Create issue ticket

考えれる4県の原因 肩の過度可動性

  • 交差性融合異所性腎

    筋骨格 関節の過度可動はKSをもつ人の50% 75%にみられる。関節の脱臼は、とくに股関節、膝蓋骨、関節でよくおこる。関節弛緩症を伴う多くの疾患と同様、この所見は年齢とともに改善する。 様々な程度の脊柱側弯と脊柱後弯がみられ、椎骨奇形(半椎、蝶形椎、矢状裂)と関連しているかもしれない。[grj.umin.jp]

  • チャージ症候群

    筋骨格 関節の過度可動はKSをもつ人の50% 75%にみられる。関節の脱臼は、とくに股関節、膝蓋骨、関節でよくおこる。関節弛緩症を伴う多くの疾患と同様、この所見は年齢とともに改善する。 様々な程度の脊柱側弯と脊柱後弯がみられ、椎骨奇形(半椎、蝶形椎、矢状裂)と関連しているかもしれない。[grj.umin.jp]

  • 眼-口蓋-大脳症候群

    筋骨格 関節の過度可動はKSをもつ人の50% 75%にみられる。関節の脱臼は、とくに股関節、膝蓋骨、関節でよくおこる。関節弛緩症を伴う多くの疾患と同様、この所見は年齢とともに改善する。 様々な程度の脊柱側弯と脊柱後弯がみられ、椎骨奇形(半椎、蝶形椎、矢状裂)と関連しているかもしれない。[grj.umin.jp]

  • 炭水化物代謝の障害

    コアの安定 股関節・甲帯の可動性も重要な要素となる。 ※サッカーではヘディング、キック、胸トラップなどに注意が必要! 発育期に起こりやすいスポーツ障害  オスグッド-シュラッター病 脛骨結節(お皿の下の骨)の突出と痛み。時に、腫脹、熱感を伴います。10 15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。[jfa.jp] 外傷・障害とは ・スポーツ外傷:突発性のケガ(骨折、捻挫、肉離れ等) ・スポーツ障害:過剰な練習、繰り返しの動作で発症する運動器の損傷(野球肘・オスグッド・シュラッター病等) 発育期に起こりやすいスポーツ障害  腰椎分離症 過度な腰の反りや捻りがストレスとなる背骨の疲労骨折。腰を反りすぎる動作に注意![jfa.jp]

さらなる症状