Create issue ticket

考えれる234県の原因 肺機能検査異常

  • 慢性閉塞性肺疾患

    また、軽度の肺気腫の場合、機能検査では異常が見られないこともあります。 確定診断をするためには画像診断が必要です。特にヘリカルCTを使うと早期の肺気腫でも診断が可能です。 CTを使った画像を見ると、肺は空気の部分が黒く、心臓や血管などの生体の部分は白く写る。[ohmichi.or.jp] 年齢」というのは、性別、年齢、身長、スパイロメトリーの検査値(1秒量・努力肺活量)から算出し、実年齢とのかい離から機能異常をはっきりと自覚してもらうというのが目的で考え出された指標です。COPDの早期発見、早期介入のためにはスパイロメトリーが重要な手段となり、肺年齢の表示はCOPD患者の認識向上に有益であります。[wored.or.jp] 「肺活量」や「1秒量・1秒率」の検査では、空気をに出し入れする換気機能を調べることで、肺気腫や慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくなどがわかります。 「胸部X線検査」では、異常な陰影から肺炎や肺結核、気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、気胸、胸膜炎などがわかります。 各検査項目の詳細については、 こちら をご覧ください。[kyoukaikenpo.or.jp]

  • アレルギー性喘息
  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間質性肺疾患

    検査成績 1)問診による鑑別と機能,血液検査: 多くの患者は咳や息切れを自覚して受診したり,健診における胸部X写真異常影(両側びまん性,中下野,外側優位の線状影)で紹介される.ここで重要な点は詳細な問診である.鑑別すべき疾患は第一に職業・環境暴露であり,職歴(過去に遡って),吸入歴の聴取である.慢性過敏性肺炎として鳥飼病(広く鳥との接触や[kotobank.jp] である.視診ではばち指を1/3程度の患者にみる.聴診上は特徴的なVelcroラ音とよばれる吸気終末のfine cracklesを背側肺底部に聴取する(約90%).近年気道上皮細胞,Ⅱ型肺胞上皮細胞由来のKL-6,SP-D,SP-Aなどが測定できる.これらは非特異的ではあるが,病勢推移などの参考になる血清マーカーであり,多くの例で高値となる.機能検査[kotobank.jp] では拘束性変化として%VC低下,拡散能異常として%D Lco 低下や低酸素血症(P a O 2 低下,A-aDO 2 拡大,6分間歩行時S p O 2 低下)などが重要な診断所見である. 2)HRCT画像検査: 以上の過程でかなりの数の原因の明らかなびまん性肺疾患は除外しうるが,特発性間質性肺炎が疑われる場合,1 2 mmスライス厚の高解像度[kotobank.jp]

  • 特発性肺線維症

    主診断基準 [ 編集 ] 薬剤性、環境暴露、膠原病など原因が既知の間質性肺疾患の除外 拘束性障害(VCの低下)やガス交換障害(安静時や運動時のA-aDO2の増大、安静時または運動時のPaO2の低下、あるいはDLCOの低下)などの呼吸機能検査異常 HRCTで両側底部・胸膜直下優位に明らかな 蜂巣肺 所見を伴う網状陰影とわずかなすりガラス陰影[ja.wikipedia.org]

  • 新生児間質性肺線維症

    CT(コンピュータ断層撮影)検査では、肺胞の詰まりのほかにも、胞タンパク症を示す変化がみられます。機能検査機能検査 )では、に吸い込める空気の量が異常に少ないことが明らかになります。血液検査では、酸素レベルの低下がみられ、初めは運動時だけですが、やがて安静時にもみられるようになります。[msdmanuals.com]

  • 剥離性間質性肺炎

    肺活量や拡散能などの機能検査にも異常を認めるようになります。硬くなったを押し広げるため、胸部を聴診すると吸気の終末にパリパリという雑音を聴取します(fine crackle)し、手足の指の末端が太鼓のばちのような形状を呈することもあります(ばち指)。[saga-hor.jp] また、全ゲノム連鎖解析により中心的な細胞としてII型胞上皮細胞が注目され、その機能に関与する遺伝子異常が報告されている。 d.臨床症状と検査所見 以下の症状や所見はIPFを中心とした記述である。歴史的にもIPF以外の特発性間質性肺炎(IIPs)は新たな病理像として見出されたものであり、臨床症状や検査所見は共通するところが多い。[shiseikaidai2.crayonsite.net]

  • 肺線維症

    主診断基準 [ 編集 ] 薬剤性、環境暴露、膠原病など原因が既知の間質性肺疾患の除外 拘束性障害(VCの低下)やガス交換障害(安静時や運動時のA-aDO2の増大、安静時または運動時のPaO2の低下、あるいはDLCOの低下)などの呼吸機能検査異常 HRCTで両側底部・胸膜直下優位に明らかな 蜂巣肺 所見を伴う網状陰影とわずかなすりガラス陰影[ja.wikipedia.org] 「肺活量」や「1秒量・1秒率」の検査では、空気をに出し入れする換気機能を調べることで、肺気腫や慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくなどがわかります。 「胸部X線検査」では、異常な陰影から肺炎や肺結核、気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、気胸、胸膜炎などがわかります。 各検査項目の詳細については、 こちら をご覧ください。[kyoukaikenpo.or.jp]

  • 二次性肺間質性線維症

    「肺活量」や「1秒量・1秒率」の検査では、空気をに出し入れする換気機能を調べることで、肺気腫や慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくなどがわかります。 「胸部X線検査」では、異常な陰影から肺炎や肺結核、気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、気胸、胸膜炎などがわかります。 各検査項目の詳細については、 こちら をご覧ください。[kyoukaikenpo.or.jp]

  • 反応性気道疾患

    年齢」というのは、性別、年齢、身長、スパイロメトリーの検査値(1秒量・努力肺活量)から算出し、実年齢とのかい離から機能異常をはっきりと自覚してもらうというのが目的で考え出された指標です。COPDの早期発見、早期介入のためにはスパイロメトリーが重要な手段となり、肺年齢の表示はCOPD患者の認識向上に有益であります。[wored.or.jp] 一方、肺気腫は明らかな線維化を伴わず胞壁の破壊を伴い、終末細気管支より遠位の気腔の異常、かつ永久的拡張を示す状態をいいます。COPDが呼吸機能検査で診断するのに対して、肺気腫は病理学的な診断です。臨床的には、胸部CTで気腫性変化が認められれば肺気腫と診断できます。[shinshu-u-1nai.jp]

さらなる症状