Create issue ticket

考えれる2,454県の原因 肺炎

  • 気管支炎

    マイコプラズマ肺炎やレジオネラ肺炎といった感染力の高い菌による肺炎や、RSウイルスやアデノウイルス、麻しんウイルスなどのウイルスの感染による肺炎もあります。[ayumi-clinic.com] 肺炎をおこす重要な菌は肺炎球菌です。その予防として肺炎球菌ワクチンがあります。呼吸不全のある患者さんにはこのワクチンが必須で、5年に一度の接種でよく、これにより肺炎での入院や重症化が予防できます。 インフルエンザ予防の第一は予防接種です。インフルエンザの診断は喉や鼻からのぬぐい液を調べることですぐに結果が出ます。[nho-kumamoto.jp] ・咳止め ・気管支拡張剤 ・抗アレルギー剤 等 肺炎 高熱、咳、痰、胸の痛みなどの症状が出ます。重症化すると、呼吸困難となり、入院が必要となります。レントゲンで診断します。また肺炎の中でも最も原因になりやすい「肺炎球菌」による感染症については予防接種があります。[onoda-iin.jp]

  • 風邪

    病原体の種類によって、気管支肺炎を起こしやすい病原体と、大葉性肺炎を起こしやすい病原体があります。 気管支肺炎を引き起こしやすい病原体の代表は、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ肺炎の原因)と、様々なウイルス(ウイルス性肺炎の原因)です。[saiseikai.or.jp] お年寄りの場合は肺炎球菌による肺炎が多いのですが、クラミジアやマイコプラズマといった病原菌が原因となる肺炎は、若い世代にも多くみられます(※2)。 クラミジア肺炎とマイコプラズマ肺炎は、どちらも当初は軽い風邪のような症状がみられます。しかし 咳が長く続き、やがて高熱が出やすいという特徴があります。[healthcare.omron.co.jp] せきぜんそく以外でせきが長引く病気は、マイコプラズマ感染症やアレルギー性肺炎など。後者にはトリコスポロンというカビを吸い込んで起こる夏型過敏性肺炎、鳥の羽根やフンのアレルギーで起こる鳥関連過敏性肺炎があり、「羽毛布団が原因で起こることもある」(大谷院長)という。 1 2[business.nikkei.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    感染が上気道(鼻粘膜)から経気道的にどこまで波及するかによって、急性上気道炎、喉頭気管気管支炎、細気管支炎、そして肺炎と病像が変わる。初感染においては30%程度が下気道炎に至り、1 3%が重症化し入院治療を要する。わが国では毎年2万人程度の入院があると推定される。[idsc.nih.go.jp] 非定型肺炎疑い 肺炎球菌性肺炎 ICU治療肺炎 また小児では年齢によって起炎菌が異なることも知られている。[ja.wikipedia.org] 肺炎マイコプラズマや肺炎クラミドフィラなどの非定型病原体が原因となる場合もあります。一部では、ウイルス感染に引き続いて、二次性の細菌感染が起こる場合もあります。[jrs.or.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    病原体の種類によって、気管支肺炎を起こしやすい病原体と、大葉性肺炎を起こしやすい病原体があります。 気管支肺炎を引き起こしやすい病原体の代表は、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ肺炎の原因)と、様々なウイルス(ウイルス性肺炎の原因)です。[saiseikai.or.jp] ですから先ほど述べたように、風邪も肺炎の原因になります。 主な種類 肺炎にはさまざまな種類がありますが、医療現場でよく問題になる肺炎を取り上げます。 肺炎球菌性肺炎 ひとくちに肺炎といっても、さまざまな種類の細菌が関わっています。なかでも、頻度が高く重要なのは肺炎球菌です。肺炎の約40%は、この細菌が原因です。[min-iren.gr.jp] 大部分は気道系ウイルスの感染で起こるが、一部はA群β溶連菌や肺炎マイコプラズマ、クラミジアなどの細菌も原因となる。 A群β溶連菌、インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルス、肺炎球菌、肺炎マイコプラズマについては迅速抗原診断キットがある。[clinicalsup.jp]

  • 上気道感染症

    兵庫県神戸市須磨区飛松町2-5-16( 地図をみる ) 078-732-3802 診療科目 内科・循環器科・呼吸器科 診療時間 9:00〜12:00 / 16:00〜18:30(木曜・土曜は午前のみ) 受付時間 午前の受付は8:45〜 / 午後の受付は15:45〜 休診日 日曜・祝日 中西医院では、高血圧症・心房細動・狭心症・心不全などの循環器疾患、気管支炎・肺炎[nakanishi-iin.net] 病原体の種類によって、気管支肺炎を起こしやすい病原体と、大葉性肺炎を起こしやすい病原体があります。 気管支肺炎を引き起こしやすい病原体の代表は、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ肺炎の原因)と、様々なウイルス(ウイルス性肺炎の原因)です。[saiseikai.or.jp] 下気道感染(肺炎)を起こしたときは、せきがひどく息苦しくなります。 ぐったりしたり、うとうと眠ってばかりいたり、食欲がほとんどない場合や、熱が4日以上もつづいたり、一度下がった熱がまた出てきたときは心配なサインです。 安静、睡眠、栄養を十分に かぜの特効薬はインフルエンザ以外は今のところありません。[women.benesse.ne.jp]

  • 急性気管支炎

    マイコプラズマ肺炎やレジオネラ肺炎といった感染力の高い菌による肺炎や、RSウイルスやアデノウイルス、麻しんウイルスなどのウイルスの感染による肺炎もあります。[ayumi-clinic.com] 肺炎をおこす重要な菌は肺炎球菌です。その予防として肺炎球菌ワクチンがあります。呼吸不全のある患者さんにはこのワクチンが必須で、5年に一度の接種でよく、これにより肺炎での入院や重症化が予防できます。 インフルエンザ予防の第一は予防接種です。インフルエンザの診断は喉や鼻からのぬぐい液を調べることですぐに結果が出ます。[nho-kumamoto.jp] 肺炎マイコプラズマや肺炎クラミドフィラなどの非定型病原体が原因となる場合もあります。一部では、ウイルス感染に引き続いて、二次性の細菌感染が起こる場合もあります。[jrs.or.jp]

  • アデノウイルス感染症

    自然軽快する疾患がほとんどであるが, 1990年代後半には乳幼児におけるアデノウイルス7型による致死的な重症肺炎が多発した。幸いにも, 現在のところその流行は終息しているが, 14型や30型など他の血清型による重症肺炎の報告も散見される。迅速診断キットの改良により, その診断精度も向上しており, 一般外来での診断も容易になった。[doi.org] 乳児におけるまれなアデノウイルス症候群には,重度の細気管支炎( 細気管支炎 )や肺炎などがある。若年成人の閉鎖集団(例,軍の新兵)において,呼吸器疾患のアウトブレイクが発生することがある;症状としては,発熱や下気道症状などのほか,通常は気管気管支炎を呈するが,ときに肺炎を来すこともある。[msdmanuals.com] アデノウイルス7型肺炎の全国調査結果. 病原微生物月報.Vol.19 No.7, 1998 (国立感染症研究所感染症疫学センター)[niid.go.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    肺炎予防の基本はインフルエンザと同じく、ワクチン、マスク、手洗い・うがいです。現在日本では、生後2ヶ月から9歳まで摂取できる「小児用肺炎球菌ワクチン」と成人用の「肺炎球菌ワクチン」が接種できます。肺炎の原因を全て予防できるわけではありませんが、肺炎球菌の感染は予防が可能です。乳幼児や65歳以上の高齢者は接種しておくと安心です。[sawai.co.jp] 一部の方は二次感染を起こし、肺炎などをおこします。特に、高齢の人、基礎的に病気をもっている人は注意が必要です。 肺炎の病原菌は肺炎球菌が最も問題になりますが、最近抗生物質が効きにくい肺炎球菌(PRSP)がよくみられます。新潟では45%位が効きにくい菌となっています。このような場合は早めに医療機関を受診し、治療をうけることが大切です。[nishiniigata.hosp.go.jp] 分子疫学による小児急性中耳炎におけるペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)と耐性インフルエンザ菌(BLNAR)の伝播様式が判明され、今後のこれらの感染症発生制御への足がかりとなった。また、小児ARI におけるインフルエンザ菌と肺炎球菌の高い関連性より、これらのワクチンの早期導入が望まれた。[research-er.jp]

  • 肺水腫

    ※抗生物質や抗炎症薬 非心原性肺水腫の場合で、肺炎や敗血症など何らかの菌が感染したことが原因であるときに使用します。心原性肺水腫の場合も、肺炎の合併率が高いことが知られています。[medicalnote.jp] 重症肺炎などが原因となる。外因性には有毒ガスの吸入や感電、重症外傷が多い。[ja.wikipedia.org] 非心原性肺水腫は重症肺炎、敗血症、重症外傷など様々な疾患に引き続いて生じます。 【症状】 肺水腫の主な症状は呼吸困難です。仰向けになると息苦しくなるため起き上がって座りたくなったり、夜中に突然息苦しくて目が覚めたりします。また、のどの奥でゼーゼーという音がしたり、ピンク色の泡のようなたんが出ることがあります。[jrs.or.jp]

  • 肺炎

    2011年には、アメリカで肺炎は乳幼児及び児童が救急隊によって搬送され入院するもっとも一般的な理由となっていた。 感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。[ja.wikipedia.org] アブストラクト全文を閲覧 背景: 肺炎は最もよくみられる重篤な感染症の一つであり、低所得国の小児集団では毎年200万人が死亡している。高所得国では、肺炎は高齢者で最も 重要 な問題の一つとなっている。 目的: 肺炎に対するビタミンCの予防投与 効果 および 治療効果 について評価すること。[cochrane.org] 抄録 過敏性肺炎のトピックスの1つは特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)と慢性過敏性肺炎の鑑別である.慢性過敏性肺炎の過半数は鳥抗原が原因であるが,多くが潜在性に発症するために診断が困難である.抗原曝露を受ける環境として,鳥飼育以外に羽毛製品に留意する必要がある.慢性過敏性肺炎では特異抗体の陽性率[doi.org]

さらなる症状

類似した症状