Create issue ticket

考えれる4県の原因 肢痙攣

  • 血栓症

    症状としては頭痛、視覚異常、その他(一側性の顔面や上下の麻痺、痙攣など)脳卒中で起こる症状のいずれもが起こりうる。診断は通常CTスキャンあるいはMRIで行われる。発症した患者の多くは良好な経過をたどり、完全に回復する。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    間代性痙攣は筋の過剰な収縮と弛緩をある程度規則的に反復するガクガクとした痙攣である。過剰筋収縮が持続し、を伸展、すなわち突っ張るような、あるいは屈曲位を持続するのが強直性痙攣である。強直性痙攣から間代性痙攣に移行するのが強直間代性痙攣である。[ja.wikipedia.org] 発作焦点から始まった局所的な大脳ニューロンの過剰放電が一次運動野にそって波及すると、例えば顔の片側に始まった痙攣が同側の手指から前腕、上腕と波及していくことがあるジャクソンマーチという。痙攣した後に痙攣したが一過性に麻痺することがありトッドの麻痺という。[ja.wikipedia.org]

  • 痙攣

    間代性痙攣は、筋の過剰な収縮と弛緩をある程度規則的に反復するガクガクとした痙攣である。過剰筋収縮が持続し、を伸展、すなわち突っ張るような、あるいは屈曲位を持続するのが強直性痙攣である。強直性痙攣から間代性痙攣に移行するのが強直間代性痙攣である。[ja.wikipedia.org] 発作焦点から始まった局所的な大脳ニューロンの過剰放電が一次運動野にそって波及すると、例えば顔の片側に始まった痙攣が同側の手指から前腕、上腕と波及していくことがあるジャクソンマーチという。痙攣した後に痙攣したが一過性に麻痺することがあり、この状態をトッドの麻痺という。[ja.wikipedia.org] 特に眼球偏位に伴って一部に力が入り不自然な位となって筋緊張が亢進している場合は痙攣発作である可能性が高い。こういった場合は抗痙攣薬や人工呼吸器を含めた全身管理を行い、髄膜炎、脳炎、出血といった原因精査を行う。 髄膜炎は原因微生物によって細菌性髄膜炎、無菌性髄膜炎、結核性髄膜炎に分かれる。髄液所見によってこれらを鑑別するのが一般的である。[ja.wikipedia.org]

  • ジストニア

    (8)参考事項:発作は一側の上下に生じることが多いが、両側のことも体幹や顔面を含むこともある。発作時に痙攣や意識障害を伴わない。発作間歇期には原則として神経学的異常を認めない。[nanbyou.or.jp] 錐体外路症は舞踏運動が50%、局所性ジストニア43%、パーキンソニズム7.5%で急性バリスムや顔面痙攣、書痙はまれである。口下顎ジストニアや発生困難は見られる。顔面のジストニアは動作特異的で会話の際に広頸筋や前頭筋が収縮する、他の脳神経には問題ない。進行すると舞踏運動とジストニア双方が見られるようになる。[nanbyou.or.jp] 19q13.3-q13.4、原因遺伝子 FTL gene の第4exonの460insA変異、 まれに458dupA、遺伝子産物 FTL:ferritin light chain) MIM ID #606159 (2)発症年齢:平均39歳(13 63歳) (3)頻度:世界で100例以下 2.臨床症状 成人発症の舞踏運動又はジストニアを1 2[nanbyou.or.jp]

さらなる症状