Create issue ticket

考えれる21県の原因 肺発育不全

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    脊椎側彎症や猫背のように脊椎が湾曲し始めることも多く、また幼児はしばしばジストニア、アテトーゼ、舞踏運動などの異常な運動、摂食困難、胃食道逆流症、難聴、発育不全、呼吸困難(頻発する感染症を招く)を発症する。てんかんを発症することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    もっとも重要な原因は気道感染症で、気管支・胞の発育が盛んな乳幼児期の感染が特に問題となります。 また、先天性の原因のひとつに原発性線毛機能不全があります。これは気道粘膜の線毛系に先天異常がある病気です。(粘液線毛輸送系の機能不全を起こし、肺感染症を繰り返します) 症状として、慢性の咳、膿性痰が特徴です。[saiseikai.or.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    出生前に診断される例や、出生直後に発症する例は発育不全(低形成)や血管(肺動脈)の高血圧(肺高血圧症)をともない重症例であることが多く、このような場合には周産期あるいは新生児期の集中治療が必要となります。[dokkyomed.ac.jp]

  • 先天性肺低形成

    出生前に診断される例や、出生直後に発症する例は発育不全(低形成)や血管(肺動脈)の高血圧(肺高血圧症)をともない重症例であることが多く、このような場合には周産期あるいは新生児期の集中治療が必要となります。[dokkyomed.ac.jp] 概要 胎児・新生児低形成とは、胞や気管支・肺葉などの数やサイズの減少を伴う発育形成不全のことをいう。正常発育を阻害する他の胎児異常に伴って二次的に発症するものが多いが、特発性の発生も知られている。肺低形成は、しばしば新生児の死因となったり、死産においても時に認められる。[nanbyou.or.jp] 長期の合併症としては、慢性障害や循環不全、成長発育障害、精神発達障害などがある。 6. 治療法 治療は、出生前の治療、出生時の場所とタイミング、出生後の治療に大別される。肺低形成が最も高度な症例は胎児治療の適応となる。[nanbyou.or.jp]

  • 肺障害

    概要 胎児・新生児低形成とは、胞や気管支・肺葉などの数やサイズの減少を伴う発育形成不全のことをいう。正常発育を阻害する他の胎児異常に伴って二次的に発症するものが多いが、特発性の発生も知られている。肺低形成は、しばしば新生児の死因となったり、死産においても時に認められる。[nanbyou.or.jp] 長期の合併症としては、慢性障害や循環不全、成長発育障害、精神発達障害などがある。 6. 治療法 治療は、出生前の治療、出生時の場所とタイミング、出生後の治療に大別される。肺低形成が最も高度な症例は胎児治療の適応となる。[nanbyou.or.jp]

  • 喀血

    もっとも重要な原因は気道感染症で、気管支・胞の発育が盛んな乳幼児期の感染が特に問題となります。 また、先天性の原因のひとつに原発性線毛機能不全があります。これは気道粘膜の線毛系に先天異常がある病気です。(粘液線毛輸送系の機能不全を起こし、肺感染症を繰り返します) 症状として、慢性の咳、膿性痰が特徴です。[saiseikai.or.jp]

  • ボホダレック孔ヘルニア

    出生前に診断される例や、出生直後に発症する例は発育不全(低形成)や血管(肺動脈)の高血圧(肺高血圧症)をともない重症例であることが多く、このような場合には周産期あるいは新生児期の集中治療が必要となります。[dokkyomed.ac.jp]

  • 腎不全

    発育不全 その他…感染症を起こしやすい、出血しやすい 2.[okayamasaiseikai.or.jp] 尿毒素がたまる 消化器の症状…食欲がない、吐き気がする、口臭がする 精神・神経の症状…記憶力・思考力の低下、怒りっぽくなる、不眠 貧血症状…息切れ、動悸(胸がどきどきする) 皮膚の症状…皮膚が黒っぽくなる、かゆみ 呼吸器の症状…呼吸困難(うっ血、水腫) 眼の症状…視力低下、眼底出血 内分泌系の症状…女性は生理不順・男性では女性化乳房、小児[okayamasaiseikai.or.jp]

  • 大動脈縮窄症

    新生児時期に緊急手術を要することが多いのは、呼吸不全発育不全・心不全が顕著な場合。 動脈絞厄術を行って、後日VSD閉塞を行う場合と、縮窄症解除とVSD閉鎖とを同時に行う場合とがあります。 また、バルーン付きカテーテルで血管形成術を新生児時期に行われることもあります。 循環器の基礎知識 血管・リンパ管とは?[sickness-online.com]

  • 気管支拡張症

    もっとも重要な原因は気道感染症で、気管支・胞の発育が盛んな乳幼児期の感染が特に問題となります。 また、先天性の原因のひとつに原発性線毛機能不全があります。これは気道粘膜の線毛系に先天異常がある病気です。(粘液線毛輸送系の機能不全を起こし、肺感染症を繰り返します) 症状として、慢性の咳、膿性痰が特徴です。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状