Create issue ticket

考えれる18県の原因 肥大性骨関節症, 胸膜滲出液

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 気管支腺癌
  • 細気管支肺胞上皮癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 胸膜中皮腫

    とくに、石綿粉じんを吸入することによって、胸腔内に胸膜炎による滲出(胸水)が生じる場合を良性石綿胸水と呼びます。 良性石綿胸水は胸水の消失とともに治癒する疾患なので、石綿救済給付の対象疾病とはなっていません。しかし、まれに胸水がひかずに被包化され、そのために呼吸機能障害が残る場合があります。[erca.go.jp]

  • 石綿症

    4 良性石綿胸膜胸膜腔内に滲出が生じるもので、半数近くは自覚症状がなく、症状がある場合は、咳嗽、呼吸困難の頻度が高いといわれています。[city.hamamatsu.shizuoka.jp] (4) 良性石綿胸膜胸膜に炎症がおこり、胸膜腔内に滲出が生じるもので、半数近くは自覚症状が無く、症状がある場合は咳嗽、呼吸困難の頻度が高いといわれています。[pref.kyoto.jp] とくに、石綿粉じんを吸入することによって、胸腔内に胸膜炎による滲出(胸水)が生じる場合を良性石綿胸水と呼びます。 良性石綿胸水は胸水の消失とともに治癒する疾患なので、石綿救済給付の対象疾病とはなっていません。しかし、まれに胸水がひかずに被包化され、そのために呼吸機能障害が残る場合があります。[erca.go.jp]

  • 肺膿瘍
  • 気管支拡張症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状