Create issue ticket

考えれる62県の原因 股関節痛

  • 関節炎

    リウマチ性多発筋症の痛みは股関節、腰痛、高頚部、肩関節周囲で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間滑液包炎が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下滑液包炎や三角筋下滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org] 外傷性 慢性多関節炎の早期 結核性関節炎股関節に多い。ほぼすべての患者でPPD陽性である。 傍腫瘍性症候群 関節リウマチ、へバーデン結節関節を来す疾患では頻度が多いもの。関節リウマチでは抗CCP抗体とCRPが陽性となる。へバーデン結節では、血液検査での異常はみられないことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    関節の病気: 関節 - 関節リウマチ - 痛風 解剖学 人間の関節一覧 ロコモティブ症候群 人工関節ライフ ひざや股関節の痛みにお悩みの方をサポートするサイト ひざの痛みに関しての情報 変形性膝関節症の情報[ja.wikipedia.org]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊柱側弯症

    第1回のテーマは『脊柱側弯症』です。東京都福生市にある 医療法人社団 大聖病院 整形外科の斉藤正史先生にお話をうかがいました。 脊柱側弯症とは 特発性側弯症について 健康への影響 治療について 装具の効果について 手術療法の適応は? より侵襲の少ない手術 手術後の日常生活について 脊柱側弯症とは 正常な脊柱は、正面あるいは背面から見るとほぼまっすぐに伸びていますが、横から見ると前後にカーブしています( 生理的弯曲(せいりてきわんきょく) といいます)。この弯曲が異常であったり、脊柱が側方(横)に弯曲したりすることを脊柱変形(せきちゅうへんけい)といいます。[…][sekitsui.com]

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋症の痛みは股関節、腰痛、高頚部、肩関節周囲で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間滑液包炎が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下滑液包炎や三角筋下滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org] 外傷性 慢性多関節炎の早期 結核性関節炎股関節に多い。ほぼすべての患者でPPD陽性である。 傍腫瘍性症候群 関節リウマチ、へバーデン結節関節を来す疾患では頻度が多いもの。関節リウマチでは抗CCP抗体とCRPが陽性となる。へバーデン結節では、血液検査での異常はみられないことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 滑液包炎
  • 多発性関節炎

    多発性関節炎(英: polyarthritis)とは2 4つの炎症が少関節炎(en:oligoarthritis)を含む5つ以上の関節での関節炎のいくつかの型。 多発性関節炎はどの年齢でも発生し、性差はない。 多発性関節炎はほとんどは関節リウマチ、乾癬性関節炎、紅斑性狼瘡(en:Lupus erythematosus)などの自己免疫疾患を原因とするが、ロスリバーウイルス(en:Ross River virus)などの感染症を原因とするものもある。 硬いマットレスと平らな枕による睡眠が多発性関節炎に対して推奨される。 多発性関節炎と下肢の両側性浮腫は関連する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 老人性関節症
  • 偽痛風

    リウマチ性多発筋症の痛みは股関節、腰痛、高頚部、肩関節周囲で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。後頚部痛では頚椎棘突起間滑液包炎が関与する。肩関節周囲痛では肩峰下滑液包炎や三角筋下滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org] 外傷性 慢性多関節炎の早期 結核性関節炎股関節に多い。ほぼすべての患者でPPD陽性である。 傍腫瘍性症候群 関節リウマチ、へバーデン結節関節を来す疾患では頻度が多いもの。関節リウマチでは抗CCP抗体とCRPが陽性となる。へバーデン結節では、血液検査での異常はみられないことが多い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状