Create issue ticket

考えれる105県の原因 肩甲骨痛

  • 線維筋痛症

    本文 このガイドラインは書籍として発行されています。 詳細はこちら ※このガイドラインは日本内分泌学会、日本内分泌外科学会より許可を得て掲載しています。 ※書誌情報には、評価対象となった発行物の情報を記載しています。 ※Mindsが提供するコンテンツの著作権は、それを作成した著作者・出版社に帰属しています。私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。 ※作成団体との取り決めにより、診療ガイドラインである第2部と第3部のみ本文を掲載しています。 目次 はじめに 第1部 疾患の解説とトピックス 1-1 ガイドライン改定の背景 1-2 疾患の解説 1-3 トピックス: a[…][minds.jcqhc.or.jp]

  • 慢性疲労症候群

    May 12 ME/CFS & Lyme Japan 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? こちらをクリック 2019年 ”ひとりじゃないよ!”-目に見えない!社会に見えない障害:ME/CFS,FM, MCS, Lyme5月世界啓発フェスの動画配信は、 こちらをクリック! 世界のME患者の健康の平等を訴える #MillionsMissing2019登録イベントです。 一緒にネット啓発運動をしよう![…][markhouse-projects.com]

  • 頸部脊椎症

    胸椎より上には症状が出ませんので、頚椎病変を合併しない場合は頚部・甲骨、上肢の症状はありません。 治療方法 頚椎後縦靭帯骨化症 頚髄症は通常徐々に発症してゆきますが、靭帯骨化症では椎間の可動性が小さくなり、動きが固くなっていきます。 動きが残っている椎間に力が集中し症状が急速に悪化する場合もあります。[hokkaido-seikei-kinen.jp] 神経根障害では、頚部甲骨周囲あるいは上肢の局所的な痛みを伴うことが多く、腕が上がらないなどの局所的な上肢の運動障害を伴う場合もあります。[square.umin.ac.jp] 【症状】 局所症状:頭痛、頸部、頸部から甲骨・背部の凝りや不快感、頸部の運動制限 神経根症状:から上肢にかけての放散、前腕や手指のしびれと知覚障害、筋萎縮、筋肉の線維性攣縮(ピクピクするような痙攣) 脊髄圧迫症状:手指・手掌全体から体幹や下肢に及ぶしびれや感覚障害、巧緻運動障害(箸が使いづらい、ボタンがかけづらいなど)、下肢痙性麻痺[shimazaki-hospital.com]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 頸部椎間板ヘルニア

    頸椎椎間板ヘルニアではシビレに先だって頸部甲骨の内側に強い筋肉を伴うことがありますが、ないこともあります。最も多い第6頸髄神経根の刺激症状では、親指と人指し指のシビレで始まります。シビレが強くなると、さらに、前腕にも広がることがあります。第7頸髄神経根の刺激では、中指がシビレます。[kameda.com] 頚椎椎間板ヘルニアの症状 頚椎症状 首から甲骨・背中にかけての痛み、しびれ感や頚椎の運動制限がみられる。 神経根症状 片側の甲骨から背中にかけての痛み(放散)、しびれ感、感覚障害、脱力感など。 脊髄症状 脊髄症の場合の感覚障害は脊髄伝導障害によるため、手指全体の感覚障害や掌全体に及ぶしびれ感が主体になる。[takinogawa-medical.jp] 神経根障害では、頚部甲骨周囲あるいは上肢の局所的な痛みを伴うことが多く、腕が上がらないなどの局所的な上肢の運動障害を伴う場合もあります。[square.umin.ac.jp]

  • 胸膜炎

    胸膜炎(きょうまくえん)とは、肺の外部を覆う胸膜(壁側胸膜 肋膜・肺胸膜)に炎症が起こる疾患である。かつては肋膜炎(ろくまくえん)とも呼ばれていた。胸膜炎はそれ自体で発症することは少なく、ほとんどは癌・結核・肺炎などの後に発症することが多い。 胸の痛み(胸水が溜まることによる) 呼吸困難(胸水が溜まることによる) 発熱 咳・痰 など 癌による胸膜炎(がん性胸膜炎) 肺癌をはじめとするほかの部位にできたがんの転移などによるもの 結核菌による胸膜炎 肺結核をはじめとして結核菌によるもの その他の疾患による胸膜炎 肺炎や肺の化膿など肺に細菌が感染したことに伴うもの 慢性関節リウマチなどに伴うもの[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性胆嚢炎

    交雑種,雌,約4カ月齢,鑑定殺.2010年2月に食欲不振,腹囲の膨満,軟便がみられた.抗生物質による治療に反応せず治療を終了.同年5月,依然腹囲の膨満があり,発育不良のため病性鑑定に供した. 剖検では,肝臓表面に微小な白色結節が認められた.胆嚢壁は肥厚し,緑色の胆汁を少量容れていた.第一胃は腫大し,粘膜では第一胃乳頭が内容物及び体毛により接着し,小塊を形成していた.十二指腸及び回盲部粘膜の一部に充血が認められた.[…][naro.affrc.go.jp]

  • 急性胆嚢炎

    質問 55歳の女性です。今まで病院にかかったことがなかったのですが、昨日夕食後に突然みぞおちが激しく痛み、吐き気があり、脂汗が出るほどでした。3、4時間ほどして軽くなりましたが、寒気もして夜中眠れませんでした。下痢はありません。朝になっても食事をとるのが怖く、病院に行こうと思っています。 回答[…][funairi-hospital.jp]

  • 肩甲骨骨折

    しかし、過去には、甲骨の横骨折で、骨折部に軋轢音が認められ、骨折部の圧関節の運動制限で12級6号が認められた例があります。 骨折部の3DCTをチェックし、丹念に精査をしなければなりません。[jiko-110.com] ただし、甲骨骨折で骨折部に軋轢音が発生し、圧関節の運動制限が残って後遺障害 12 級 6 号が認められたケースなどもあります。このようなことからすると、肩甲骨の単独骨折であっても予断は禁物であり、骨折部の 3DCT 画像を丁寧にチェックして、症状を精査すべきです。[kouishougai.jp] しかし、過去には、甲骨の横骨折で、骨折部に軋轢音が認められ、 骨折部の圧関節の運動制限で12級6号が認められた例があります。 やはり、予断は禁物で、骨折部の3DCTをチェックし、丹念に精査をしなければなりません。 2)直近の例、30歳男性、傷病名は、右肩甲骨体部横骨折、右肋骨骨折、右鎖骨遠位端骨折です。[jiko110.com]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    要点 おもに子供に生じる病気で,10歳以下に多いです ほんとの腫瘍とはいいがたいものですが,ランゲルハンス細胞の異常(腫瘍性)増殖による炎症と考えられています とても大切なことは何も治療をしなくても自然に治ってしまうことがあることです(自然寛解) 全身のどこでも できる病気ですが, 頭蓋骨と脳 にも生じます 頭蓋骨にできるものは,好酸性肉芽腫症とよばれました 頭蓋骨では,頭の骨が盛り上がったりへこんだりして気づくことが多いです レントゲン検査で,頭蓋骨が丸くポコンと抜ける ように溶けているのが特長です 頭蓋骨の中でも頭蓋底という頭の底の骨にできるものはやっかいです[…][plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状