Create issue ticket

考えれる29県の原因 肢リンパ浮腫

  • 脂肪浮腫

    顔面骨骨折(頬骨・眼窩壁)、顔面神経麻痺による顔面変形、皮膚悪性腫瘍 眼瞼・眼窩 上眼瞼下垂、下眼瞼内反/外反、睫毛乱生、涙道閉塞 耳介・外鼻 先天性耳介変形(埋没耳など)外傷性耳介・外鼻変形 口唇・口腔 口唇裂・口蓋裂、それに伴う歯槽骨欠損、鼻咽腔閉鎖不全、外鼻変形、不正咬合 胸・腹 乳癌術後乳房変形、陥没乳頭、臍ヘルニア 手・足 上下リンパ[nanbu.saiseikai.or.jp] リンパ流を測定できる可能性がある。 リンパシンチグラフィ(左下リンパ浮腫) リンパ浮腫の診断から治療までしっかりと行っている施設は全国に10程度ですが、これらの施設でもリンパ浮腫の画像検査の使い方、評価方法などは微妙に異なります。保険の問題もあり、診断方法は統一されていない現状があります。[yamatocity-mh.jp] 3.リンパ浮腫の病期 病期分類については、国際リンパ学会によるものが指標とされる(表1)。 患は、部位によって病状が異なることが多いため、最も進行した部位より判断される。[hhk.jp]

  • レイノー病

    リンパ系疾患(リンパ浮腫、蜂窩織炎) が赤く腫れて熱をもって痛いなどの症状。しっかり通院して良くなるまで月単位でかかります。一緒に頑張って治しましょう。[k-heart-cl.jp]

  • 皮膚癌

    指の切断手術を行った場合、患のしびれや痛みが残ることがあります。所属リンパ節を摘出した場合には浮腫(はれ)やしびれが残ることがあります。 2)化学療法 抗がん剤による治療ですが、インターフェロンと組み合わせた治療もあります。悪性黒色腫では数種類の抗がん剤を組み合わせて静脈注射する方法が一般的です。[ogaki-mh.jp]

  • 基底細胞癌

    指の切断手術を行った場合、患のしびれや痛みが残ることがあります。所属リンパ節を摘出した場合には浮腫(はれ)やしびれが残ることがあります。 2)化学療法 抗がん剤による治療ですが、インターフェロンと組み合わせた治療もあります。悪性黒色腫では数種類の抗がん剤を組み合わせて静脈注射する方法が一般的です。[ogaki-mh.jp]

  • 悪性血管内皮腫

    長期的な影響には、 慢性疼痛 、心不全、骨の問題、 リンパ浮腫 (組織内での リンパ液 の貯留)。 まれにしか拡がらない中間型腫瘍 以下の治療法に関する情報については、 治療選択の概要 のセクションをご覧ください。 偽筋原性血管内皮腫 偽筋原性血管内皮腫 は小児にもみられますが、20 50歳の男性に最も多く発生します。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • レミエール症候群

    節炎, 腸間膜を除く リンパ節炎 非特異性リンパ節炎 I889 非特異性リンパ節炎, 詳細不明 リンパ管拡張症 上下リンパ浮腫 腸管リンパ管拡張症 リンパ浮腫 上肢リンパ浮腫 下肢リンパ浮腫 I890 リンパ浮腫, 他に分類されないもの リンパ管炎 亜急性リンパ管炎 慢性リンパ管炎 I891 リンパ管炎 リポメラニン性細網症 上肢リンパうっ[kegg.jp] 大静脈狭窄症 ナットクラッカー現象 鎖骨下静脈狭窄 I871 静脈圧迫 静脈機能不全症 I872 静脈機能不全(慢性)(末梢) 静脈結石 I878 静脈のその他の明示された障害 腸間膜リンパ節炎 非特異性腸間膜リンパ節炎 I880 非特異性腸間膜リンパ節炎 H01397 耳後部リンパ節炎 耳後部リンパ腺炎 慢性リンパ節炎 I881 慢性リンパ[kegg.jp]

  • 腹部大動脈血栓症

    リンパ浮腫に対するリンパ浮腫複合的治療 原発性および二次性(子宮がん、乳がん、前立腺がん等の術後)リンパ浮腫患者に対して、リンパ浮腫複合的理学治療(用手的リンパ誘導マッサージ、圧迫療法、圧迫下の運動療法、日常生活指導、スキンケア等) を、リンパ浮腫療法士(リンパ浮腫セラピスト)の指導の下、約2週間の教育入院で行っております。[jrsendai-hospital.jp] 過去10年間のSEPS手術成績は、潰瘍治癒率92.4 %(49/53)と良好でした。[jrsendai-hospital.jp]

  • 悪性黒子型黒色腫

    指の切断手術を行った場合、患のしびれや痛みが残ることがあります。所属リンパ節を摘出した場合には浮腫(はれ)やしびれが残ることがあります。 2)化学療法 抗がん剤による治療ですが、インターフェロンと組み合わせた治療もあります。悪性黒色腫では数種類の抗がん剤を組み合わせて静脈注射する方法が一般的です。[ogaki-mh.jp]

  • 結節性悪性黒色腫

    指の切断手術を行った場合、患のしびれや痛みが残ることがあります。所属リンパ節を摘出した場合には浮腫(はれ)やしびれが残ることがあります。 2)化学療法 抗がん剤による治療ですが、インターフェロンと組み合わせた治療もあります。悪性黒色腫では数種類の抗がん剤を組み合わせて静脈注射する方法が一般的です。[ogaki-mh.jp]

  • すばやく退行している先天性血管腫

    明らかな後天性病変(一次性静脈瘤、二次性リンパ浮腫)は対象から除外。 参考事項 1. 毛細血管奇形、静脈の異常(二次性静脈瘤を含む)、一の骨・軟部組織の片側肥大が古典的三徴であるが、静脈異常は小児期には明らかでないことが多い。 2. 片側肥大はほとんどが脈管奇形と同側に生じるが、まれに対側に生じる。 3.[nanbyou.or.jp] 鑑別診断 1.血管あるいはリンパ管を構成する細胞等に腫瘍性の増殖がある疾患 例)乳児血管腫(イチゴ状血管腫)、血管肉腫など 2.明らかな後天性病変 例)一次性静脈瘤、二次性リンパ浮腫、外傷性・医原性動静脈瘻、動脈瘤など (II)細分類 クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群診断基準 四肢のうち少なくとも一のほぼ全域にわたる混合型脈管奇形[nanbyou.or.jp]

さらなる症状