Create issue ticket

考えれる371県の原因 肺胞蛋白症

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    原発性骨髄線維症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 骨髄線維症進行期 上: 100 下: 200 顆粒球系細胞、赤芽球系細胞は認められず. 巨核球は増加、著明な線維化が認められる. 解説 はじめに 原発性骨髄線維症は骨髄の広範な線維化と骨硬化、髄外造血を特徴とする慢性骨髄 増殖性疾患の一つです。その本態は本態性血小板血症、真性多血症と同様に造血幹 細胞レベルで生じた遺伝子異常であり、造血細胞はモノクローナルに増殖、特に血小板 産生細胞である巨核球から産生される種々のサイトカインが骨髄の間質細胞に作用し[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    SPRYCEL (一般名:ダサチニブ水和物) 「新たに診断された成人の慢性期のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病の治療」の効能・効果が欧州で承認 -SPRYCEL に、新たに診断された慢性期慢性骨髄性白血病患者の治療における、1日1回投与の食事と服用の間の時間制限を必要しないという新しい選択肢が追加- 欧州委員会が、「新たに診断された成人の慢性期のフィラデルフィア染色体陽性(Ph )慢性骨髄性白血病の治療」の効能・効果で、SPRYCEL100 mg(1日1回投与)を承認[…][otsuka.co.jp]

  • 間質性肺疾患

    研究課題「自己免疫性蛋白の血清診断キットの有用性の検討」 「研究目的」:自己免疫性蛋白の血清診断キットの有用性を検証する事。本研究により自己免疫性蛋白の血清診断の確かさが明らかになれば、これまで生検や気管支肺洗浄法が必須とされていた同の診断を HRCT と血清診断のみで行えることとなります。[kukonai.com] その他 他にも、薬剤性肺炎、サルコイドーシス、過敏性肺炎、好酸球性肺炎、職業性疾患(珪肺やアスベスト関連疾患)などの比較的よく経験するびまん性疾患に加え、ランゲルハンス細胞組織球(LCH)、蛋白、リンパ脈管筋腫症(LAM)、IgG4関連疾患といった稀少疾患も数多く診断してきました。[himeji.hosp.go.jp] 組織球 6.蛋白(PAP) 7.リンパ脈管筋腫症(LAM) F.職業性疾患 1.アスベストーシス(石綿肺、アスベスト肺) 索引 初版は、間質性肺疾患診療の基礎から診断・検査、治療法までを解説した実践的マニュアルとして2010年10月に発行され、これまでに多くの方にご活用いただき、好評を得てきました。[nankodo.co.jp]

  • 肺胞蛋白症

    2.自己免疫性(特発性)蛋白 原発性蛋白、特発性蛋白と呼ばれていた多くは抗GM-CFS自己抗体が証明され、自己免疫性蛋白と呼ばれる。尚、自己抗体検査が実施されていない場合で、先天性蛋白、続発性蛋白が否定される場合は、従来の呼名に従い特発性蛋白と呼ぶ。[pap-guide.jp] ・気管支洗浄では、蛋白に特徴的な外観-ミルク状を呈する。自己免疫性と異なり、多くの場合、細胞数は増加する。リンパ球、好中球の割合が増加する。 気管支洗浄液所見 自己免疫性(特発性)蛋白 気管支洗浄液では、蛋白に特徴的な外観-ミルク状(米のとぎ汁状)を呈する。進行すると細胞数(特に マクロファージ)が減少する。[pap-guide.jp] 蛋白は、発症要因に応じていくつかに分類されていますが、なかでも先天性蛋白と自己免疫性蛋白と呼ばれるものは難病指定を受けています。自己免疫性蛋白は、蛋白全体の9割を占めるほどの疾患であり、50歳代を発症ピークとすることが報告されています。 原因 呼吸に連動して、肺は膨らんだりしぼんだりします。[medicalnote.jp]

  • ウォルフラム症候群

    オスラー病 閉塞性細気管支炎 蛋白(自己免疫性又は先天性) 低換気症候群 α1-アンチトリプシン欠乏症 カーニー複合 ウォルフラム症候群 ペルオキシソーム病(副腎白質ジストロフィーを除く) 副甲状腺機能低下症 偽性副甲状腺機能低下症 副腎皮質刺激ホルモン不応症 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 フェニルケトン[sick.blogmura.com] ヌーナン症候群 脳腱黄色腫 脳表ヘモジデリン沈着 蛋白(自己免疫性又は先天性) PCDH19関連症候群 肥厚性皮膚骨膜症 非ジストロフィー性ミオトニー症候群 皮質下梗塞と白質脳症を伴う常染色体優性脳動脈症 ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症 ビッカースタッフ脳幹脳炎 非特異性多発性小腸潰瘍症 ヒルシュスプルング病(全結腸型又は小腸型[town.kotoura.tottori.jp] 116 間質性膀胱炎(ハンナ型) 117 オスラー病 118 閉塞性細気管支炎 119 蛋白(自己免疫性又は先天性) 120 低換気症候群 121 α1-アンチトリプシン欠乏症 122 カーニー複合 123 ウォルフラム症候群 124 ペルオキシソーム病(副腎白質ジストロフィーを除く。)[metro.tokyo.jp]

さらなる症状