Create issue ticket

考えれる25県の原因 肺動脈幹拡大

  • 心房中隔欠損

    胸部X線では,右房および右室拡大を伴う心拡大動脈拡大,ならびに血管陰影の増強を認める。 心臓カテーテル検査は,欠損孔のカテーテル閉鎖術を予定する場合を除いて,通常は必要ない。 治療 中心に位置する小さなASD(3mm未満)は大半が自然閉鎖し,3 8mmのASDも多くが3歳までに自然閉鎖する。[msdmanuals.com]

  • 右心不全

    胸部X線で,血流減少に伴う血管影減少,野は明るく,高血圧をきたせば動脈動脈中枢側拡大と末梢側縮小化(centralization),肺血栓塞栓症では局所的肺血流減少像(Westermark sign)や肺動脈中枢部拡張と末梢の急激な先細り(knuckle sign)がみられる。[jmedj.co.jp]

  • 動脈塞栓症

    胸部X線写真も特異的な所見はなく、浸潤陰影、胸水貯留、患側の横隔膜の挙上、動脈拡大紋陰影の局所的減少などを認めることがある。心エコー図では、右室圧上昇による右室拡大や心室中隔の扁平化を高率に認め、診断の有力な根拠となる。肺シンチグラフィには、肺血流シンチグラフィと肺換気シンチグラフィがある。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 肺腫瘍塞栓症

    心電図(右軸偏移、R/S 1 in V 1 ・R/S 1 in V 5,6 ・P波増高 in Ⅱなどの右心負荷所見)、胸部レントゲン(右室肥大、動脈拡大)、心エコー(推定PA収縮期圧 4xV 2 RA圧(5 10)、40mmHgを目安、V:三尖弁逆流速度、右心房・右心室の拡大、左心室の収縮不全・拡張不全)、肺拡散能(%DLCOの低下[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 再発肺塞栓症

    から左動脈および両肺動脈下葉枝におよぶ巨大な血栓を認め,胸水貯留および右心系の拡大,左心系の虚脱を認めた.また,下大静脈以下に血栓を認めなかったものの右下腿の静脈系に拡張を認めた.さらに下大静脈は両側腸骨静脈よりそのまま 2 本で上行し腎静脈合流部で 1 本となる重複下大静脈であった.術後の右足の荷重制限より臥床を要するため,さらなる血栓症[js-phlebology.org] 現病歴】2006年 6 月13日,交通事故により入院.右股関節脱臼骨折の診断にて 6 月20日,右臼蓋形成術を施行した.術後は弾性ストッキングおよびfoot pumpを使用していた.リハビリをベットサイドにて開始するも 7 月 2 日,突然の呼吸困難出現.SpO2も80%と低下し,酸素投与を行った.CTにて肺塞栓を認め当科転院となる.CT上動脈[js-phlebology.org]

  • 大動脈瘤および解離

    FBN1 最も一般的なFBN1関連の症候群は、マルファン症候群であり、循環器系の発見により特徴付けられる(バルサルバ洞レベルでの大動脈の拡大、大動脈の亀裂や破壊の傾向(Table 2参照)、逆流を伴うまたは伴わない僧帽弁逸脱、三尖弁逸脱症、近位動脈拡大)。[plaza.umin.ac.jp] 眼科的所見(近視、水晶体偏位)や骨格の所見(体に対して異常に長い四肢、関節弛緩症、漏斗胸、鳩胸、脊柱側弯症)。[plaza.umin.ac.jp]

  • 肺血管腫

    心電図(右軸偏移、R/S 1 in V 1 ・R/S 1 in V 5,6 ・P波増高 in Ⅱなどの右心負荷所見)、胸部レントゲン(右室肥大、動脈拡大)、心エコー(推定PA収縮期圧 4xV 2 RA圧(5 10)、40mmHgを目安、V:三尖弁逆流速度、右心房・右心室の拡大、左心室の収縮不全・拡張不全)、肺拡散能(%DLCOの低下[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    FBN1 最も一般的なFBN1関連の症候群は、マルファン症候群であり、循環器系の発見により特徴付けられる(バルサルバ洞レベルでの大動脈の拡大、大動脈の亀裂や破壊の傾向(Table 2参照)、逆流を伴うまたは伴わない僧帽弁逸脱、三尖弁逸脱症、近位動脈拡大)。[plaza.umin.ac.jp] 眼科的所見(近視、水晶体偏位)や骨格の所見(体に対して異常に長い四肢、関節弛緩症、漏斗胸、鳩胸、脊柱側弯症)。[plaza.umin.ac.jp]

  • 肺高血圧症

    心電図(右軸偏移、R/S 1 in V 1 ・R/S 1 in V 5,6 ・P波増高 in Ⅱなどの右心負荷所見)、胸部レントゲン(右室肥大、動脈拡大)、心エコー(推定PA収縮期圧 4xV 2 RA圧(5 10)、40mmHgを目安、V:三尖弁逆流速度、右心房・右心室の拡大、左心室の収縮不全・拡張不全)、肺拡散能(%DLCOの低下[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    また大動脈狭窄症の場合は狭窄後拡張によって左第1弓の拡大が見られる場合もある。 左第2弓 正常では動脈、および左動脈による影である。肺動脈が拡張する疾患では拡大する。具体的には左 右シャントのある 心房中隔欠損症 、 心室中隔欠損症 、肺動脈狭窄症、肺高血圧が存在すると拡大する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状