、貧血、血小板増多、赤沈亢進、CRP・血清クレアチニン上昇、ANCA陽性を認めます。EGPAでは好酸球が著しく増加します。また、単純X線写真、高分解能CT検査、MRI検査、超音波検査などによって、各臓器の病変の有無を調べます。[twmu.ac.jp] 症状の現れ方 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、 高血圧 、 脳出血 ・ 脳梗塞 (のうこうそく)、腎機能の低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。 重い症状として、MPAでは腎機能の低下、腸出血、肺出血があります。[health.goo.ne.jp] 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症では、気管支喘息、好酸球性鼻ポリープ、好酸球性中耳炎、好酸球性副鼻腔炎などの既往、合併を認めます。 検査と診断 尿検査、血液検査、画像検査を行います。尿検査では、血尿・蛋白尿・円柱を認めます。血液検査では、貧血、血小板増多、赤沈亢進、CRP・血清クレアチニン上昇、ANCA陽性を認めます。[twmu.ac.jp]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    オスラー・ウェーバー・ランデュ病 (オスラー・ウェーバー・ランデュびょう、 英 : Osler-Weber-Rendu diease 、オスラー・ウェーバー病とも)は、皮膚、粘膜、多発性無彩血管を主訴とする 常染色体優性遺伝 の疾患である [1] 。「繰り返す鼻出血」が特徴的な疾患である。遺伝性出血性毛細血管拡張症(hereditary hemorrhagic telangiectasia; HHT)とも呼ばれる。 疫学・疾患概要 [ 編集 ] ALK1およびTIE2 遺伝子 などの変異により、 血管 構築が維持できなくなり、拡張した毛細血管が形成される。それにより容易に出血を起こす [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 多剤耐性結核菌

    結腸では、大腸内視鏡検査にて多発潰瘍、潰瘍化した集塊、無茎性ポリープ、小憩室を認める。 診断確定は、大腸内視鏡下の生検にて乾酪性肉芽腫を認めたり結核菌培養が陽性であるときである。生検標本のPCRによる結核菌DNAの検出は、迅速で最も感度が高い。 2007年現在、ダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡により小腸結核も診断できるようになった。[ja.wikipedia.org]

  • ベリリウム症

    を製造し、又は取り扱う業務 六月 一 業務の経歴の調査 二 パラ―ニトロクロルベンゼンによる頭重、頭痛、めまい、 倦 けん 怠感、疲労感、顔面 蒼 そう 白、チアノーゼ、貧血、心 悸亢 きこう 進、尿の着色等の他覚症状又は自覚症状の既往歴の有無の検査 三 頭重、頭痛、めまい、 倦 けん 怠感、疲労感、顔面 蒼 そう 白、チアノーゼ、貧血、心[elaws.e-gov.go.jp] を製造し、又は取り扱う業務 六月 一 業務の経歴の調査 二 ベンゾトリクロリドによるせき、たん、胸痛、鼻汁、鼻出血、嗅覚脱失、副鼻 腔 くう 炎、鼻ポリープ等の他覚症状又は自覚症状の既往歴の有無の検査 三 せき、たん、胸痛、鼻汁、鼻出血、嗅覚脱失、副鼻 腔 くう 炎、鼻ポリープ、 頸 けい 部等のリンパ腺の肥大等の自覚症状及び他覚症状の有無[elaws.e-gov.go.jp]

さらなる症状

類似した症状