Create issue ticket

考えれる93県の原因 肺好酸球増加症

  • 特発性好酸球増加症

    の異常 1) 増加 a PIE症候群 a) Lo(")ffler症候群 矢野平一 98 b) 遷延性(増加) 矢野平一 101 c) 喘息性増加 瀬畠克之 104 d) アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss症候群) 古谷伸之 107 e) Wegener肉芽腫症 岡部英明 110 f) 結節性動脈周囲炎[nippon-rinsho.co.jp] 【好中球増加】 扁桃炎(へんとうえん)、肺炎、骨髄炎(こつずいえん)、脳炎、 慢性骨髄性白血病、心筋梗塞、外傷など 【減少】 再生不良性貧血、急性白血病、結核、など 【増加】 アレルギー性疾患、寄生虫症、クラミジアなど 【好塩基球増加】 甲状腺機能低下症(粘液水腫)、慢性骨髄性白血病、 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん[okazakinaika.jp] 1975年のChusidらの診断基準では、末梢血増加(1500/μl以上)が6ヶ月以上、寄生虫感染・アレルギー・その他の疾患が除外され、浸潤による臓器障害(心、、中枢神経系、皮膚)がみられる場合にHESと診断される。心筋障害や弁膜症などの心病変は60%に認められ生命予後に影響する。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 回虫症

    犬の回虫症 原因 犬回虫もしくは犬小回虫の感染によって病気が起こります。どちらも寄生虫もヒトに感染することがあります。 犬回虫 犬回虫は次の経路で感染します。 ① 犬回虫の成熟した虫卵を食べる。 ② 犬回虫に感染した小動物(ネズミなど)を食べる。 ③ 胎盤感染によって母犬から子犬に感染する。 ④ 乳汁感染によって母犬から子犬に感染する。 感染した犬回虫の幼虫は以下のように体の中を移動していきます。 生後5週齢以下:小腸で孵化(卵からかえる) 腸壁に侵入 肝臓 心臓 肺 気管 咽頭(のど) 食道 胃 小腸(成虫) 生後5週齢以上:小腸で孵化(卵からかえる) 腸壁に侵入 肝臓 心臓[…][noah-vet.co.jp]

  • フィラリア症

    感染症についての情報 フィラリア症 Filariasis フィラリア症は、糸状線虫という寄生虫に寄生されることによってかかる病気で、ヒトからヒトへうつることはありません。 どうやってうつる 寄生虫に感染した蚊に刺されることによってうつります。 症状 足、腕、胸、陰茎や陰嚢などが腫れあがります。咳や発熱がおこることもあります。何の症状も起こらないことも多いです。 治療 駆虫薬を服用します。寄生虫を摘出する手術が行われる場合もあります。 予防 ワクチンや予防薬はありません。蚊に刺されないよう、虫刺され対策を行ってください。 虫除け対策をしよう 危険のある地域[…][forth.go.jp]

  • 顎口虫症

    顎口虫症(がくこうちゅうしょう、英:Gnathostomiasis)はヒトが顎口虫の幼虫が寄生したライギョ・ソウギョなどの中間宿主を生食することにより感染する疾病。顎口虫は本来終宿主であるイヌやネコ、ブタなどの哺乳動物の胃壁などで成虫となるが、人の体内においては成虫になることができず、幼虫のまま皮下を移動し続け移動性の浮腫などの症状を引き起こす。まれに腸管出血、腸閉塞、血管中を移動し心筋梗塞などが報告される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    一方、増加はアレルギーか寄生虫性肺臓炎を示唆するかもしれない。動脈血ガス分析は、重度な閉塞性疾患の患者で行われることがある。低換気による炭酸ガス分圧の上昇は、呼吸仕事の増加とともに換気不全の発症を示す重大な所見である。[sagamigaoka-ac.com]

  • 線維性気管支炎

    急性性肺炎 慢性性肺炎 熱帯性増多 アレルギー性肺炎 単純性増加 レフレル症候群 性気管支炎 その他の間質性疾患 肺胞蛋白症 肺胞微石症 急性間質性肺炎 びまん性間質性肺炎 肺線維症 特発性肺線維症(IPF) 通常型間質性肺炎 特発性間質性肺炎 リンパ球性間質性肺炎 炎症後肺線維症 呼吸細気管支炎関連性間質性肺疾患[scuel.me] 93 サルコイドーシスと肉芽腫性疾患 94 外因性アレルギー性胞隔炎 95 特発性線維性胞隔炎 96 増加と血管炎 97 真菌症と 98 職業病性肺疾患 99 薬物誘発性肺疾患 100 器質化肺炎を伴う閉塞性細気管支炎と急性呼吸促迫症候群 101 肺原発腫瘍 消化器疾患 102 食中毒と消化管感染症 103 逆流と食道裂孔[medsi.co.jp] による呼吸器病態 化学物質性気管支炎 フューム肺炎 化学物質性肺水腫 気道反応不全症候群 慢性化学性気管支炎 パラコート肺 その他の外的因子による呼吸器病態 放射線肺炎 放射線性肺線維症 放射線胸膜炎 急性薬物誘発性間質性肺障害 慢性薬物誘発性間質性肺障害 薬剤性間質性肺炎 高地肺水腫 輸血関連急性肺障害 肺好酸球症,他に分類されないもの 性肺炎[scuel.me]

  • 良性移動性舌炎

    アレルギー性肺炎 レフレル症候群 急性性肺炎 性肺炎 増加性喘息 熱帯性増多 増加 慢性性肺炎 単純性増加 遷延性増加 性気管支炎 J82 好酸球症, 他に分類されないもの 肺胞蛋白症 肺胞微石症 先天性肺胞蛋白症 遺伝性肺胞蛋白症 自己免疫性肺胞蛋白症 特発性肺胞蛋白症[kegg.jp] 急性薬物誘発性間質性肺障害 慢性薬物誘発性間質性肺障害 J703 慢性薬物誘発性間質性肺障害 薬剤性間質性肺炎 J704 薬物誘発性間質性肺障害, 詳細不明 高地肺水腫 輸血関連急性肺障害 J708 その他の明示された外的因子による呼吸器病態 ショック肺 急性呼吸窮迫症候群 J80 成人呼吸促迫症候群 急性肺水腫 肺水腫 非心原性肺水腫 再膨張性肺水腫 J81 水腫[kegg.jp]

  • 急性過換気

    感染以外では咳喘息のことが多く、痰の検査(増加)、機能検査、呼気NO測定、採血検査などを行い、治療薬の効果も総合して診断します。 その他の原因としてはアトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流、後鼻漏症候群、薬剤性、心因性・習慣性などがあり、稀に、気管・気管支の腫瘍、気管支内異物、気管・気管支軟化症などのこともあります。[yanase.or.jp]

  • 多発性神経炎

    MPO-ANCAは、本の40-70%程度で陽性となる。病変を伴う場合の肺胞洗浄液に増加が見られることがある。組織検査では、肺病変、神経病変、皮膚病変などの病変部位に、好酸球浸潤や肉芽腫の形成をみとめる。 診断 AGA(CSS)の診断基準:厚生労働省 主要臨床所見 1. 気管支喘息あるいはアレルギー性鼻炎 2. 好酸球増加 3.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 関節痛(炎)、筋痛(炎) 肺 61% 肺炎、浸潤影・結節影、好酸球浸潤、肺胞出血、胸水 皮膚 49% 紫斑、結節性紅斑、網状皮斑 心 47% 心外膜炎、不整脈、狭心症、冠動脈炎 腎 19% 蛋白尿、糸球体腎炎 中枢神経 15% 脳梗塞、脳出血、脳血管炎、精神症状 眼 12% 強膜炎 検査所見 血液検査では、炎症所見(CRP上昇、血沈亢進)、増加[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    慢性性肺炎 増加症候群 過敏性肺臓炎 サルコイドーシス グッドパスチャー症候群 循環障害 肺血栓塞栓 肺性心 新生児呼吸窮迫症候群 急性呼吸窮迫症候群 肺代謝異常 肺胞蛋白症 肺胞微石症 機能的障害 過換気症候群 睡眠時無呼吸症候群 感染性疾患 表 話 編 歴 気道感染 上気道 風邪 ライノウイルス アデノウイルス パラインフルエンザウイルス[ja.wikipedia.org] NSIP COP AIP DIP RB-ILD LIP 続発性 塵肺 放射線肺炎 薬剤性肺炎 無気肺 気胸 血胸 形態異常 気管支拡張症 肺分画症 肺嚢胞症 腫瘍 良性腫瘍 肺過誤腫 硬化性肺胞上皮腫 悪性腫瘍 低悪性度肺腫瘍 原発性肺癌 転移性肺癌 中皮腫 アレルギー 気管支喘息 アスピリン喘息 好酸球性肺炎 Löffler症候群 急性性肺炎[ja.wikipedia.org]

さらなる症状