Create issue ticket

考えれる16県の原因 肺発育不全と形成異常

  • 尿道閉鎖症

    1.はじめに 超音波診断機器の技術の進歩と、最近の超音波スクリーニング検査の普及により、出生前に診断される胎児疾患も多くなってきている。その中で胎児泌尿器系異常は羊水量の異常あるいは胎児腹部の嚢胞性腫瘤の存在など他の胎児疾患に比べ比較的容易に認められるそれらの超音波所見から、日常診療において何度かは経験する胎児疾患ではないだろうか。ここでは胎児泌尿器系異常の出生前診断とその対応についてわかりやすく述べたい。 2.胎児泌尿器系異常の出生前診断[…][jaog.or.jp]

  • ブーメラン異形成症

    エントリ 名称 概要 カテゴリ パスウェイ 病因遺伝子 H01276 慢性特発性偽性腸閉塞症 慢性特発性偽性腸閉塞症は、致死率が高い稀な症候群である。腸の神経筋疾患の結果、重篤な消化管運動の異常が起こる。典型的な症状として、繰り返す腹痛、腹部膨満感、排便困難を特徴とする。正常な体重の維持や経口での栄養補給ができないため、本疾患は小児、成人両方において、最も重要な慢性の腸異常の原因となっている。一般的には孤発性であるが、家族性の型も確認されており、X連鎖性慢性特発性腸偽閉塞症における flamin ... 消化器疾患 hsa04010 MAPK signaling pathway hsa04510[…][kegg.jp]

  • 成長遅延-水頭症-肺発育不全症候群

    平成27年度 福岡市立こども病院 病院指標 年齢階級別退院患者数 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 成人市中肺炎の重症度別患者数等 脳梗塞のICD10別患者数等 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) 年齢区分 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 患者数 4523 966 122 151 13 小児循環器内科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢[…][fcho.jp]

  • 低フォスファターゼ症

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 低フォスファターゼ症(平成21年度) ていふぉすふぁたーぜしょう 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 低フォスファターゼ症は骨系統疾患の一つで、組織非特異的アルカリフォスファターゼ(ALP)の欠損が原因である。発症時期および 症状の広がりに基づいて、胎内で発病する周産期型、生後半年以内に発病する乳児型、小児期に発病し乳歯の早期脱落を伴う小児型、成人期に発病する成人型、 症状が歯に限局する歯限局型の5つの病型に分類される。四肢短縮、内反膝、骨折、骨変形、低身長、痙攣、乳歯早期脱落などの症状を呈する。骨X線像では、[…][nanbyou.or.jp]

  • ストゥーヴェ・ヴィーデマン症候群
  • 急性呼吸不全

    内科学 第10版 の解説 急性呼吸不全(救急治療) 定義 呼吸不全は「血液ガスが異常な値を示し,そのために生体が正常な機能を営めない状態」と定義される.具体的には,空気呼吸時のP a O 2 が60 Torr以下となる異常状態を呼吸不全とする.肺胞換気量が減少すると高二酸化炭素血症(P a CO 2 が45 Torrをこえる)となり,これを伴うものをⅡ型呼吸不全,伴わないものをⅠ型呼吸不全という.さらにこの状態の持続が1カ月以上続く場合を慢性呼吸不全,持続期間が1カ月未満の場合を急性呼吸不全と定義する(図3-2-6).ここでは急性呼吸不全に関して解説する. 原因[…][kotobank.jp]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。 肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • ホシノプリル

    リシノプリル(Prinivil)、エナラプリル(Vasotec)、ラミプリル(Altace)、ベナゼプリル(Lotensin)、キナプリル(Accupril)、ホシノプリル(Monopril)およびカプトプリル(Capoten). ACEは、無害な分子であるアンギオテンシンIを強力な血管収縮剤であるアンギオテンシンIIに変換する肺で産生される厄介な物質である、アンギオテンシン変換酵素の略である. カルニチン 効果 筋 トレ カバン エース ルフィ ACE阻害薬は、高血圧の治療において約30年間使用され、ACE活性を低下させ、血管壁の弛緩、血圧の低下、心臓への負担の軽減をもたらす.[…][jjohnsonnkgywahn7.weebly.com]

  • 軟骨無発生症, タイプ 1A

    Gene Reviews著 者: Richard M Pauli, MD, PhD 日本語訳者 :窪田美穂(ボランティア翻訳者),澤井英明(兵庫医科大学) Gene Reviews 最終更新日: 2012.2.16. 日本語訳最終更新日: 2012.4.16. 原文: Achondroplasia 要約 疾患の特徴[…][grj.umin.jp]

  • プレドニゾン

    プレドニゾン(Prednisone)は免疫抑制作用を持つ合成副腎皮質ホルモン剤である。一部の炎症性疾患(中等度のアレルギー反応等)の治療に用いられるほか、高用量で癌の治療に用いられることもあるが、副作用が多い。免疫系を抑制するため、患者は易感染性となる。 プレドニゾンはそれ自身では作用を持たず、肝臓でプレドニゾロンに代謝(C環のケトンが水酸基に変化)されて活性を示す。日本ではヒト用医薬品としては承認されていない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状