Create issue ticket

考えれる35県の原因 肥厚した表皮の顆粒層

  • 日光角化症

    病理組織学 的には、日光角化症の病態は 表皮 の 異形成 である。角化肥厚、不全角化、顆粒細胞の菲薄化、表皮基底層から有棘細胞層中層に異型表皮細胞の出現が認められる。異型細胞は核の腫大、 クロマチン パターンの粗網化、孤細胞核化を示す。核分裂像もしばしば観察される。 ボーエン病 に比較して核異型や核形態の多態性は顕著でない。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 尖圭コンジローマ

    組織学的特徴は軽度の過角化、舌状の表皮肥厚、上皮細胞の乳頭状増殖で、表皮突起部位の顆粒に濃縮した核と細胞質が空胞化した像 (koilocytosis)がみられる。ヒトパピローマウイルスのDNA は容易に検出できる。[niid.go.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 喉頭乳頭腫

    組織学的特徴は軽度の過角化、舌状の表皮肥厚、上皮細胞の乳頭状増殖で、表皮突起部位の顆粒に濃縮した核と細胞質が空胞化した像 (koilocytosis)がみられる。ヒトパピローマウイルスのDNA は容易に検出できる。[niid.go.jp]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    顆粒変性(有棘上層から顆粒層にかけて表皮細胞の核周囲の空胞と粗大なケラトヒアリン顆粒がみられ、細胞内浮腫が顕著)がみられる(BCIE) i) 組織学的には、光顕では著明な過角化と表皮肥厚、不全角化などがみられる(BCIEを除く全て) 原因遺伝子 1)BCIEでは下記の遺伝子変異が原因です。[shinagawaseasideclinic.com] ) d) 生後まもなく皮膚は乾燥し、眼瞼外反・口運動障害などを生じる(NBCIE, LI, HI) e) 全身の潮紅は明らかでなく、粗大・暗褐色・板状の鱗屑を伴う(LI) f) 出生時には全身が厚い板状の角質に覆われ、眼瞼外反、口唇突出開口、耳介変形が見られる(HI) g) 皮膚以外の症状を持つ(GI) h) 組織学的には、著明な過角化と表皮肥厚[shinagawaseasideclinic.com]

  • 単純性表皮水疱症、コブナー

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 先天性全身型リポジストロフィー4型

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 限局性血管角化腫

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    表皮低形成) 3.過角化(角質増殖/角質肥厚/角質増生) 4.不全角化(錯角化) 5.異常角化(異角化)(個細胞角化) 6.顆粒肥厚 7.顆粒変性 8.海綿状態(表皮細胞間浮腫) 9.細胞内浮腫(球状変性) 10.封入体 11.棘融解 12.水疱 13.膿疱 14.表皮内細胞浸潤 15.経表皮性排除 b.表皮真皮接合部 1.液状変性(空胞変性[rr2.nakayamashoten.co.jp] 反応様式 3.血清免疫反応 b.免疫担当細胞 1.一般的な免疫担当細胞 2.皮膚に特異的な免疫担当細胞 c.アレルギー反応 1.Ⅰ型アレルギー反応 2.II型アレルギー反応 3.III型アレルギー反応 4.IV型アレルギー反応 2章 皮膚病理組織学 A.皮膚生検と標本の作製 B.皮膚病理所見のみかた a.表皮 1.表皮肥厚(表皮過形成) 2.表皮萎縮[rr2.nakayamashoten.co.jp]

さらなる症状